歓びの春へのご案内

f0107724_22132827.jpg
駅への道すがら、道端に「ご自由にお持ちください」という張り紙とともに、切り取られた桜の枝木がブルーのバケツに無造作に投げられていた。

桜切るバカ、梅切らぬバカ…というけれど、よほどのご事情があるのか。
今にも咲きそうなつぼみが沢山ついている。





こういう陽気で思い出すのは、20代で夭折したトランぺッターが愛する人に捧げた名曲「Joy Spring」。
半世紀以上も、いろんな人が愛しんで演奏してるけど、
そう、今年は、あれで聴きたいな!

廃盤で入手困難でも、もしかしたら…、と図書館のネット検索したら、あった! あった!

書棚には並んでなかったけど、司書がその1枚のCDを奥の書庫から取り出してきてくれた。

去年とは、またちょっとちがう心持ちの「Joy Spring」歓びの春。

帰り道には、思い切って両腕に抱えられるだけの桜の枝をいただいてきた。


「 Joy Spring 」by Houston Person - Ron Carter 1989


f0107724_22135410.jpg来る4月5日(土)は、いよいよ、「お花見YAGAKU夜楽校ライブ」です。
マジック、芝居、音楽ライブ、ほぼ出揃いました! 
本日、会場の玉川学園前の桜を偵察したところ、かなり良い感じで、当日は満開の夜桜、そして、桜吹雪が舞うことでしょう。
その場にいるだけで元気でそうな、外気功みたいな夜になりそう♪ 

>>>詳細はこちらから
by teenspost | 2014-03-28 22:21 | ♪徒然Sawanism