べてる当事者研究全国交流会

f0107724_23513552.jpg

北海道の浦河にきています。
そう、あの日本のヘイゼルデンというか、日本のアミティというか、いや例えようもないほどユニークなメンタルヘルス・コミュニティ「べてるの家」の「べてる祭り」をこの目で見ようと、
♪はあーるばる、きたぜ、うらかわ〜

べてる祭の目玉「当事者研究ライブ」では、べてるの家のメンバーによる名言、名演奏、名演技のパフォーマンス続出。

自己病名「統合失調ふわふわ型」という発表者は、現実の苦労を見ないように回避してきたのが自分の問題という。
自分の問題を自分が専門家となって仲間と共に研究分析するのが、当事者研究だ。

その研究成果によると
1 苦労という重みをつけてみたら現実に着地できた
2 それを可能にしたのがミーティングで話すことだった

♪問題は僕じゃない。
問題が問題なんだ~

歌いながら笑いながらさらっと深くがモットーの当事者研究。

祭は明日も続きます。
写真はソーシャルワーカーの向谷地さんとべてるのメンバーの当事者研究ライブの模様…研究発表もまた仲間の力の中で行われる
by teenspost | 2007-06-15 23:51 | ♪渡り鳥の旅みやげ