8月に熱く踊ろう!

さてさて、八重山農林高校の国立劇場公演のその後。
当日のチケットは大変な人気で家族や親戚OB配布であっというまになくなり、それならば、公演後に近隣の大きな公園に移動して思う存分歌って遊ぼうという計画を進めようとしたものの、会場設定で難航していた。

なんたって、このせちがらい東京はどこもかしこも「いけません 出来ません 苦情が出ます」と断られるのである。
特に十代の場合、ただ集まっているだけで、地域住民から通報されたという話も耳にするし、アマチュアが利用しやすい公的ホールでは、打楽器禁止というところが多い。
そう、ちょうど一年前に書き込んだブログ記事「花はどこへ行った?」の出来事も思い起こすなあ。

沖縄方面からは、「ヤマトは難しいねぇ〜 難儀だねえ〜」という溜息や
「ええーい、東京なんてだいきらいだあああああああ」という叫びが届いてきた。

大空の下、野原や海辺でやる村遊びこそが八重山郷土芸能の十八番であり、本領を思う存分発揮できる場所が東京にはないなんて、東京の住民として情けない限りである。

それでも日本一会場探しが難しい東京で年中会場探しに鍛えられてきた(?)経験を活かして、会場探しを試みたところ、野外ではないけれど、国立オリンピック記念青少年センターの小ホールが空いているのを見つけ当て、さっそく山根さんに連絡した。

八重山の神様が「唄が好き、踊りが好き」という生徒たちの願いをかなえてくれたのだろう。
8月29日(土)6時30分〜8時の予定で行われる。
(直接会場へどうぞ!)

↓動画は8/1の三重で開かれた全国大会のときの模様。
本番の舞台で練習の成果を見せたらお辞儀して、楽屋に戻って制服に着替えて、はいオシマイ!ではなくてさ、そこから、さらに肝ドンドン盛り上がって、生徒も教師も親もみな、青空の下で踊りたくなるわけさ。This is Music!


f0107724_21474036.gifそういえば、来週は同じ小田急線沿線の下北沢で「下北沢LGBTプライド音楽祭」も開かれる。
こちらは、以前スタジオ悠にライブトークに来てくれた「僕の彼氏はどこにいる?」の著者、石川大我さん率いる企画で、先日TEENSPOSTにポスター・フライヤーが届けられた。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)という性的マイノリティとそのアライ(友達・支援者)が下北沢という地域とコラボする新たなチャレンジは、音楽・ファッション・エコ・アート・様々なイベントを擁する8/24-30下北沢LGBTプライドウィークとなる。

28日(金)の「第1回LGBT音楽祭」は、下北沢を中心に活躍するLGBTフレンドリーなミュージシャンが集結。
ロビーには飲食ブースも並べ、お祭りの要素も取り入れつつ、NPO/NGOの交流会や商店街とのシンポジウムも開催。

29日(土)に行われる「下北沢レインボークリーンウォーク」では、街のそうじ活動をしているNPO法人green bird とのコラボ企画で、参加者がレインボーグッズを身にまとい、下北沢を歩きながら“おそうじ”をする。
「きっと、楽しんでいただけるはず。どなたでも参加できますので、ぜひ集まってください」(石川さん)とのこと。

主催:LGBT音楽祭実行委員会(代表 石川大我)
後援:世田谷区 世田谷区教育委員会 しもきた商店街振興組合 新宿2丁目振興会
詳しくはホームページをご覧ください

クリエイティブな企画を耳にするたびに沢山のエネルギーをいただく。
by teenspost | 2009-08-23 21:52 | ♪徒然Sawanism