美味しいものはどこにある?

スタジオ悠のそばにある「三善堂」は裏通りにある小さな和菓子屋さん。
毎日手作りの大福や団子が午後になるとタイムサービスで70円台になる。
しかも、ほんとに美味しいので、地元で根強く愛されている。
f0107724_2115662.jpg

切り盛りするのは76歳のおじいちゃん。

お彼岸のときにしか作らない「おはぎ」、特に黒ゴマのおはぎが、これまた絶品!

帰り道にお土産に買おうとしたら、日も落ちて薄暗い店内のショーケースは空っぽ!

ああ、しまった!
今年は今日で終わりなのに。
もう一回食べたかったのに。。。

と落胆していたら、いつものように「はい、はーい」とやわらかな情のこもった声で店の奥から登場し、「いまから、つくりますよ。おいくつ?」と言って、すぐに目の前でおはぎを握りはじめた。

その姿を眺めながら、あー、私はこういう人になりたいなあ。
こういう仕事をしていきたいなあ。 と思う。


いま日本中では、子どもたち・若者たちの食の質(安全性)が問われている。

いつのまにか目に見えない流通経路、生産過程があたりまえになってしまったところに、大手食品メーカーや老舗の不祥事が続き、そこへ今回の福島第1原発の事故が起きた。
子どもの食を預かる親たちは、なにを拠り所にしたらいいのか、大きな不安を抱いている。

さらには、その不安を口にするだけで「モンスター」と呼ばれかねない雰囲気もある、と嘆く若い親もいる。

そこに、「危機感を感じず、ないことにする」あるいは、「過剰反応して不信感と恐れで思考停止する」という機能不全のパターンが加われば、愛するものを守ることは難しい。

また、十代から思春期,青年期の若者たちには、経済力や発言力が得られなかったとしても、自分で自分を守る術が必要だ。

このところ各地で親たちや給食に携わる栄養士、調理師の学び合いがはじまっているし、ネット上では、マスメディアでは得られない様々な情報が入手できるが、白黒決着つかないことも多く、玉石混交で心惑うことも少なくない。

なにか強いものを求めて依存するのではなく、お互いに助け合い、ほんとうに必要な情報を見極め,子ども・若者の成長によりよい環境を用意できるよう、大人同士が学びあいのコミュニティをつくっていく・・・それはTEENSPOSTのミッションだ。

第2土曜10:30〜「ボラカフェ」で、資料を読みあいながら、少しでも不要なストレスを手放していきたい。
まずは、10月8日(土)、気になる記事や情報等持ち寄り、分かち合いをはじめようと思う。

遠くの仲間/サポート会員とも何らかのかたちで情報交換できるといい。
by teenspost | 2011-09-30 21:43 | ♪スタジオ悠々日記