創る楽しさ

17日(土)のSPAプログラム「デキる! 怒りの表現」は、様々なアプローチで怒りの表現に挑みました!
…といっても、みんなで怒りまくって、暴れるわけではないのよ。
まずは、愉快な「キックボクシングごっこ」からはじまり、6場面の寸劇、造形、詩の創作、ポエトリーシアター(詩劇)…なごやかな笑いに満ちたクリエイティブな1日でした。

「人前で表現することが苦手だと思ってきたけれど、スタジオ悠に来ると、温泉につかっているように心がほどけて、演劇を楽しんだり、モノ創りを楽しむ自分に驚いています」と、嬉しい感想もいただきました。

「怒り…苦手だ!」「怒りはこわい!」「ずっと押し込めておきたい」と語る参加者が、それぞれの怒りのイメージを描いた「怒りのコップ」を創り上げました。これもまた、怒りの表現ですよね。
不思議なもので、自分が不得手とするものを自分の外に取り出して意識化すると、「恐れもOK」「苦手でもOK」って、そのまま認められるのです。
f0107724_22231684.jpg

さて、このところ、暴力予防の2冊の本づくりに力を注ぐ毎日です。
モノづくりは、最後の最後の精魂を込めて手を放す瞬間が、苦しくもあり、楽しくもあり、醍醐味です。
その一冊は、絵本です。
下書きの一部をお見せしますね。ちょっとだけよ!!
f0107724_22233972.jpg

by teenspost | 2007-03-20 17:05 | ♪徒然Sawanism