ムーチービーサー

アップしたりダウンしたりの全国気象状況だが、今日は沖縄の「ムーチーの日」!
旧暦の12/8に、一年の健康を祈って、月桃の葉に包まれた「ムーチー(餅)」を食べる習慣があり、この頃の冷え込みを「ムーチービーサー」と呼ぶそうだ。
f0107724_9311738.jpg

この数年このムーチービーサーの時期に沖縄にいることが多かったけど、つい数日まで春の陽気だった東京の今朝はやけに寒さが身にしみる。
「そうか、ムーチービーサーか…」

そういやなんだかこのところ、気落ちすることが多くて、妙に弱気になったりして。

ベットから抜け出すと、こういうときに沖縄の人々が愛飲するショウガ入り黒糖ホットドリンクをつくり、そうだ! 八重瀬のシークワーサーがまだ残っていたことを思い出し、それも絞りいれ、さらに6年前だったか嘉手納の高校に行った時いただいた稲嶺盛吉さんのグラスに注いでみた。
さらに宮古伊良部島のえびすかぼちゃをふかしてマフィンを焼こう。
そうして、いろんな人のこと思い浮かべた。
贅沢だなー。

そうそう、昨日は、大分と大阪から宅急便が届いていたっけ。
去年の10月に大分県に行った時の養護教諭のみなさんからの感想が温かく丁寧にまとめられ、大分名産のスダイダイの香りとともに胸に沁みた。

大阪からは来月訪れる中学校の先生から、絵本「クマのリーダー」を使った人権教育の実践レポートが生徒さんたちの手書きの文字とともに送られて、胸が熱くなった。

こうやって、いつも心救われながら,生きているんだ。
by teenspost | 2010-01-23 09:34 | ♪徒然Sawanism