雪積もる日に起きたこと

f0107724_22243153.jpg宇都宮パルティでのアサーティブトレーニング2days、帰路の新幹線の中で「このワークショップで自分自身が癒された」と昨年に引き続き今年もファシリテートを手伝ってくれたタケシが言った。
双方向のインタラクティブな関係性のワークショップでは、当然ファシリテーターの中にも癒しが起きる。
2日間を見守っていたとちぎ男女共同参画センターのスタッフからも同様の感想をいただいた。

妻や娘や家族に自分の素直な気持ちを届けようと心を注ぐ男性たちの姿。
勇気を出して自分に向き合い、他者との関係に入っていこうとする若者や女性たちの姿。
依存症回復施設で新しい情緒表現を取り入れようとするコアスタッフ同士の真摯な姿。
教え子とよりよいコミュニケーションを創るために学ぶ教師の姿。
そして、参加者同士がさまざまな違いをこえて支えあい助けあう姿。

何度も胸が熱くなる、信頼と尊厳と希望に満ちたアサーティブな2日間に感謝。
by teenspost | 2011-01-16 22:16 | ♪渡り鳥の旅みやげ