新春に贈る歌2009


060.gifはい、春一番、お届けするのは、歌うピアサポートTingos!でもお馴染みの「Down by the riverside」。
歌うは、シスター・ロゼッタ・サープ(Sister Rosetta Tharpe 1915-1973) というゴスペル歌手、シンガーソングライターの草分け的女性です。

米国南部の綿つみ農場に生まれ、マンドリンを弾き語る教会説教師の母に育てられ、4歳から各地を巡り、後には、ジャズ・ブルースを取り入れ、聖と俗、あらゆるものの融合を目指す故に、既成社会からは相当な風当たりを受けたらしいですが、この突き抜けた歌いっぷりが、たまらなくチャーミング。(ぜひ、このyou tube の映像をご覧下さい)

  【訳詞】
 川のほとりで 重荷をおろそう
 川のほとりで 剣と盾をおろそう

 私はいやだよ 争うための勉強なんて
 もうたくさん 私はまっぴらだ
 戦いなんて ホントに うんざりよ



さて、Tingos!の初歌いは3日pm4時から、スタジオ悠です。
その日は午前中がルパンさんの12ステップセミナー、午後はお汁粉付きの持ち寄りフェローシップもあります。

なお、1/12(振替休日)には、新春福袋「シアターワークショップ」があります。
1日ゆったりと楽しみながら眠っている自己表現力を取り戻す、TEENSPOSTの「成人の日」
夕方からは、Tingos!も加わり新春パフォーマンスへ。乞ご期待!

ところで、1973年に亡くなったシスター・ロゼッタは名もなき墓に眠っていたのですが、没後35年の昨年、彼女の墓石と記念碑をつくるためのコンサートが開かれ、米国ペンシルバニア州は、その1月11日をシスター・ロゼッタ・サープ記念日に制定したとか。
素晴らしき人生とは、長生きするんですね。

では、元旦のアンコール曲はこちら・・・
060.gifUp Above My Head
♪私のアタマの上には、ただ音楽がきこえるだけよ〜

私のアタマの上には、エラそーに自分をいじめたり支配するようなものなんて何もないのよ、自分を信じていきましょう!
そんなメッセージが聴こえてきます。

by teenspost | 2009-01-01 21:58 | ♪徒然Sawanism