新キャラ、アライ君参上だす!

f0107724_21503461.jpgはじめますて。アライ君だす。
このたび、TEENSPOSTから生まれた十代のための非暴力テキストのキャラとして抜擢されますた。
どもども、よろすく,お願いいた〜しあす。

英語のスペルは「Ally」だす。
「協力者」とか「味方」という意味だす。

さてさて、今日は「公的施設がどこも閉まっていて、イベントも延期や中止ばかりですが,スタジオ悠はやっているんですか?」とお問い合せの電話をいただいきやすた。
ど〜うぞ、ご安心ください。
スタジオ悠は14日(火)より通常通りオープンし、予定通りプログラムが行われていますた。

 受け止めきれない現実に心身が悲鳴を上げている…
 過剰な恐れと不安のドミノ倒しに押しつぶされそう…
 仕事場にも大きな影響が出て、1人で抱えるには限界だ…
…今日も一日、スタジオ悠には、そういう分かち合いの声が聴こえておりますた。

f0107724_22184434.jpgそう、ケアの語源は「一緒に嘆く」という意味だす。
だから分かち合いましょう、寄り添いましょう、そして、心身をセルフケアして、本来の自分の中心を少しずつ取り戻して、それぞれの持ち場でそれぞれの役割を担ってこそ、支えあって乗り越えていけるのだす。

子どもたちがやけにハイテンションになったり、幼児返りしたり、不安でまとわりついてきたとしても、大人が抱えきれない気持ちを分かち合えれば、不健康な怒りで対処することもないでしょう。

他者の過剰な恐れと先読み不安に飲み込まれそうになったとしても、まず自分の気持ちをそっと手に取って眺めれば、感応したり垂れ流すことなく、現実にリアルに向き合う力を回復できるでしょう。

ふと身の回りを見渡せば,支援する人-支援される人という関係ではなく、支援することで支援され、支援されることで支援するような相互依存の関係が生まれているだす。
それが「アライ」だす。

さてさて、遅れております「悠カレンダー」と「ニューズレター」は近日お届けいたしやすが、定番プログラムは4月からも基本的に変わりはありません。

HPやTwitterでも随時お知らせしていきますが、この世界や内面が揺れるときほど、スタジオ悠は基本的なことを変わりなく着々と地道にやっていくだす。
ではでは。
by teenspost | 2011-03-22 22:48 | ♪スタジオ悠々日記