10/2まで臨時休業

昨日のダンスワークショップは、ストレッチからはじまり、基本のダンスステップ、そして、一曲の振り付けを通して覚えること、なんと三時間!!
f0107724_23263829.gif年齢性別を超えたダンス素人が汗をかきかき踊り続けて、夕べはみんな熟睡したと思います。
なんだかんだいっても、みんなエネルギーがあります。
睡眠にもエネルギーが必要なように、問題を表出するのも、抱え込むのも、コモるのも、それぞれにその人のエネルギーなのです。

ワークショップの最初と最後は十分ストレッチやからだほぐしをしましたが、ふだん使わずにいた身体が目覚めて、きっと今日あたりは筋肉痛、節々の痛みが出ていることでしょう。
こういう痛みは「感じるべき痛み」ですね。
自分の身体に気づき、慈しんで手あてしていくきっかけになります。

さて、スタジオ悠は10/2まで、スタッフ研修のため臨時休業いたします。
スタッフは、新たな世界に出会い、学び、気づき、自分自身と対話し、自分の課題に向き合うことで、エネルギーを注ぐべき本来の方向を確かめたいと思いまーす。

休業あけの10/3は、フォローアップ・グループカウンセリング「あるがまま」と自助ミーティング「リカバリー」です。
by teenspost | 2006-09-24 21:21 | ♪スタジオ悠々日記

秋の回文10首

シメジめし
まさこさま
カキのきか
イカたべたかい

おかしがすきすきスガシカオ
そうだんとはとんだウソ
くすりはリスク

カメダはだめか?
わたしまけましたわ
ダンスはすんだ?

******
明日は6時からまちだ中央公民館ホール(109ビル7階)にて、TINGOS!「誰でも楽しく踊れるダンス・ワークショップ」をやります。
NAC・サポート会員のみなさま、年齢性別問わず、遊びにきてね!
楽しいよ!!
by teenspost | 2006-09-22 16:33 | ♪TINGOS! 歌便り

食欲の秋に、ずるい?

最近、電車で移動する度に、目にひっかかる忌々しい広告がある。
サントリーの烏龍茶のCMコピー。
「姉さんは、よく食べる・・・なのに、ずるい」というヤツ。
背景には、スリムな姉の体型を羨む思春期の妹の姿が映されている。

サントリーといえば、かつて小説家開高健が20代の時に広告宣伝部でコピーライターをやっていたことは有名で、当時の仕事に「人間らしくやりたいな、トリスを飲んで人間らしくやりたいな」という名コピーがある。
日本が戦争の痛手から回復していった復興期から高度経済成長に向けて、当時の人々の心を惹くコピーだったんだと思う。
開高健の小説は大好きで、その昔よく読んだものだけど、そのコピーを書いた小説家はアルコール依存症だった。

さて、その「人間らしくやりたいな」から半世紀後、「姉さんは、よく食べる・・・なのに、ずるい」という、このコピー、どう感じますか?
摂食障害の女性のツボを押さえて、購買意欲をそそる手口。
そもそも、物質文明、消費社会というものは、消費者を不安に陥れたり、嫉妬心を煽ることで、過剰供給して“買わせる”システムをつくる。
広告が「認知の歪み」をつくるわけだ。
それがまさに先進国のアディクションを増加させる背景にあるわけなんだけど、母娘関係・姉妹関係に傷つき摂食障害に苦しむ女性たちを思うに、これはあまりに忌々しいぞ。

先日、ファミレスでメニューをしげしげ見る小学生の姉妹がいて、姉の方は一番カロリーの低いメニューを選び、ハンバーグ定食を選んだ妹に向かって「あんたはまだカロリーとか気にしなくいいよね」と蔑むように言うのを目撃して、ドヒャッとびっくりした。
2人とも、モー娘。のような雰囲気。
アタマは優劣を競う男ジェンダー、からだは同質化で閉じ込める女ジェンダーという「ダブルバインドの呪縛」である。
情況は、どんどん、低年齢化しているね。

ちなみに、サントリーの広告は同じコピーで「姉妹の食卓」編に続き、「姉妹の恋愛」編を放映しているらしい。おぞましいなあ。。。

一方、このところヨーロッパでは、若い世代の摂食障害への影響を懸念する摂食障害予防団体や政府閣僚・議員によって、やせ過ぎのモデルがファッションショーに出場できないような規制が広まっているという。
日本の広告もただ売れればいいだけじゃなくて、そのあたりを考えざるをえないところに来ている思うのだが。

さあて、こんなレベルで不要な嫉妬や不安を煽られて、嫌な気分に浸り、空虚な人生を送らずに済むように、明日はRETパート2で、機能的な認知と情報の読み解き方を学びましょう。
by teenspost | 2006-09-20 09:49 | ♪徒然Sawanism

