秋の北海道 3【洞爺湖周辺の小学校】五年生だった頃

f0107724_14501296.png

今日は洞爺湖周辺の小学校を午前と午後2校。
どちらも小学校5年生で、エモーショナル・リテラシーとアサーティブを2校時ずつ。

自分の子ども時代を思い返すと、小学校五年生というのは、かなりもう大人だよなー、と思います。

大人は子ども扱いするけど、家族のこと社会のこと、リアルにみていたし、友達との関係やそれぞれの事情もそれぞれに理解していたように思います。

ただ、そうはなかなか見てもらえないのが、子どもの哀しさかな。

そういえば、子どもの哀しさを描いたらこの人しかいないという俳優マルセ太郎の言葉に「五歳のこどもの悩みも 五十歳のおとなの悩みも 重さは同じ」というのを思い出します。

f0107724_216329.jpg


洞爺湖は美しい女神が棲んでいて魅了されて溺れたら、二度と陸に上がれない、という妖しい伝説あるけれど、周辺や湖畔の小学校には何とも穏やかで平穏な気が流れています。

空気も食べ物も美味しいです。
f0107724_21023100.jpg

by teenspost | 2014-10-31 15:57 | ♪渡り鳥の旅みやげ