アコークロー

南風原高校のN校長は、数少ない女性校長の一人だ。
11年前に石垣島で体育教師をされていたとき、初めて石垣島で開催したアサーティブ・トレーニングに参加してくださって以来の御縁だ。

「こじれない人間関係のレッスン」と題された講座に先立ち、約800人の生徒に話しかける校長の女声の響きは、とても心地よかった。
議会と同じく、学校の講堂に響く校長の男声はイメージできても、女声が響き渡る機会はまだまだ少ない。
たいていどこの校長室でも、歴代校長の男性の写真がずらーっと壁面に飾られているものだ。

今日は生徒さんたちにアニメやDVDなど映像や音楽を交えて2時間ほどお話しした後で、生徒さんから質問があがった。

★なかなか自分を語ってくれない友だちに対して、自分にできることはなにか?(男子生徒より)
★DVを受けている友だちに対して、自分にできることはなにか?(女子生徒より)

あああ、いいねえ、やっぱり、ティーンズはいいよ。
やり甲斐がある。手応えがある。リアルだ!!
私の話に耳を澄ませてくれて、“自分にできること”を考えるんだもの。

“相手にできること”ばかり考えて、自分を考えない大人たちは、見習わないとね。

講座を終えた後で、N校長は校長室で私の肩をマッサージしてくれた。
一週間の長旅の疲れで、ひどくこっていた肩の痛みがずいぶんと和らいだ。
N校長は明るい笑顔で「女性がもっともっと活躍しなければ…」と言う。
そういうN校長とは、子育て中の大変だった時のことも、仕事上の苦労も、なにして遊んでいるかという話も、光も闇も分かち合える。
f0107724_2228670.jpg
沖縄言葉で「アコークロー」(明るくて暗い、光と闇が同時に存在すること)と呼ぶ黄昏に那覇を発った。

いつも、羽田空港からのリムジンバスの中では、横浜の夜景を眺めつつ、お気に入りの曲をiPodで聴いている。
旅の中で出会った沢山の人のココロが、車窓の宵闇にエンドロールのように流れて、ありがたくて胸が熱くなる。

●石垣島の非暴力プログラム公開講座の模様は八重山毎日新聞に掲載され、「八重山毎日オンライン」より読めます。
by teenspost | 2007-01-25 22:38 | ♪渡り鳥の旅みやげ

いざ久米島

ここは沖縄なのか?
と何度も思うほど、今日は北風強く寒いでーす。

朝一番の飛行機で、石垣島から那覇へ。
11年前、17歳の時に出会ったTくんが、飛行場で見送ってくれました。
f0107724_9595752.jpg一日限定10個という金城かまぼこ特製の「ブラックじゅーしー」を二個持たせてくれました。手紙まで添えて。泣けます!!
「ブラックじゅーしー」って、なにそれ?って、
いか墨入りの黒いかまぼこの中にウコン入りの炊き込みご飯が入っているという画期的な食べ物です!!

それから、那覇に着き、那覇から久米島への乗り継ぎは、おや!プロペラ機だよ。
でも、プロペラ機、好きです。
f0107724_21425578.jpg
久米島でたったひとつの高校、久米島高校。
全校生徒約300人は、小学校から幼なじみだったり、親類だったり、いとこ同士でのクラスメートや先輩後輩関係は当たり前。
なかなか濃い人間関係です。
そこで、「ファジーのきもち」を読み、ラスを飛ばしてみました。
f0107724_21431241.jpg
帰りのフライトまで六時間ほど時間があるので、島を一周しました。
どの景色も風土も、今まで目にしたことのない異文化に満ちた異境です。

久米島高校は卒業と同時に生徒の8割が島を出で、2割が島に残るそうです。
生まれ故郷を離れるのも、居留まるのも、ファジーのようにマユを打ち破ることが必至です。

最終便で、那覇に戻ってきました。
明日は沖縄本島の南部、南風原(ハエバル)高校。
ようやく家路に着けます。
by teenspost | 2007-01-24 21:46 | ♪渡り鳥の旅みやげ

石垣島は今日も雨だった

宮古島に続いて、20日土曜夜に石垣島にやってきました。
沖縄地方はただいま雨季で、曇り空が続いています。
21日は沖縄県八重山福祉保健所とNPO法人ラブピアプライスやいまとの共催で「Days of Respect in 石垣」。
翌22日は大浜中学一年生の思春期講座。
そして、今日23日は八重山商工定時制でのワークセミナーで、ここでもまた生徒さんたちと給食をご馳走になることになりました。
f0107724_23143113.jpg


