機能不全をほどく表現遊び

先月20日に行ったシアターワークショップの参加者感想から・・・

●朝から夕方までのプログラムで「長い時間、大丈夫か?」と不安でしたが、あっという間に時間が過ぎて、とても楽しく自分を開放できました。

●最近は境界線がなくなって、人のことばかり気になってしまって、苦しくてぐるぐるぐるぐる考えてばかりいましたが、今日は自分をテーマに自分が主役になることができて、とても気持ちよく、充実した時間ができました。

●ほんとうに楽しく、昔遊んでほしかった小さな自分とつきあうことができたようです。今日ははじめて会った人もたくさんいたのですが、気にせず楽しめたのです。

●お芝居など体で表現することが大の苦手でしたが、仲間の力で、一緒につくっていく達成感と楽しさを味わうことができました。

機能不全家族には、「話すな」「感じるな」「信じるな」というの3つのルールがあると言ったのは、クラウディア・ブラックだけど、実は、この3つのルールの呪縛に全然気づかないというのが、機能不全というものなんだ。

f0107724_22442124.gif表現遊びは、知らぬ間に、本来のありのままの3つの力、「話す力」「感じる力」「信じる力」を取り戻してくれる。
そう、その楽しさが、機能不全の呪縛をほどいてくれるんだ。

今週末、17日(土)のシアターワークショップで一緒に遊びませんか?
今回はまたとっておきの面白さです。

詳しくはこちらへ
by teenspost | 2007-02-13 17:22 | ♪スタジオ悠々日記