ラブピアプライスやいま

石垣島には3つの高校がある。
そのそれぞれの高校の中で、ピアサポート活動が行われている。
生徒たちの直面する悩みに、同じ立場で仲間同士が支え合う相談活動や、喫煙・飲酒予防教育、エイズ教育など必要な情報を学び合うピアエデュケーションが行われている。
f0107724_18312915.jpg
その三校のピアサポーターと地域の養護教諭、保健師が「街の中の保健室」をキャッチフレーズに立ち上げたNPOが「ラブピアプライスやいま」である。

今日はそのティーンズ会員と「非暴力ピアプログラム」を行った。

女性同士でこのプログラムをする時に、女性の内面に刷り込まれたセクシズム(性差別)が浮き彫りになるように、ティーン同士の中では「子どもは価値がない=大人に従うべき」という内在化したアダルティズム(大人主義)があぶり出されてくる。

知らぬ間に自分自身の中に取り込んだ自分を支配する呪縛に気づき、それをほどいていくことではじめて、人は自分自身の権利意識と尊厳を取り戻し、心の自由と平和を創りだすことができる。

それはアタマの理解ではなく、からだ感を通じて、こころで修めていく学びだ。
最初は固く閉じて表現を抑圧していたティーンたちのからだの動きが、さまざまなアクティビティを通じて、1日かけて少しずつゆるやかにゆるんでいった。

暴力のサイクルをオブジェにしたものを眺めながら口をつぐむティーンに、「感じる言葉はたくさんの言葉でなくてもいい、今の感じをシンプルに短い言葉であらわして」と促すと、
「重い」「つらい」「きつい」「美しくない」…という情緒の言葉が並べられた。
そして、そこから、希望のイメージを言葉にした。
f0107724_18314968.jpg

八重山の人々は、情念が熱いぶん、自分自身を開示することに、とても慎重でシャイだ。
だからこそ、こんなに芸能が盛んなのだろうとも思う。

明日は「かまぼこの日」。
そして、人間より牛の数が多いという黒島の「牛祭り」だ。
名物の抽選会では、特賞に牛が当たるが、今年は丑年なので、特別に二頭あたるそうである。
by teenspost | 2009-02-21 18:33 | ♪渡り鳥の旅みやげ