秋の北海道4 【伊達赤十字病院】こころとからだのトリセツづくり

f0107724_14375351.jpg

12年目の伊達赤十字病院。

病院の最上階九階会議室は、コアスタッフによって、生花やアートで美しくディスプレイされ、参加者を迎え入れてくれる。

医療・福祉・教育の対人支援職がほっとする居場所が生まれる。

今年も、音楽、アート、演劇、様々な表現を交えつつ、1日目は、ナラティブセラピーを通じて、自分は自分の専門家として、自己理解を深め、自分の助け方を知り、それぞれが対人支援職のこころとからだのトリセツを完成させた。

トリセツ  そう、取扱説明書。

ままならない現実に行き場のない感情がわいて溢れ返りそうなとき、自分のこころとからだにしてあげられることを記した世界に一つのトリセツ。

f0107724_14413777.jpg


医師、看護師、教師、福祉職…対人支援職の癒しと学びほぐしは、音楽、造形、シアター…それぞれの表現力の中で開花する。
しかも年々パワーアップして、伊達赤十字コミュニティは百花繚乱。
愛すべき人々。

毎年参加する地元のコアメンバーに加え、同じ道内といっても何時間もかけて鉄道や車で駆けつける人、久しぶりに参加に同窓会のように懐かしむ人。

この深い受容に満ちた場の力。

ファシリテートする私も、12年間、ここで癒され、育ててもらってきた。
ここの場所があることで、対人支援職を続けることができた。
たぶん、みんなが同じ気持ちだと思う。

f0107724_15112177.png

by teenspost | 2014-11-02 16:30 | ♪渡り鳥の旅みやげ