かえましょ かえましょ うそかえ祭り

f0107724_171623100.jpg四国に住む理事の岩田伸子さんが定期総会の必要書類を分厚い封筒で送ってきた。
なにが入っているんだろうと、恐る恐る開けたら、お間抜けな表情の木彫りの人形(写真手前)が出てきた。





讃岐名物の滝宮天満宮の神事「うそかえ祭り」で使うものらしい。

鷽(ウソ)が嘘(うそ)に通じることから、これまでの悪いことは「ウソ」にかえて、吉に鳥かえる、という、オヤジギャグみたいな神事なんだけど、この木彫りの「ウソ」を見ず知らずの老若男女が、ニコニコしながら「かえましょ」「かえましょ」と呼びかけて交換するのだと。


この神事は九州の大宰府天満宮や東京亀戸天神など天満宮に限り行われている特殊神事です。
当日社頭にて木製のうそ鳥の授与を受け、まじめな心もちでお互いに「かえましょ、かえましょ」とうそ鳥を取り替えれば、一年中知らず知らずのうちに過ちを犯した罪穢れが祓い清められて、開運の吉兆を招くことになります。
よこしまな考えや欲心など悪い心持ちでは、決して福運は得られません(うそ鳥がなくなり次第終了)

・・と同神社のHPには真面目に記されている。

おもろい!! ツボにはいった!

うそ鳥の後ろにいるのは、ネイティブアメリカンのホピ族の長老宅でいただいたカチーナ人形。
なんか似てーる。
by teenspost | 2012-05-15 18:01 | ♪徒然Sawanism