丹波の里の小学校プログラム

f0107724_1740887.jpg

黒豆で有名な兵庫県丹波市に来た。
新大阪からの特急北近畿は朝もやから深い霧に包まれた幻想的な山里を徐行して30分遅れで柏原に到着。柏原はカイバラと読む。
午前中は小学校五年生と六年生あわせて56人でワークショップ。
午後からは市内の小学校中学校の養護教諭の研修会。

五年前の夏に大阪で全国規模の養護教諭のための研修会があって、その会場で朗読「ファジーのきもち」を聴いて共感したという養護教諭が仲間の養護教諭に伝え、この春に「養護教諭のための心の手当て」というテーマで依頼を受けて、今回の研修会は実現した。
何年も前に種をまいたことが、一人の人の感覚とそれが伝わっていく信頼関係によって着実に実を結ぶことは、とても嬉しいものだ。

丹波の空気は美味しい。
からだの芯まで清めてくれるように深く染み入る。
こどもたちもストレートで楽しかった。
♪ ' * + .・' * + . .・

日暮れに特急北近畿に乗って京都に向かう。
今晩は満月だ。
by teenspost | 2008-12-12 17:40 | ♪渡り鳥の旅みやげ