カテゴリ:♪スタジオ悠々日記( 140 )

七夕の夜に

プログラムのない日のスタジオ悠は、文字通りのフリースペース。
お昼休みにお弁当食べにくる人や、ボランティアでお掃除や観葉植物の世話をしてくれる人や、今日は昼寝している人もいて、うらやましかったぞー!

今週はNACのミーティングレター(ML=手紙自助ミーティング)の印刷発送時期ということもあり、毎日いろんなメンバーが都合つく時間にやってきては少しずつ作業をすすめて、次のメンバーにバトンタッチして、さながらバケツリレーの如くMLを完成させていく。
書くことは話すことと同じかそれ以上に、回復の力となるものだ。
書く自助ミーティングはパワフルだ。

明日はまたNACの定例ミーティングの後、玉川学園文化センターで5:30から歌うピアサポート「TINGOS!」の練習もある。
話す! 書く! 歌う! 

今夜は七夕。
一年に一度の夜に「晴れたら天の川を渡って会おう」という約束をした織姫と彦星は、親密回避依存だったのだろうか?…なんてこと考えてないで、星に願いを!
by teenspost | 2006-07-07 18:21 | ♪スタジオ悠々日記

I ain't gonna study war no more!

いつもより早く目覚めた朝。さわやかな一日のはじまり…
と思ったら、ミサイル発射のニュースだよ。
すぐに北海道の仲間の顔や、沖縄の基地の街の高校生の顔を思い浮かべた。
厚木基地の米軍機の航路となっている、ここ町田は、ついこの間まで飛行機の騒音がひどかったけれど、昨日から妙に静かだった。

昨年他界した沖縄のエンタテイナー&サイコセラピスト照屋林助さんは「浜辺の不発弾よりも怖いのは、心の不発弾」という名言を残している。
恐れに対して恐れで向かえば、心の不発弾が自爆し、暴力の連鎖になる。
こういうときこそ、恐れや不安に感応するんじゃなくて、ゆたかなものを沢山生み出していきたいと思う。

そういや、昨日は朝から夕方まで一日プログラムがあって沢山の人がやってきたなあ。
「最近、どうしてた?」
「そういえば●●さん、すごく良い表情しているね」
「◎◎さんも、すっきりした顔しているよ」
「ほんと? ありがとう」

久しぶりに出会ったお互いの変化を認め合う、そんな言葉が交わされていた。
痛みのわかる人がいる場所は喜怒哀楽がそのまま存在できるから、心の不発弾も解体処理するどころか、溶ろけてしまうよ。

そんな昨日の出来事を思いながら、不穏なニュースで明けた朝、川辺で「Down by the riverside」を歌いながらクロと散歩した。
♪I ain't gonna study war no more〜

…するといきなり、キャッチボールしていた小学生のボールがクロの後ろ足を直撃!
キャイン! キャイン! キャイン!
と抗議の悲鳴を上げるクロ。
「すみません」「ごめんなさい」「大丈夫ですか」と小学生が数名駆け寄ってきた。

それから、クロは、なにもなかったように、でもちょっと足をひきずりながら、また歩きはじめた。
by teenspost | 2006-07-05 17:41 | ♪スタジオ悠々日記

 8月12日(土)は、そうです! 
ピアサポート夏祭り、Not Alone Festa の日です。
 今年はアサヒビールからの助成キャンペーン「Let's Talk about Alcoholism! 依存症について話そうよ」 の一環として、また「キレる、タメる、コモるからの脱出」 という非暴力プログラム啓発事業ともリンクし、朝から晩までのお楽しみプランが目白押しです。

 全容は少しずつ決定していきますが、当事者からのメーセージとして、アルコール依存症回復者とギャンブル依存症回復者のゲスト・メッセンジャーや、お馴染みACドクターMasaによる「アルコールと脳のお話」、そして、なんと、「この星のこの島で生まれて」の著者・簗瀬竜太さんの特別メッセージが決定!
 幕間とフィナーレには、歌うピアサポートTingos!参上。
 で、夜は夜でアジアのロック映画「Shout of Asia シャウト・オブ・アジア」の上映。
    えっーーー!!!
f0107724_21454037.gif

 ハートにあたまにソウルにスピリットに丸ごと効きますゼーイ!!
 もう、夏バテなんかしてられないってば。
 お得な一日フリーバス、前売り1,000円  (当日1,500円)

