ぶっつけ本番のライブ

今日は川崎市立川崎高校の全校700名の生徒さんたちと「ティーンのための人間関係のレッスン コミュニケーションってなあに?」と題したワークセミナーをしてきた。
f0107724_2126557.jpg

90分のほとんどをTINGOS!ではお馴染みの歌って踊る児童福祉士ブルースに手伝ってもらった。
冒頭で生徒さんたちに「今日は私の友だちを連れてきました。この人の職業はなんでしょう?」と尋ねると、いきなり「ミュージシャン!」とか言われて、ブルースはニンマリ照れておる。
続いて「芸能カンケー!」とか、《うーん、惜しいね、歌は歌うけどね》、「メガネ屋さん!」とか、《おもろい》・・・場内騒然となったところで、「人は見かけじゃ分からないねー。この人は児童相談所で働いています」というオープニングではじまった。

高校で、しかも今回のように全校生徒何百人を前に話すときには、誰かに相方を頼むことにしている。
それは、一方的に一人で話すだけじゃ、コミュニケーションというテーマにそぐわないからなのだが、だからといって、何百人と一人で相互交流というには限界がある。
そこで、誰かとライブでやりとりしている場面を見てもらうことにしているのだ。

特に共学の場合には、生まれも育ちも職業も異なる女性と男性が対等に恊働する姿を見てもらうという意味もある。
なかなかねえ、女と男が対等に恊働する大人のモデルって、哀しいかな、いまだ身近になかったりするのである。

終ってから、ブルースは「今日は、どうやって距離をとったらいいか、探り探り、なかなか難しかったよ。でも勉強になった」と言った。
そう、リハーサルも打合わせもほとんど無くて、ぶつつけ本番でやるから、この「相方」はなかなか大変なんだ。
だけど、コミュニケーションというものは、いつもリハーサルなしのぶっつけ本番のライブなのだ。

先週の広島の中学でもそうだが、きもちやコミュニケーションについて話す時、私は古着屋で見つけたお気に入りのTシャツ(右下)を着ていくことがある。
これは、英語圏では有名な「How Are You Feeling Today?」(左下)というポスターの中国語版で超レアもの。
f0107724_21451522.jpg

民族・国籍・性別・年齢を問わず、「今日のあなたはどんな気持ち?」と、自分自身の感情に向き合うことから、コミュニケーションははじまる。
by teenspost | 2008-11-26 21:55 | ♪徒然Sawanism