土曜は表現遊びで

f0107724_862956.jpg表現をすることは自己信頼を生み出す
自己信頼を生み出すことは表現を産む

ニワトリが先か、タマゴが先か…

私が感じること、それは、世界でたった一つのかけがえのないもの。
私が表現すること、それは、だれもが持っている力。

それを閉じ込めて不自由になれば、自分を信じることが困難になる。
自分を見いだしていくには、感じたことを自由に表現できる場に身を置くことだ。
しかも、それを楽しめる。喜べる。遊べる。
そこで自分を解き放つとき、暴力を超える確かな途が見えてくる。

そういう空間を16日(土)、一緒に楽しみましょう。
ハートに響くコミュニケーション シアターワークショップ

▲写真はフィリピン、ケソンシティのニワトリ親子
お待たせ! 「フィリピンリポート」PCサイトにアップしました!
 こちら>>>連載やふぁらがんじゅう#014

by teenspost | 2006-09-15 08:08 | ♪スタジオ悠々日記

♪あんな幸せにも別れがくるのね
過ちなんてー、だれにもあるの〜♪(「哀愁のページ」)
f0107724_08888.jpg
・・・そんな流行歌が昔あったっけね。(写真はフィリピン・インファンタの海辺)

8月の終わり頃から、ティーンズポストには、若い男女から「妊娠したかもしれない」という相談が電話やメールで届きます。
そんなこともあり、先日、携帯サイトの「オープンカウンセリング」の「恋とセクシュアリティ」のジャンルに新着2件の投稿とレスをアップしました。
新規投稿だけでなく、感想なども送れるフォームが用意されているので、関心のある方はアクセスしてみてください。

そういえば、このあいだ飲酒運転による福岡幼児三人死亡事故について、テリー伊藤氏がTVで「酒を飲んで車を運転するということは、人を殺すことなのだ、という意識に立たなければ」と発言していました。
ほんとうにその通り! !
なのですが、そういう当然の危機意識を感じない、見ようとしない、無意識に流す・・・否認するのが「依存症」という病です。

パチンコ業界団体「全日本遊技事業協同組合連合会」の調査によると、今年4〜8月の五ヶ月間に店の駐車場の車内に子どもが放置されているのを巡回中の店員が見つけ、熱中症などの事故を未然に防いだケースが全国6道県で17件あり、計27人の子どもが車内から助け出され、難を逃れたそうです。

依存症という「否認の病」が適切な判断力を狂わせてしまうという事実を認めたパチンコ業界が、「駐車場の巡回」という自分たちにできる対処で動き始めているということでしょう。

先の「妊娠しちゃったかも」の相談も、「否認の病」です。

--危機感を否認(ヒニン)していると、人は避妊(ヒニン)しない--

しかも、みな遅ればせながら「妊娠」のことは心配するんだけど、HIVをはじめ性感染症についてはまったく危機感ないようなのです。

セクシュアリティやコミュニケーションは、人が一生育んでいくものです。
否認してツケを後回しにするのでなく、身近なところで、感じて話して行動していく人の姿がいろんな場面で必要になっています。
by teenspost | 2006-09-09 17:02 | ♪徒然Sawanism

実りの秋のプログラム

九月の声を聴いたとたん、日差しや風の中に秋の気配が漂ってきました。
事務局もただいま、秋のプログラム編成、「悠カレンダー」「事務局だより」の編集の真っ最中です。
ご存知のように、スタジオ悠のプログラムは四季ごとに編成し、年四回のニューズレターが会員のもとに届けられます。

物心ついたときから、モノ創りとかデザイン・レイアウトという作業が楽しくて仕方ない私は、気がつくとついついMacと遊んでいます。
「悠カレンダー」は創刊以来Macで創っています。
「事務局便り」はこのところ、Windowsユーザーのスタッフによってワードで作られるようになりました。
今日は、たまには、Windows君とも遊ぼうかと「事務局便り」に手を入れたのですが、図版を動かすとあっちこっちに飛んだり重くなるので、どうも楽しく遊べません。
とはいえ、そんなこと言っている間にも、Windowsはどんどん普及し、Macは少数派となり、メールで送られてくる添付ファイルを開くためにmicrosoft社のソフトもインストールせざるをえなくなりましたが、日常的にはほとんど使いません。
それに、どういうわけか身の回りや親しい知人はMacユーザーだったりするので、少数派という実感が持てません。

そういうことは、パソコン以外でもいろいろありまして、モノの考え方やら、生き方やら、類は類を呼ぶというか、少数派は少数派を呼ぶんでしょうね。
なんか世間という大海原に浮かぶ「ひょうたん島」で暮らしているような感じです。

そういうわけで、Macで作った「悠カレンダー」とWindowsでつくった「事務局だより」の印刷と発送は水曜からはじまり、木曜あたりまでかかる予定です。
週末の「未来家族」「NACサタデー」の参加者には手渡しとなりますが、うまくいけば、今週中に全国の会員の皆さんの元へ届くと思います。
ボランティア大募集!! ヨロシクです!!
by teenspost | 2006-09-04 17:44 | ♪スタジオ悠々日記