今年立ち上げたNPO法人ラブピアプライスは、十代のピア会員をはじめ、保健師、助産婦、養護教諭が手をつなぎ、必要な性の情報を解りやすく身近に発信したり、地域の思春期をサポートする活動です。
石垣島のみなさんの熱意と地域的なネットワークづくりには感心することばかりです。
さまざまな現場で活躍する人達の中には幼い頃からの同級生というつながりもあり、絆の深さを感じます。

ゆうべは、会報で【南の島の図書館便り】というエッセイを連載中の山根さんが同級生のやっているジャズハウスへと連れて行ってくれました。
地下にライブスペースを持つ、その「すけあくろ」という店の主は、警備会社の社長でもあり、写真家でもあり、とーても面白いオトナです。
ピアノもドラムもギターも揃っているライブスペースで、ウッドベースを弾いてくれて、「Fly me to the moon」を競演?させてもらいました。
今日は、八重山商工の郷土芸能部の部室に潜入し、踊りも堪能しました。
f0107724_23143137.jpg

明日はいよいよ久米島、初上陸です。
by teenspost | 2007-01-23 23:14 | ♪渡り鳥の旅みやげ

話せば宮古

f0107724_1035781.jpg宮古島第一日目は宮古島保健所で、地域の教育・福祉・医療の相談支援者対象の研修会。(担当の保健師さんはサポート会員です)
会場はブーゲンビリアや花に包まれた保健所です。

「宮古の人間は、思ったことを正直に話します」と、宮古島の人がいうとおり、みなさん、思っていることをそのまんまおしゃべりして出します。
出していないものや偽っていることをアサーティブに表現することはなかなか大変ですが、正直に出しているものをアサーティブなステップに変えることは、そんなに難しいことではありません。

2日目の今日は、「宮古島市 働く女性の家 ゆいみなあ」で「安全な怒りの表現」についてワークセミナーをします。
f0107724_1041951.jpg
宮古島はただいまサトウキビの収穫時期を迎えています。
あっちでもこっちでもサトウキビの花が風にそよいで、収穫の時を待っています。

f0107724_1043432.jpg雨季を迎えて、曇り空や雨が続いていますが、ときおり、晴れ間が出ると、海が空に応えて、コバルトブルーの絵の具を海一面に注いだように変化します。
晴天の沖縄もいいけれど、こういう雨季の七変化する移ろう瞬間の海の彩りがたまらなく好きです。

真摯に耳を傾けてくれる宮古島の人たちはこの海のように正直に応えてくれます。
by teenspost | 2007-01-20 10:07 | ♪徒然Sawanism

今日から沖縄

お昼前の飛行機で羽田を発って、那覇に来ました。
今日は向かい風が強く、那覇空港が混雑していたり(機長は嘉手納基地の管制塔と交信しているとか言っていたが)、那覇空港の上空を旋回したりで、だいぶ遅れて到着。

さて、これから一週間4つの島で8カ所を廻ります。

今日はさっそく那覇商業高校の定時制で「DV講座」です。
・・・っていったって、私が暴力ふるってみせるわけじゃないよ。

これから他人と出会い親密な関係を創っていく生徒さんたちの「ここちよい関係」を紡いでいくためのお話です。

スタートは夜の七時だしね、ここはクラブでもきてもらったつもりで、まずは、音楽と映像を流して、家族の暴力に命を落としたマービン・ゲイのお話から。
そして、おしまいは、やはり家族の暴力に傷ついたクリスチーナ・アギレラの「ビューティフル」でしょ。

終ったら、黒いニットキャツプかぶった一人の生徒さんがやってきて、「俺、マービン大好きです!」って、わざわざ言いに来てくれた。
担当の宮古島出身のU先生も「マービン、いいよね」って。
先日なったばかりという生徒会長は「暴力が自分の心からはじまることも知って、僕はこの学校でピアサポートをつくっていきたい」と抱負を聞かせてくれた。

そう、理屈じゃないんだよね。情緒は。
文句なく身体が動いちゃうんだ。心地好い方へ。

f0107724_8432550.jpgもっと語り明かしたい気持ちのまま、定時制の美味しい給食をご馳走になって帰ってきました。
(煮物と豆腐のお汁とご飯)

明日は宮古島です。
by teenspost | 2007-01-18 22:33 | ♪渡り鳥の旅みやげ

出会い、再会

13日(土)14日(日)と、とちぎ女性センター“パルティ”のアサーティブ・トレーニングのため宇都宮に行っていた。
宇都宮は、昨今、餃子の街、Jazzの街と呼ばれ、昨春の会報でも紹介した“正嗣の餃子”やら、Jazz Spot“近代人”とか、半世紀近い歴史を誇る面白い店がある。

