あなたと秋と音楽と

昨夜のTIngos!お月見ライブは、月夜の晩に太鼓で踊るがテーマでした!
主役は、この方・・・
f0107724_1550614.jpg

ジャンベ・ラハシー君です。

ジャンベ・ラハシー君はアフリカの生まれ。
今年日本に渡ってきましたが、持ち主のラハシーは、このジャンベ君を手にしたとたん、しばらく発熱し寝込んでしまったとか。
一説には、ヤギの皮を使っていることによるヤギの祟りではないか・・・なんて噂も飛び交いました。

ジャンベ・ラハシー君は、ほんとにいい音、いい響きを出してくれます。
ひきこもりも、依存症者も、心地よく踊り出します。

「今晩はよく眠れそう」という声も聴こえました。

東南アジアの伝統医療では太鼓がよく用いられます。

人と人とのつながりが切れると様々な病を患うけれど、人の輪の中に入れて、可笑しい芝居で大笑いし、太鼓のリズムにのって踊っていると、正気や元気を取り戻せると…WHOからも健康維持や再発予防のプライマリケアとして注目が集まるだけのことはあります。

切ったりハッたり検査漬けになったりでは、どうにもならないこともあるんです。

さて、秋といえば、アイルランド音楽家守安功さんからメールが届きました。

///////////////////////////////

今度、アイルランドからフィドルの名手、アントン・マガワンさんをお招きし、ツアーを行います。
アントンさんの家は、「ケーリー・ハウス」と呼ばれる、人々が集い、ダンスや音楽を楽しむ、アイルランドの古い伝統を今に残す場所として国中によく知られています。

演奏のみならず、さまざまな貴重な証言や、楽しいお話も交えて、ひと時、心からくつろいでいただければと思っています。

/////立川 ロバハウス///////
Tel 042-536-7266
http://www.roba-house.com/live.html#06
9月20日(土) 1PM 〜 4PM 〜
9月21日(日) 11AM〜 2:30PM〜

2日間で4回公演
前売り 4000円 当日 4500円

特別ゲスト アントン・マガワン

会場のロバハウスは、妖精の館のような、とても不思議な空間。
4回公演それぞれの回の、お客様の顔ぶれと反応に合わせて、
曲目を変え、1回かぎりのかけがえのない時間を、
みなさんと共有したいと思います。

/////西荻窪サンジャック///////
http://pomkn.cocolog-nifty.com/kikaku/2008/07/paddy_bridget_f43c.html
sjnisiogi@gmail.com

9月18日(木) 6:30PM 開場 7:30PM 開演
ゲスト アントン・マガワン (英語名 トニー・スミス / フィドル)

11月6日(木) 6:30PM 開場 7:30PM 開演
ゲスト ショーン・ライアン(ホイッスル、歌)

チャージ 4000円+ワンドリンク

by teenspost | 2008-09-07 16:13 | ♪徒然Sawanism