カテゴリ:♪徒然Sawanism( 237 )

ポケットに手を入れて

今日は午後「ひきこもり研修会特別編 こじれないコミュニケーション講座」と題する講演会のため、相模原保健所に向かった。
相模原名物の桜並木はいまにも花開きそうなほど、2月とは思えない温かさだ。

子どもの頃、1月、2月といえば、東京でも池に氷がはったり、その上で氷割りして遊んだものだった。
学校のストーブは石炭で、毎朝、日直当番2人がバケツに石炭を入れて、教室に運んでくるのだった。
昼には、そのストーブの上に担任の先生が子どもたちのパンを置いて、トーストを焼いてくれた。
毎日45枚も焼けるわけじゃなく、数人ずつ順番だったから、冷たく固くなったマーガリンがトロリとろけるトーストが食べられる日が待ち遠しかった。

そういや、当時、ポケットに手を突っ込んで歩いていると、養護教諭の先生に注意された。
「ポケットに手を突っ込んだままだと転びやすいし、そのまま転ぶとヒドいケガをするから」というのが理由だった。

ポケットに手を突っ込んだまま、パタンと転び、顔面つっぷして、大ケガする自分と友だちの姿を想像してみたりもした。

だが、そんなこといわれると、余計にポケットに手を突っ込みたくなる性分もあって、ポケットに手を突っ込んだまま全力疾走で駆けっこしたり、校庭を飛び回ってみたりした。
やってみると、特に転びやすいわけでもなく、転んでヒドいケガをする友だちもいなかったように思う。

そういう様子をじっと見ていた隣のクラスの担任は「痛快なやつだなあ」と言って、大声で笑った。
「痛快」という言葉の意味は分からなかったが、そう言われることをなんとなく気に入っていた。

それでも、学校の中では禁じられる場面もあり、仕方なくポケットから手を出し、その代わりセーターの袖をだらんと伸ばして、その中に両手を忍ばせて寒さをしのいだ。
セーターの袖は限りなく伸びて、やたら手の長い子どもたちが校内をうろうろしていた。
f0107724_23395939.jpg

今朝、散歩していたら、近所の小学生たちが、その“セーター袖長星人”で歩いている姿を見かけた。

いまも、ポケットに手を入れるのは禁じられているのだろうか。

今はもう誰にとがめられることもなく、温々とポケットに手を突っ込んで歩ける。
そのポケットの温もりを感じていたら、子ども時代の冬の情景が次々とよみがえってきた。

今日、東京地方は初雪のない冬として最長記録を47年ぶりに更新した。
by teenspost | 2007-02-10 22:51 | ♪徒然Sawanism

話せば宮古

f0107724_1035781.jpg宮古島第一日目は宮古島保健所で、地域の教育・福祉・医療の相談支援者対象の研修会。(担当の保健師さんはサポート会員です)
会場はブーゲンビリアや花に包まれた保健所です。

「宮古の人間は、思ったことを正直に話します」と、宮古島の人がいうとおり、みなさん、思っていることをそのまんまおしゃべりして出します。
出していないものや偽っていることをアサーティブに表現することはなかなか大変ですが、正直に出しているものをアサーティブなステップに変えることは、そんなに難しいことではありません。

2日目の今日は、「宮古島市 働く女性の家 ゆいみなあ」で「安全な怒りの表現」についてワークセミナーをします。
f0107724_1041951.jpg
宮古島はただいまサトウキビの収穫時期を迎えています。
あっちでもこっちでもサトウキビの花が風にそよいで、収穫の時を待っています。

f0107724_1043432.jpg雨季を迎えて、曇り空や雨が続いていますが、ときおり、晴れ間が出ると、海が空に応えて、コバルトブルーの絵の具を海一面に注いだように変化します。
晴天の沖縄もいいけれど、こういう雨季の七変化する移ろう瞬間の海の彩りがたまらなく好きです。

