フォーチュン・クッキー

愛犬クロが今朝旅立った。

9月に発刊した「こじれない人間関係のレッスン」では初めてプロフィールを載せた通り、TEENSPOSTと同じ年の15歳だった。
犬齢では、人間の90歳くらいらしいから、天寿を全うしたのだろう。

今日は、ひと月前から休みをとっていた一日だった。

沖縄に行く前から食欲がなくなっていたから、心配していたが、日毎に衰弱して、一昨日から立てなくなって、今朝、亡くなった。

家族がみな仕事に出て私だけ残った家で、哀しくて子どものように声をあげて泣いていたが、不思議なほどに、心は満たされていた。

駆けつけた家族も同じようだという。
「あまりに大きな存在過ぎて、あまりに沢山のものを与えてくれた犬だから、最期のお別れでも、なんだか胸いっぱいに満たされていて、前向きな幸せな気持ちにしかなれない」と。

十月初めに米国から帰ってきた時、ペット用のフォーチュン・クッキーをお土産に買ってきた。

中華料理店でよく出てくる、クッキーの中に、機知に富んだ言葉が書かれた紙切れが入っている菓子の犬用という代物である。
さすが、スヌーピーの故郷のミネソタ製。
舌が肥えている犬なので、以前イギリスで買ってきたクッキーなどは見向きもしなかったから、どうかなと思ったが、クロはよろこんで食べた。

f0107724_20521875.jpgそして、私はクッキーの中の紙切れをつまんで読みあげだ。
「Man's best friend is a dog.
Dog's best friend is a man with food.」

ついでに、日本語で訳してきかせた。
「人間の親友は犬だ。犬の親友は食べ物を持った人間だ」
クロは満足して静かに眠った。

今日もその時とかわりなく、静かに眠っている。
色とりどりの花とクロの好物と今は空っぽになったフォーチュン・クッキーの箱も供えた。
by teenspost | 2006-11-30 15:20 | ♪徒然Sawanism