木陰をつくろう

f0107724_10353425.jpg

汗を拭いながら日傘をさして歩く炎天下、
路地に木陰を見つけては、つかの間ホッとする。

バス停の合成樹脂でできた日よけの下よりも、
ついつい柳の木陰に寄り添いたくなる。

アスファルトの大通りを走り抜ける車中で、
街路樹の並木の下を通り抜けたとたん涼しくなる。

暑いときほど、樹々の力を感じ入る。

夏休みは子どもと大人が一緒に過ごす時間が多くなる。

家の中にも、木陰があるといいな。

コントロールする密着した関係は、風のない炎天下のように暑苦しいだろう。

照り返しのきつい反応し合うコミュニケーションじゃ、心も焼けしてしまうだろう。

いつも気を使い合うのは、いつまでも気温の下がらない熱帯夜のようにうっとうしいだろう。

いくら最新のエアコンでも、家族関係の空気調整まではできない。

だから、家族の中に木陰をつくろう。

木陰の下にゴザを敷いて昼寝したくなるような、
シンプルな言葉で、ゆるくて涼しい関係がいい。

適度な距離が、一人ひとりの居場所を保ち、
ここちよい風が穏やかに流れていけばいい。

ビルの最上階のスタジオ悠では、花屋の隅で縮こまって安売りされていたパキラの木が、いまや漆喰壁から突き抜けるように育ち繁っています。

************
TEENSPOSTでは「夏休みキャンペーン 木陰をつくろう」を始めます。
高校生のデザインによる素敵なパンフができました!

8/1(土)土曜ふらっとカフェでは、おしゃべりしつつ、思春期パンフ2015をつくります。
f0107724_10574319.png

イラスト by Megumi

♫「ライ麦畑プロジェクト」もスタート!!
この思春期パンフをティーンの手元に届けます。

白衣のポケットからそっと買い物袋に忍ばせてくれた薬屋の薬剤師さん。
さりげなくCDショップのレジの片隅にイラスト付きで置いてくれた店員さん。
クレープ屋さん、ドーナッツ屋さん、カラオケ店に設置してくれた皆さん。
テスト用紙の裏面に印刷して生徒にそっと配布してくれた高校の先生。
…ひとりでやるからこそ、できることもある!

お問合せは>>>こちらから
設置希望先、枚数等、お知らせください。
パンフは手のひらに収まる小さな薄い紙製です。
by teenspost | 2015-07-22 11:00 | ♪徒然Sawanism