I ain't gonna study war no more!

いつもより早く目覚めた朝。さわやかな一日のはじまり…
と思ったら、ミサイル発射のニュースだよ。
すぐに北海道の仲間の顔や、沖縄の基地の街の高校生の顔を思い浮かべた。
厚木基地の米軍機の航路となっている、ここ町田は、ついこの間まで飛行機の騒音がひどかったけれど、昨日から妙に静かだった。

昨年他界した沖縄のエンタテイナー&サイコセラピスト照屋林助さんは「浜辺の不発弾よりも怖いのは、心の不発弾」という名言を残している。
恐れに対して恐れで向かえば、心の不発弾が自爆し、暴力の連鎖になる。
こういうときこそ、恐れや不安に感応するんじゃなくて、ゆたかなものを沢山生み出していきたいと思う。

そういや、昨日は朝から夕方まで一日プログラムがあって沢山の人がやってきたなあ。
「最近、どうしてた?」
「そういえば●●さん、すごく良い表情しているね」
「◎◎さんも、すっきりした顔しているよ」
「ほんと? ありがとう」

久しぶりに出会ったお互いの変化を認め合う、そんな言葉が交わされていた。
痛みのわかる人がいる場所は喜怒哀楽がそのまま存在できるから、心の不発弾も解体処理するどころか、溶ろけてしまうよ。

そんな昨日の出来事を思いながら、不穏なニュースで明けた朝、川辺で「Down by the riverside」を歌いながらクロと散歩した。
♪I ain't gonna study war no more〜

…するといきなり、キャッチボールしていた小学生のボールがクロの後ろ足を直撃!
キャイン! キャイン! キャイン!
と抗議の悲鳴を上げるクロ。
「すみません」「ごめんなさい」「大丈夫ですか」と小学生が数名駆け寄ってきた。

それから、クロは、なにもなかったように、でもちょっと足をひきずりながら、また歩きはじめた。
by teenspost | 2006-07-05 17:41 | ♪スタジオ悠々日記