新刊コミック「できなさ加減」

先日のフェスタの午前の部に来られた方はすでにご存知と思いますが、アサヒビール未成年者飲酒予防基金助成「十代の依存症予防キャンペーン」事業から、一冊のコミックが生まれました。

ふと目に止まった格闘技雑誌の記事から,プロボクサーで精神保健福祉士の星島さんの存在を知り、「この人をモデルに依存症予防キャンペーンのコミックつくりたいなあ」と、インスピレーションがむくむくとわいたのは、今年の春のことでした。
すぐに連絡を取ると、「ぜひ協力したい」とのお返事。
それから、取材がはじまり、制作をへて、この日、見事にかたちとなって実を結んだのでした。
f0107724_21265456.jpg

フェスタの当日は、このコミックのモデルとなった星島さんを迎えてのライブトークのステージに漫画作家も登場。

そうこうしているうちに、ようやく印刷所から、待ちに待った出来立てほかほかの第一刷がステージに届いたのでした。

「面白かったあ!」と大好評だったトークの後は、受付ロビーが、にわかサイン会場となり、第一刷完売!
f0107724_21272360.jpg

さて、お待たせしました!! 第二刷を増刷しました!
頒布価格は500円。

16歳の高校生 黒田哮(くろだ たける)と、プロボクサーで精神保健福祉士の星太一との出会いから始まるストーリーは、大笑いしたり、ほろっと泣けたり、依存症という病がわかる日本初のコミック。
さまざまな出会いが生んだ読み切り傑作です。

ぜひ、みなさん、このコミックで「十代の依存症予防キャンペーン」に参加してください。

ご希望の方は、事務局までご連絡ください。
●氏名、電話番号、希望冊数を明記のこと。
●送料別途 (5冊までは150円)
tel 042-720-0221
ネット申込み >>>こちら

by teenspost | 2007-08-24 17:19 | ♪徒然Sawanism