霊を慰める日に

f0107724_12101128.jpg6月23日は沖縄慰霊の日。
毎年、このブログに書いてきて、今年も心にかかりつつ、なかなか言葉にならなかった。

311以降、言葉をこえる現実に日々直面しているからかもしれない。

ならば、言葉を待つより、行動だ。

f0107724_1225844.jpg


先日、十代向け脱暴力テキスト「Making the peace リアルとトルースの物語」を、沖縄本島南部の八重瀬町教育委員会のリクエストにお応えして、全中学生分、そして全教員分をお届けさせていただいた。

「現場で十分活用してもらおうと、研修会を予定しています」とのこと。ありがたい。
なにより、この地の子どもたちに、この本を届けられて本望だ。

f0107724_12103569.jpg八重瀬町は、太陽があふれ、見渡す限りのサトウキビ畑の先に海を眺め、夜には電照菊と星空が広がる。

だが、24万人以上の人々が命を落とした沖縄戦の激戦地のひとつ。
「沖縄全戦没者追悼式」が行なわれた平和祈念公園にほど近い。

つい先日も米軍の不発弾がみつかり処理がなされたが、今は亡き沖縄のエンターテイナー&心理療法家、照屋林助の名言に「怖いのは心の不発弾」というのがある。

心の平和から脱暴力を求めた、この本の内容をさらに吟味して、新しい本づくりに心を注いでいくつもりだ。


慰霊の「慰」という漢字は「くしゃくしゃになった心を丁寧に開いて延ばす」という意味だという。

過酷な戦争という暴力の中で小さく縮められてきた沢山の人々の気持ちがどうか解き放たれますように。

解き放たれた御霊は、子ども・若者たち、次の世代へと受け継がれますように。
by teenspost | 2011-06-24 12:30 | ♪徒然Sawanism