線路は続くよアイルランド

3歳の幼児が♪線路は続くよどこまでも〜と繰り返して歌っている。

  野を越え 谷越え 山越えて
  遥かな町まで 僕達の
  楽しい旅の夢つないでる〜

  線路は歌うよ いつまでも
  列車のひびきを 追いかけて
  リズムに合わせて 僕達も
  楽しい旅の歌 歌おうよ

一緒に口ずさむうちに、深い響きだなとあらためて再発見。

ふと、この歌の作曲者はだれだろう? 
どこでできた曲だろう? と調べてみたところ、
ななな、なんと、アイルランド人の鉄道工夫から生まれた!
米国民謡であるらしい。

原曲は「I've Been Working on the Railroad」というタイトル。

 俺は線路工事で働き続けている
 死ぬまでずっと働き続けている
 のんびりやるさ鉄道稼業
 親方の叫び声が聴こえないか?・・・

過酷な労働歌だ。しかも、歌詞の後半は猥歌になっていく展開。
故郷を離れて出稼ぎに来た移民たちがこんな歌を歌いつつ、
アメリカ大陸横断鉄道がつくられたわけだ。

それが1955年日本に渡ると、「線路の仕事」という題で高度経済成長に向かっていた当時の労働者の歌となった。

一、線路の仕事は何時迄も 線路の仕事は果てが無い 
  汽笛のひびきが鳴り渡れば 親方は叫ぶ 吹き鳴らせ
 
二、つらい仕事でも しまいには つらい仕事でも 果てが来る 
  汽笛のひびきが鳴り渡れば つるはし置いて いき絶える

そして、1967年NHKの「みんなの歌」に先の童謡となって登場し、いまも子どもたちが歌っている。

f0107724_2245829.jpgひとつの歌がつなぐ歴史がある。

ところで、来週の三月三日“桃の節句”は、待ちに待った守安功さんのアイルランド音楽ライブだ。
守安さんは演奏や著作もさることながら、その合間の音楽談義や旅の話がたまらなく面白い。

厳しい冬をぬけて春の到来を3月の聖パトリック祭でお祝いするアイルランドだが、1年の多くを国内海外と旅して過ごす音楽家夫妻が、今年はどんな「旅の歌」をスタジオ悠に届けてくれるだろうか。
by teenspost | 2007-02-18 21:49 | ♪徒然Sawanism