心開き 自分伝えて

10 月末に沖縄から出発し、広島、北海道、兵庫、京都、茨城、愛知…と4ヶ月巡った「ティーンのための非暴力ピアプログラム事業」の出張プログラムが今日沖縄県石垣市で終了した。

八重山福祉保健所には、ラブピアプライスやいまのメンバーをはじめ、石垣市の子ども支援者の方達、そして沖縄本島首里出身の横浜市福祉保健所ワーカーでサポート会員のふーちゃんも駆けつけてくれた。
今回の沖縄出張では、10日間で15箇所を巡る旅はハードな日程だったけれど、各地の支援者・協力者のみなさんから貴重な機会をコーディネートしていただき、みなさんの温かい心遣いに助けられて無事ゴールを迎えた。
ほんとうにありがとうございました!

正直なところ、このままのんびり石垣島で休養をとりたいところだが、これから東京に戻り報告書やこれからの事業展開へと続く。
このブログはプロジェクトの貴重な記録として報告書に盛り込む予定。
そんなわけで、このところ、毎日書き込み続けた。

今朝の琉球新報に、先日の八島小学校のワークショップの記事が出たと、夕方、養護教諭の友利先生が新聞を届けてくれた。

「心開き 自分伝えて」

それは、まさにまさに、非暴力という美しい力。
このプロジェクトの願いと祈り。
f0107724_2124898.jpg

by teenspost | 2009-02-22 21:06 | ♪徒然Sawanism