回復者のちから

スタジオ悠では、初めて訪れる方のために初回相談の予約を受け付けています。

これは、連続個人カウンセリングの一回目というものではなく、スタジオ悠の雰囲気を実感してもらい、これからの回復のプログラムを一緒に考えさせてもらうものです。

たいていは、それに先立ち、いままでの簡単な経緯と、現在の自分が問題だと思うことと、これからの希望について、文字にして手紙かFAXで送ってもらいます。

そうすることで、時間を有効に使うことができますし、なによりも書くことで自分自身の問題を整理し、新しいステップを踏み出しやすくなるからです。

また、事前に情報をもらうことで、必要な準備をして、初回相談を迎えることができます。

今日は二人の回復者が初めて訪れた女性を出迎えました。

初めて訪れる先に、回復したモデルが実在して待っているということは、なにより勇気づけられることだと思います。
回復のイメージがあれば、問題の進行・再発の先読み不安など吹き飛びます。
温かなお茶とともに、しだいに空気が和んで、笑い声も響いてきます。

そう、スタジオ悠が提供するものは「治す場」ではなく、「回復する場」「豊かなものを共に創り出す場」なのです。

PCサイトのメニュー欄→でも告知したように、明日あたりから、会報・ニューズレター印刷・製本・発送に向けた「まちだ家内制手工業的ボランタリーまごころ製作所」の仕事が本格的になります。
おしゃべりしつつ、手を動かしつつ、たまに歌を歌いつつ、…ぜひ、お時間つくっておいで下さい。


f0107724_20543433.jpg写真は、朝のウォーキングで激写した川面に白く輝くサギ。この「詐欺」じゃなくて、「サギ」はなかなか不信感が強く、カメラを向けると遠目でも機敏に逃げていたのですが、ようやく写真がとれるまでに信頼を得たようです。毎日、話し続けた甲斐があったようです。
by teenspost | 2007-05-31 17:34 | ♪スタジオ悠々日記