真摯に耳を傾けてくれる宮古島の人たちはこの海のように正直に応えてくれます。
by teenspost | 2007-01-20 10:07 | ♪徒然Sawanism

今日はスタジオ悠の定休日。なんだけど・・・
朝起きたら、例の夫殺人遺体遺棄事件で大騒ぎだよ、町田は。

スタジオ悠のすぐそばにフィールドワークにもよく使う美しい公園がある。
駅から徒歩圏で、水と緑あふれる、こんなに安らげる自然公園はめったにないよと、四季を通じてスタジオ悠の庭代わりにしていた貴重な場所だ。
かつて、冬の寒い日にクロと出会った公園でもある。
子どもたちの遊び場でもあり、小学校も隣接する、その裏手あたりに、物々しく蒼いビニールシートが張りめぐらされている。
朝からメディアが大挙し、上空ではヘリが飛び交う。

一方、朝刊を開けば、「納豆を食べればダイエットできる」とTV局がバラエティ番組で垂れ流したとかで、全国各地の小売店で納豆の売り切れが相次いで、メーカー各社は増産を急ぐが、依然として品薄の状態が続き、新聞に納豆メーカーの品切れのお詫び広告まで出る異常な事態となっている。

What's going on? どうなってんねん?
関西人は納豆食わんでー、って、そういう問題じゃなくて、
なんだかさあ。。。
フツーにさあ、さわやかな朝を迎えて、納豆ご飯でささやかな幸せっちゅーもんをさあ、味わうという、そういうさり気ない日常というものがさ、いきなり不穏な空気に包まれるっつーのが、“暴力”なんだよね。

でもね、この重い息苦しい空虚な無力感と絶望にのみこまれちゃうのがね、やばいのよ!
ほんと、ヤバいって!
だめだめ! あかんあかん! あきまへ〜ん!!

だからね、みんなでね、おバカ深く、軽やかにしたたかにしなやかに、やふぁらがんじゅう(柔らかで頑丈)に今日一日を生きようなっ!

めげそーになったら、クロちゃんのアニメやクロちゃん劇場でも観てちょーだい!

PCでアクセスの人は、右のピンクのネームカード「Funky-Kuro」をクリックするとリアルクロも現れますよ!
by teenspost | 2007-01-11 16:43 | ♪徒然Sawanism

ワイルドで行こう!

がしょー あけおめ ことよろ 2007
f0107724_165572.jpg

♪BGMは、SteppenwolfのBORN TO BE WILDで! ←クリックするとSteppenwolfのHPへ飛びます。そこで、audio/video samplesの「Born to be wild」をクリック! Steppenwolfはドイツの小説家、ヘルマン・ヘッセ「荒野の狼」にちなんだバンド名。“Born to Be Wild / ワイルドで行こう!”はハード・ロック史上不朽の名曲 。audio/video samplesからは「Corina corina」のライブ映像も観れるよ。しみじみ…
by teenspost | 2007-01-01 11:51 | ♪徒然Sawanism

A Cange Is Gonna Come

今年も残すところ、数日ですね。

片付けやお掃除をしながら、一年を振り返ると、一年前には予想もしなかったような様々な変化がありました。

どの変化も、他者との出会いやつながりがもたらしてくれたものです。
そのなかで、確かに成長させてもらっていることに気づきます。

f0107724_23555616.gifこのブログを読んでくださっている皆さんにも、心より感謝します。
ほんとうに、ありがとうございました。

人生は日々、選択の連続ですね。
新しい生き方が欲しければ、新しい選択をするということが前提です。

このところ世間は、あいかわらず行き場のない停滞感や際限のない機能不全ぶりが目につきますが、そんなときほど、豊かな夢を描き続けたいです。

アイ ハブ ア ドリーム です!
そうだ! ハブの図柄のポスターでも創ろうかな。

f0107724_04822.gif新しい年もまた、人と人とのつながりを大切に紡ぎながら、新しい道を切り拓くために、新たな行動を選択し、おバカ深く挑んでいきます。

