カイホー♪

カイホー♪カイホー♪ターンタラッタッタ♪
f0107724_2302937.jpg

39号できましたー!!

今回も中身濃ーーーーーい!!
会報の編集はさとちゃんが丁寧に文字校してくれた後に、Hippy君が装丁まですべてやってくれました!

Hippy君は、知る人ぞ知る、赤い電動車イスで疾走しているチョイワルな乙女座の町田の有名人。
お隣の障害者自立生活センター「町田ヒューマンネットワーク」の代表を経て、新しいNPO法人がんこネットを立ち上げました。
先日のTEENSPOSTセミナーの会場で見かけた方もいることでしょう。

はい、ここでジェネレーションギャップを埋めるべく、ことばのお勉強&解説です。

hippyとは?
【名 詞】ヒッピー(族):既成の文化政治性秩序からの完全自由を求めた1960年代から70年代の若者.
HIP=(進んだ)+-ie(人)が語源。

髪やヒゲをのばしっぱなしにし、ナチュラル素材のシャツに、洗いざらしのジーンズ、素足にサンダルというヒッピーのスタイルは、サンフランシスコの貧困地域での黒人解放を求めるムーヴメントがきっかけで誕生したといわれ、愛や平和、自然への回帰をテーマにした若者世代の主張として、音楽やアートを通じて全米の若者にひろまりました。


で、こちらのHippy君は、そのだいぶあとの80年代の町田で、「障害者は・・・・でしょう」という人々の思い込みや社会システムにチャレンジし、ヒッピーファッションをトレードマークにバンドを結成し、障害者の自立生活運動のリーダーとして活躍してきたわけですが、編集後記に次のように記しています。
「TEENSPOSTのことは、悩める十代のレターカウンセリングをしている団体と思いきや、知っているつもりで全く知らなかったなー。…年齢層の広いこと、実に多岐にわたり様々な問題を提起し、それを深く切り込むような誌面に圧倒され…」と。

そのヒップな会報39号は、ニューズレター、悠カレンダーとともに、会員のみなさまのお手元へもうじき届きます。
どうぞお楽しみください!
by teenspost | 2010-06-11 23:18 | ♪スタジオ悠々日記