 ちなみに、今年は出入り自由なパスなので、ステッカータイプになっております。
 DM発送、プレゼン外渉、もろもろ、ボランティア募集中でーす!!
by teenspost | 2006-06-27 18:15 | ♪スタジオ悠々日記

できたて、ほっかほっか

会報「ハートフルマガジンTEENSPOST」第31号が遂に完成です。
ついでに、最新ニューズレター「悠カレンダー」と「事務局便り」も出来ました。
f0107724_21345996.jpg
マエダさんとイノちゃんが手伝ってくれて、
あっちゅうまに、さくさくさくさく、手早い仕事ぶり。
そこへ、タケシの完成度高いホチキス止めだあ。

明日は定休なので、金曜日にすべての製本が終る模様。
土曜から来週にかけては、全国の会員に向けて発送作業がはじまります。

今回は15周年記念特集号「タナ板タナあげ、タナからボタもち、タナおろし」
中身濃ーーーーーーーーーい!
お手伝いは、まだまだ大募集! よろぴく!
by teenspost | 2006-06-07 17:27 | ♪スタジオ悠々日記

自立プロのランチ

自立プロ2回目は、
参加者が各自「手間ひまかけた一品」「手間なし一品」「手抜きの一品」を持ち寄ってランチタイムからスタート。

参加者からは「しば漬け炊き込みご飯」「アボガドとトマトのサラダ」「パフェパー」の差し入れがテープルに並び、
スタッフのたけしは自宅で超美味しいメロンパンを焼いてきました。

「食」を人と楽しんで分かち合うのも大切な自立プログラム。
今日は、火もなく手間かけずに、一人暮らしでも、小さな子どもと一緒にでも、楽しめて美味しい「おままごとレシピ」の調理実習(?)です。
f0107724_712336.jpg
★手間ナシゴレン
★水と油のサラダ
★しょーがねえスープ
★ヤミ鍋ケーキ

さて、このメニューからどんな味を想像しますか?

そして、お腹いっぱいになったところで、前回に引き続き金銭管理のリビングスキルワークに取り組みます。
お金に関する家族トラウマ、お金への罪悪感、苦手意識、向き合うことへの不安と恐れ…それぞれの課題を分かち合いながら、それぞれの経済のデザイン設計がはじまりました。
これは、同時にすべての事柄に通じる現実の認め方、向き合い方のトレーニングなのです。
by teenspost | 2006-06-04 07:01 | ♪スタジオ悠々日記

携帯サイト・デビュー!!

四月一日からプログをはじめて2ヶ月が経った今、このプログは携帯サイトに通じることを今日初めて気づいて、あわてて、携帯サイトにリンクしました。
へぇー、すごいねえ…動画まで載せられるんだってさ。
まるで、文明の利器に初めて出会った原始人のように感動!!

ついこのあいだ携帯サイトからのネットアクセスが増加したニュースを書き込んだばかりなのに、…携帯でアクセスしてくださる方たち、遅ればせでごめんなさい。

さて、明日は午前中は名物12ステップセミナー「アンプラグド」、午後から「自立プログラム」、夜は玉川学園文化センターでゴスペルワークショップです。

「自立プログラム」第2回では、手間なし料理講座に続いて、金銭管理について現状洗い出しをし、最終回の課題へとつなぎます。
料理も金銭管理も、そしてゴスペルも地道に着実に継続し、腕を上げるには、やっぱり楽しむことです。
楽しさだけじゃ上手くならないけれど、楽しさ抜きでは努力ができない。
楽しさ付きの努力を可能にするのが自己信頼ですね。
by teenspost | 2006-06-02 17:21 | ♪スタジオ悠々日記

先日、印鑑証明をとりに市役所へ行って、書類ができるのを待っている間、ロビーのテレビをぼうっと見ていた。

アナウンサーが今日のニュースを伝えている。
「警視庁の発表によると、この一年間に検挙された暴走族の数は激減しているものの、成人が半数を占めるほど増加傾向にある」とのこと。

元族だった知人が「最近のツッパリは品がない。ツッパるにも品良くまとめることが必要。反抗の思春期の長期化はコミュニケーション能力が育たないから」と分析していて、なるほどと思った。

そーかー、会話しないで、コミュニケーションしないで、パラリラパラリラ…つるんで首都高なんかクルクル回ってたら、情緒的大人力がつかないものね。

一方、他人と話さないまま、ひとりでクルクル考え込んで、思い込みに爆走する“認知行動の暴走族”も見かけるなあ。

さて、ただいま事務局は会報編集の真っ最中。
パソコンに向かって、仕事し続けていると、ドライアイで目がショボショボ…。
でも今回もハートは情緒的にしっぽり潤う原稿ばかりです。お楽しみに!