♪A Cange Is Gonna Come〜
変化はやってくるのですから。
by teenspost | 2006-12-28 17:26 | ♪徒然Sawanism

暮れの過ごし方

このところ、異常に車が混んでいる。
時間ドロボウが忙しく動き回っている。
お金やモノが暴力的に飛び交っている。
大量のイチゴとショートケーキに象徴されるような強迫的喧噪状態。

こういうクリスマスって、たぶん日本だけじゃないかな。
日本じゃ、もう当たり前の暮れの光景になっているけど、ちょっと疑ってみてもいいんじゃないかな。

今週は仕事が終わると早々に近場の温泉に潜り込んでいる。
ほどほどに人が少なくていい。
露天風呂なんか、気がつくと自分一人しかいなかったりする。

夏場の露天温泉もいいけど、冬空を見上げながら漬かる温泉も格別だ。
ふーーー、と息ついて、ぼーっとしていたら、湯煙の中で流れるBGMはJazzであった。
いつも、チラホレチラホレ和琴の音が流れているのに、どうしたことだろう。
つい聴き惚れてしまうから、BGMにしては存在感があり過ぎるエラ・フィツジェラルドの歌声とか、マイルスのトランペットなどが、露天温泉に響き渡るわきで、子ども連れとかお年寄りがお風呂に漬かっていたりする光景は悪くない。

●明日から、事務局スタッフで役者の小沼タケシは下北沢で「今度は愛妻家」という芝居を3日間連続5ステージ出演する。
詳しくはこちら
ちなみに、携帯サイトのブログ「言葉のカケラ」の泉ちはやとは、彼が詩や短歌を書く時のペーンネームです。
★クリスマスに小粋な芝居を自分にプレゼントしてはいかが。途中シモキタ散策も面白い。


●繰り返しお伝えしている23日(土)TINGOS!クリスマスLIVEは玉川学園文化センターにて   
 パート1 6:00〜歌とメッセージ    
 パート2 7:50〜青白歌合戦
 パート3 8:30〜ジョン・レノンを観る聴く謳う  9:30終了予定
★途中からでも、どうぞ。玉川学園の大きなもみの木ツリーとブルー・イルミネーションを眺め夕闇のお散歩しながら会場へ向かうのもおすすめ。

忙しさに埋没せず、強迫的喧噪に酔わずに、リアルにゆったりと過ごしたい方と、世間の流れとはちょっとちがう穏やかで豊かで温かい時間を創ってみたいと思う。

by teenspost | 2006-12-21 21:41 | ♪徒然Sawanism

ついに警告文が・・・

国際線にしろ、国内線にしろ、空港の手荷物検査所を出たあたりで、よく出くわす光景がある。
多くは中高年の夫婦が、なにやら擦った揉んだしているのである。

どこの空港でも手荷物検査所は、それなりの緊張した空気が漂う場所なのだが、そこを出たあたりで、中高年の夫婦が、まあ、たいていは夫が妻に、「おまえがどうだこうだから・・・」と、あなたメッセージで、なにやかやと文句つけているのである。

手荷物検査で検査官に呼び止められた場合などは、この傾向がヒドくなるようで、夫は妻に「お母さんがちゃんとしていないからだ」とか、だだっ子のように、からんで文句を付けていたりする。

 手荷物検査→不安だ→検査官に呼び止められた→恥だ(見た目が悪い)→弱みを見られてしまった→他人のせいにしよう→からむ(依存)

こうして偽りのプライドを傷つけられた夫が、行き場のない不健康な感情を妻のせいにして、妻にぶつける場面が、旅をしているとあっちでもこっちでも目につき、その度に、ああ、またここでもか、と、うんざりするのだ。

