5歳の子どもの悩みも50歳の大人の悩みも重さは同じだ

f0107724_22412580.jpgもう十年前になるか、TEENSPOSTの主催で勝楽寺の本堂を借りて、マルセ太郎さんの一人芝居をやったことがある。
本堂いっぱいに、あふれるほどのお客さんが来てくれたこと、忘れられない。

町田駅にマルセさんを迎えにいくと、マルセさんは胸を張ってどうどうと毅然と屹立と改札口に歩いてきた。
ダンディーだと思った。
自分の仕事に誇りを持っている人だと思った。

ひとたびステージに立つと、マルセさんは弓や竹のごとく撓るしなやかな身体で、十八番のサル芸から、そして、私が何より愛する「ままならない大人の人生を見つめる子どものまなざしと哀しさ」を表現した。

5歳の子どもの悩みも50歳の大人の悩みも重さは同じだ

それは、マルセさんの著書にも記されている名言。


先週いっぱい、沖縄石垣島の高校、青少年センター「あやぱに学級」、障害児の放課後の居場所、中学校、小学校(八島小学校は今年で4年目)・・・を巡っていた。


石垣市の担当者や養護教諭を通じて、そこで出会った子どもたちからの感想やお手紙をいただいた。

1人ひとりが大切に書いた言葉を読んでいると、抱きしめたくなるほど胸がいっぱいになる。

さきのマルセさんの言葉が思い出された。


いよいよ、3.3.サンクス20周年感謝ひな祭は、今週末の土曜日に迫ってきたけれど、その直前に、大好きな沖縄の子どもたちと交流し、そして、沢山の言葉をもらえたことは、ありがたいことだった。

石垣市では、DV予防啓発として、小学生や中学生に“エモーショナルリテラシー(感情の理解と対処)”と“アサーティブネス(自己信頼に基づく自己表現)”を伝える講座を企画し続けてきた。

担当者は言う。
「コミュニケーション講座で、暴力を選ばない表現を知ると、子どもたちは1人ひとりが持ち味を発揮するようになる。学校全体が助け合ったり元気になる」と。

そう、私たち1人ひとりの持ち味を引き出し、生かしてくれるものは、人と人との関係なのだ。

今週末の「3.3.サンクス20周年感謝ひな祭」に、ぜひ、お誘い合わせの上、お集りください。>>>詳細
お待ちしています。

f0107724_22532620.jpg


////////////
スタジオ悠でも今月末,エモーショナル・リテラシーとアサーティブネスを学ぶ講座があります。
気持ちスッキリ伝えるアサーティブレッスン2days
3月24日(土)13:00〜16:30
3月31日(土)10:00〜16:30

by teenspost | 2012-02-29 23:08 | ♪徒然Sawanism