左官屋さんワークショップ

いよいよ、スタジオ悠の壁ぬりです!
小池さんが用意してきた壁材にワラをまぜて、こねて、みんなで手塗りです。
f0107724_2149881.jpg
足元から天井付近まで、塗りたくります。
f0107724_2149228.jpg
壁の中には、種子島の貝や、石垣島の浜辺の貝や硝子も埋め込みました。
着々と、心地よい空間が生まれます。

「もしも、学校の教室がこんな空間だったら、まちがいなくイジメは減るよね」と、そんな声も聴こえてきます。

塗りたてはご覧の通りターメリックのような黄色ですが、乾くにつれて、だんだんと色合いもトーンが変わり、落ち着いたアーシーな淡いベージュになるとのこと。

週末土曜の「トムのピアサポート塾」では、訪れる人に、きっとできたてほかほかの温もりを味わってもらえることでしょう。
午前中、依存症と発達障害について、当事者と家族の立場から、気功師のトシキさんが体験談をメッセージしてくれます。
実は、このトシキさんの国立にある治療院も小池さんの作品なのです。

コーディネーターのトムは、言いっぱなし聞きっぱなしのミーティング、12ステップの理解が難しい人の背景を、発達障害の特性から説明し、午後からはトムのQ&Aコーナーも用意されています。

また、この週末は、つながれっと名古屋(名古屋市男女平等参画センター)で、2日間の出前プログラムがあります。
1日目は「女性のための仲間づくり・居場所づくり」をテーマにしたセミナーと、NACのさっちゃんのメッセージと、NAC名古屋、AAメンバーによるトークです。
2日目は「気持ちスッキリ伝えて元気になる心地よい距離と居場所づくり」をテーマにさまざまな表現で遊んで学んで心ほどく1dayワークショップです。

では、週末にお会いできますように。
by teenspost | 2009-01-29 22:17 | ♪スタジオ悠々日記