在サンフランシスコ日本国総領事館のHPは、11月29日付で、日本人旅行者に向けて「ドメスティック・バイオレンスによる逮捕・拘束事例の頻発!」という警告文を掲載した。

「はじめに・・・ 
当地では、交通違反を除き、観光旅行者を含め邦人が最も多く逮捕される犯罪がドメスティック・バイオレンスです。これは、ドメスティック・バイオレンスに関しての日本とアメリカの捉え方、制度及び法律等の違いによることに起因していると思われます。」・・・・さまざまなケースが紹介されて、
「最後に・・・
いずれにしても、日本でもアメリカでもドメスティック・バイオレンスは犯罪であることを十分に認識しておく必要があり、特に当地では逮捕・拘束される事例が頻発しておりますのでご注意下さい。」と結ばれている。
by teenspost | 2006-12-04 20:30 | ♪徒然Sawanism

フォーチュン・クッキー

愛犬クロが今朝旅立った。

9月に発刊した「こじれない人間関係のレッスン」では初めてプロフィールを載せた通り、TEENSPOSTと同じ年の15歳だった。
犬齢では、人間の90歳くらいらしいから、天寿を全うしたのだろう。

今日は、ひと月前から休みをとっていた一日だった。

沖縄に行く前から食欲がなくなっていたから、心配していたが、日毎に衰弱して、一昨日から立てなくなって、今朝、亡くなった。

家族がみな仕事に出て私だけ残った家で、哀しくて子どものように声をあげて泣いていたが、不思議なほどに、心は満たされていた。

駆けつけた家族も同じようだという。
「あまりに大きな存在過ぎて、あまりに沢山のものを与えてくれた犬だから、最期のお別れでも、なんだか胸いっぱいに満たされていて、前向きな幸せな気持ちにしかなれない」と。

十月初めに米国から帰ってきた時、ペット用のフォーチュン・クッキーをお土産に買ってきた。

中華料理店でよく出てくる、クッキーの中に、機知に富んだ言葉が書かれた紙切れが入っている菓子の犬用という代物である。
さすが、スヌーピーの故郷のミネソタ製。
舌が肥えている犬なので、以前イギリスで買ってきたクッキーなどは見向きもしなかったから、どうかなと思ったが、クロはよろこんで食べた。

f0107724_20521875.jpgそして、私はクッキーの中の紙切れをつまんで読みあげだ。
「Man's best friend is a dog.
Dog's best friend is a man with food.」

ついでに、日本語で訳してきかせた。
「人間の親友は犬だ。犬の親友は食べ物を持った人間だ」
クロは満足して静かに眠った。

今日もその時とかわりなく、静かに眠っている。
色とりどりの花とクロの好物と今は空っぽになったフォーチュン・クッキーの箱も供えた。
by teenspost | 2006-11-30 15:20 | ♪徒然Sawanism

食欲の秋に、ずるい?

最近、電車で移動する度に、目にひっかかる忌々しい広告がある。
サントリーの烏龍茶のCMコピー。
「姉さんは、よく食べる・・・なのに、ずるい」というヤツ。
背景には、スリムな姉の体型を羨む思春期の妹の姿が映されている。

サントリーといえば、かつて小説家開高健が20代の時に広告宣伝部でコピーライターをやっていたことは有名で、当時の仕事に「人間らしくやりたいな、トリスを飲んで人間らしくやりたいな」という名コピーがある。
日本が戦争の痛手から回復していった復興期から高度経済成長に向けて、当時の人々の心を惹くコピーだったんだと思う。
開高健の小説は大好きで、その昔よく読んだものだけど、そのコピーを書いた小説家はアルコール依存症だった。

