今年の私たちは何をしていたの?

f0107724_13584272.jpg沖縄は梅雨明けといういうことですが、今日は慰霊の日ですね。
沖縄戦の組織的な戦闘終結の日ですが、実際にはその後に沢山の人々が命を落していきました。

暴力に代わる新しい道を求めていくことで、戦いに巻き込まれて亡くなられた方たちの魂を慰められたらと願ってやみません。
明日の5時からのTINGOS!の練習では「What's going on」を唄いましょうかね。
「Down by the riverside」もありますね。


…と書いたのは、実は去年の今日の日のブログ。

あれから一年、ジョン・レノンの歌詞じゃないけど、
  今日、私たちは何をしているんだろう?
  今年、私たちは何をしていたんだろう?

今年の6月23日もTINGOS!の練習日。
今年はWe shall overcomeを歌いました。

沖縄首里育ちのフーチャンが、「沖縄の基地の周りでいつも歌ったよ」と言っていたっけ。
かつては米国の公民権運動・平和運動でマーティン・ルーサー・キングをリーダーにして歌われ、つい最近じゃ、香港の若者たちも歌っていたという。
これも永遠に歌い継がれる歌だね。

先日、石垣島のY子さんからは「沖縄戦の歴史歪曲を許さない、文科省前抗議行動で東京へ行きます」とメールが入っていた。

それにしても、沖縄と本土の温度差が気になる。
非暴力SPA高校プログラムも沖縄でしか実現しないのが、情けない。

ぜひ沖縄発のニュース(下記の項目をクリック)を読んでみてください。

●読谷高校生たちの創作劇

●慰霊の日 平和の願い 祈りに込め

●慰霊の日の 「証言」


写真は読谷村の残波岬
by teenspost | 2007-06-23 21:44 | ♪徒然Sawanism