Decade:伊達レッドクロス♪ もっとクロス♪ その1

f0107724_1350487.jpg

10年もやってきたなんて、今でも信じられない。
10回目となった北海道伊達赤十字病院の2days研修の会場は、目の前にカムイミンタレ(神の遊ぶ庭)の広がる海辺にある。






最初のきっかけは、アルコール問題を学ぶ中で知り合った同病院の精神科ナースI子さんとの縁だった。

「いまアルコール家族の子どもケアプログラムをつくっているんだけど、北海道で支援者のためのワークショップできないかな」という私の思いを、I子さんは勤務先の病院の精神科スタッフや地元の支援者仲間に呼びかけて、すぐに実現できるよう力になってくれた。

それから毎年、特別プログラムを運び続けた私は、そこで生かされ、試され、修行させてもらった。

いつのまにか、どんなに苦しいときも「あそこにいけばいつでも仲間が待っている」という場所になっていた。
コアメンバーも「この年に一度の研修でまた1年はやっていける」と言う。
だから、10年も続けてこれたんだ。

そうして気がつけば、みんな一緒に10歳は年を取ったわけだけど、そこに今回は、この春、看護学校を卒業したばかりの看護師一年生や、名古屋、山梨、神奈川の支援職や、新しい世代が初参加で加わった。

ありがたいことに、たぶん平均年齢は十年前と変わらないと思う。

うまく言葉に尽くせぬ思いを少しずつ言葉にしてみたい。

>>>>その2 続く
by teenspost | 2012-10-31 14:32 | ♪渡り鳥の旅みやげ