さて、その「人間らしくやりたいな」から半世紀後、「姉さんは、よく食べる・・・なのに、ずるい」という、このコピー、どう感じますか?
摂食障害の女性のツボを押さえて、購買意欲をそそる手口。
そもそも、物質文明、消費社会というものは、消費者を不安に陥れたり、嫉妬心を煽ることで、過剰供給して“買わせる”システムをつくる。
広告が「認知の歪み」をつくるわけだ。
それがまさに先進国のアディクションを増加させる背景にあるわけなんだけど、母娘関係・姉妹関係に傷つき摂食障害に苦しむ女性たちを思うに、これはあまりに忌々しいぞ。

先日、ファミレスでメニューをしげしげ見る小学生の姉妹がいて、姉の方は一番カロリーの低いメニューを選び、ハンバーグ定食を選んだ妹に向かって「あんたはまだカロリーとか気にしなくいいよね」と蔑むように言うのを目撃して、ドヒャッとびっくりした。
2人とも、モー娘。のような雰囲気。
アタマは優劣を競う男ジェンダー、からだは同質化で閉じ込める女ジェンダーという「ダブルバインドの呪縛」である。
情況は、どんどん、低年齢化しているね。

ちなみに、サントリーの広告は同じコピーで「姉妹の食卓」編に続き、「姉妹の恋愛」編を放映しているらしい。おぞましいなあ。。。

一方、このところヨーロッパでは、若い世代の摂食障害への影響を懸念する摂食障害予防団体や政府閣僚・議員によって、やせ過ぎのモデルがファッションショーに出場できないような規制が広まっているという。
日本の広告もただ売れればいいだけじゃなくて、そのあたりを考えざるをえないところに来ている思うのだが。

さあて、こんなレベルで不要な嫉妬や不安を煽られて、嫌な気分に浸り、空虚な人生を送らずに済むように、明日はRETパート2で、機能的な認知と情報の読み解き方を学びましょう。
by teenspost | 2006-09-20 09:49 | ♪徒然Sawanism

♪あんな幸せにも別れがくるのね
過ちなんてー、だれにもあるの〜♪(「哀愁のページ」)
f0107724_08888.jpg
・・・そんな流行歌が昔あったっけね。(写真はフィリピン・インファンタの海辺)

8月の終わり頃から、ティーンズポストには、若い男女から「妊娠したかもしれない」という相談が電話やメールで届きます。
そんなこともあり、先日、携帯サイトの「オープンカウンセリング」の「恋とセクシュアリティ」のジャンルに新着2件の投稿とレスをアップしました。
新規投稿だけでなく、感想なども送れるフォームが用意されているので、関心のある方はアクセスしてみてください。

そういえば、このあいだ飲酒運転による福岡幼児三人死亡事故について、テリー伊藤氏がTVで「酒を飲んで車を運転するということは、人を殺すことなのだ、という意識に立たなければ」と発言していました。
ほんとうにその通り! !
なのですが、そういう当然の危機意識を感じない、見ようとしない、無意識に流す・・・否認するのが「依存症」という病です。

パチンコ業界団体「全日本遊技事業協同組合連合会」の調査によると、今年4〜8月の五ヶ月間に店の駐車場の車内に子どもが放置されているのを巡回中の店員が見つけ、熱中症などの事故を未然に防いだケースが全国6道県で17件あり、計27人の子どもが車内から助け出され、難を逃れたそうです。

依存症という「否認の病」が適切な判断力を狂わせてしまうという事実を認めたパチンコ業界が、「駐車場の巡回」という自分たちにできる対処で動き始めているということでしょう。

先の「妊娠しちゃったかも」の相談も、「否認の病」です。

--危機感を否認(ヒニン)していると、人は避妊(ヒニン)しない--

しかも、みな遅ればせながら「妊娠」のことは心配するんだけど、HIVをはじめ性感染症についてはまったく危機感ないようなのです。

セクシュアリティやコミュニケーションは、人が一生育んでいくものです。
否認してツケを後回しにするのでなく、身近なところで、感じて話して行動していく人の姿がいろんな場面で必要になっています。
by teenspost | 2006-09-09 17:02 | ♪徒然Sawanism