そうそう、来週からはいよいよ印刷・製本がはじまって、スタジオ悠はさながら家内制手工業となります。
あー、クロの手も借りたい!
ぜひ、お手伝いに来てくださーい!! 待っていまーす!!
by teenspost | 2006-05-29 17:27 | ♪スタジオ悠々日記

嵐の夜に

 昨日は午後から驟雨、つづいて豪雨、さらに雷雨、はては嵐の夜でした。

 窓の外は暗雲立ち篭める嵐の中、通常業務を終えたスタッフは、樋口恵子さんをアドバイザーに迎え、「子どもと大人のための非暴力プログラム啓発事業」のスタッフ会議です。
 今年度、福祉医療機構子育て支援「特別分」助成を受けたこの事業では、1年をかけて国内外のさまざまな実践をもとに、新たなプログラムを編成し、日本各地を巡ります。

 樋口恵子さんは、御存知ティーンズポストの頼もしいサポーターであり、障害者自立生活運動のリーダー、ピアカウンセラー、町田市議会初の女性障害者議員、…さまざまなパイオニアとして日本各地、世界各地を飛び回ってきた素敵な女性。
 まさに、このテーマにふさわしいアドバイザーです。

 7月15日(土)、16日(日)には、樋口恵子さんがコーディネーターで 「虐待と暴力をこえる“知恵・仲間・信頼”元気が出るワークショップ」を開く予定です。
 詳細は後日発表しますが、ちょうど3連休の2日間ですし、ぜひ、遠方からもふるってご参加下さい。

 15年目を迎えて、あらためて事業使命にそった、やりがいのあるプロジェクトの船出です。

 関係性の教育学を唱える米国の黒人フェミニスト、ベル・フックスはこう言います。
もし暴力を予防するならば、重要なことは、親が非暴力の育児法を学ぶことだ。
なぜなら、もし困難な状況を打開するために知っている唯一の方法が暴力であるとしたら、子どもたちが暴力を手放すことはできない。

 その親とは、まずは一人ひとりのインナーチャイルドの親、そう“私自身”です。
by teenspost | 2006-05-25 15:32 | ♪スタジオ悠々日記

over the rainbow

久しぶりの青空が広がる一日、自立プログラム第一日目がスタートした。
ランチには新緑の芹が谷公園でフィルードワークをしたり、
和やかな雰囲気の中、一人ひとりの現在にメンバーの一人ひとりが耳を傾ける。
ありのままに語れる場を持つことが、まずは新たな人生の一歩だ。
予定時刻を一時間ほどオーバーした終わり際、
あれれれ、、、スタジオ悠の窓の向こう、夕暮れの空に…
一瞬息をのむほど、大きな虹が架かった。
f0107724_18432923.jpg

by teenspost | 2006-05-20 18:36 | ♪スタジオ悠々日記

♪ルパン、ルパーーン 

はーい、GWはいかがお過ごしですか?

連休の合間の昨日のグループカウンセリング「あるがまま」には、久しぶりや初めての方が参加し、賑やかでした。
連休の合間だから少ないかなあ…と思っていたら、むしろ、GWだから普段来られない人もゆったり参加できるんですね。

今日のアートフォーラムあざみ野のシネマ&トーク「デック 子どもたちは海を見る」も満員御礼の模様です。

スタジオ悠は暦通りなので、6日土曜日はいつも通り。
午前中は名物プログラム12ステップセミナー「アンプラグド」です。
なに?それ?と思う人、とにかく来てみませんか。
何も言わずに聴いているだけでもいいし、話したくなったら話してもいいし…。
「自分は依存症とか家族問題は無縁だ」と思う人も、アルコール依存症回復者カウンセラー・ルパンさんの話から、豊かに心地よく毎日を過ごすヒントがもらえるはず。

夕方5時からは「TINGOS!」ゴスペル定例練習日。
初めての方、いつでもウェルカム!!
音楽って、「音を楽しむこと」だったんだって、実感してください。

そういえば、数年前「憲法記念日」にセクシュアリティ講座をやって、それぞれが一人ひとりの「憲法前文」を作ったのですが、これが素晴らしいポエムばかりでした。
そのときの参加者の多くがゴスペルにも参加していて、つながっているんだなあ。
by teenspost | 2006-05-03 10:58 | ♪スタジオ悠々日記