老舗というものは、お客との適度な距離の取り方や誠実なサービスのあり方というものを学ばせてくれる手本だ。
そういう文化が脈々と息づいている街には、新しいものや異質なものも溶け込める許容力があるように思う。

f0107724_22484461.jpgさて、“パルティ”のアサーティブ・トレーニングはというと、穏やかな空気とほどよい距離の中で2日間が終了した。そういうときには、受講した人たちも会場を立ち去り難いようで、おしゃべりをしながら余韻を味わい、名残りを惜しんでいるようだ。

私も窓の外の晴れ渡る冬空を眺めつつ、ほっと一息をつく。
そんなとき、私の控え室を一人の青年が尋ねて来た。
「あれ、S君!」

そう、S君とは、秋に発刊した「こじれない人間関係のレッスン 7days アサーティブネス」の第一章のエッセイ(p.27)に登場する“笑顔のきれいな20代の青年”だ。
去年のアサーティブ・トレーニングで胸にぐっとくるS君のロールプレイが忘れられなくて、アサーティブ本を執筆するにあたって、私はその場面をなによりもまず書き下ろしていたのだった。

秋に出版されてから、そのことをS君に何とかして伝えたいと思いつつ、連絡先も本名も分からないため、どうしたものだろうと思いあぐね、はや四ヶ月が過ぎていた。
そんな話を今日“パルティ”のスタッフに打ち明けたところ、「それなら近いうちに、こちらから連絡をしてみましょうか」と言ってくださったところだったのだ。

そんなこととはつゆ知らず、たまたま今日、“パルティ”に来ていたというS君は、「一年ぶりです。僕は去年の参加者です。僕のこと覚えていますか?」と私の前に姿を現した。
思いもかけずS君に出会えた私は、「あなたに会いたかったのよ」と、すぐに本のことをS君に説明した。
思いもかけない事情にびっくりしたのは、S君の方だったかもしれない。

S君は、去年のアサーティブ・トレーニングを受講した後、高齢者福祉施設に就職し、他県に引っ越しし、いまは仕事を通じてアサーティブを生かしていると聴かせてくれた。

そばで、その様子を見ていた“パルティ”のスタッフの方達もみな驚くやら、一緒になって喜こぶやら…

ほんとうに、新年早々、なんということだろう。
アサーティブ・トレーニングをはじめ、各地の出前ワークショップのときには、参加者と一期一会(一生に一度だという思いをこめて、誠心誠意、真剣に関わる、一生に一度しかない出会い)を紡ごうと思っているのたが、それでも、思いがけず、再会があり、縁が生まれる。
そんな出会いをアサーティブネスは届けてくれる。
by teenspost | 2007-01-14 20:26 | ♪アサーティブ・ラボ

今日はスタジオ悠の定休日。なんだけど・・・
朝起きたら、例の夫殺人遺体遺棄事件で大騒ぎだよ、町田は。

スタジオ悠のすぐそばにフィールドワークにもよく使う美しい公園がある。
駅から徒歩圏で、水と緑あふれる、こんなに安らげる自然公園はめったにないよと、四季を通じてスタジオ悠の庭代わりにしていた貴重な場所だ。
かつて、冬の寒い日にクロと出会った公園でもある。
子どもたちの遊び場でもあり、小学校も隣接する、その裏手あたりに、物々しく蒼いビニールシートが張りめぐらされている。
朝からメディアが大挙し、上空ではヘリが飛び交う。

一方、朝刊を開けば、「納豆を食べればダイエットできる」とTV局がバラエティ番組で垂れ流したとかで、全国各地の小売店で納豆の売り切れが相次いで、メーカー各社は増産を急ぐが、依然として品薄の状態が続き、新聞に納豆メーカーの品切れのお詫び広告まで出る異常な事態となっている。

What's going on? どうなってんねん?
関西人は納豆食わんでー、って、そういう問題じゃなくて、
なんだかさあ。。。
フツーにさあ、さわやかな朝を迎えて、納豆ご飯でささやかな幸せっちゅーもんをさあ、味わうという、そういうさり気ない日常というものがさ、いきなり不穏な空気に包まれるっつーのが、“暴力”なんだよね。

でもね、この重い息苦しい空虚な無力感と絶望にのみこまれちゃうのがね、やばいのよ!
ほんと、ヤバいって!
だめだめ! あかんあかん! あきまへ〜ん!!

だからね、みんなでね、おバカ深く、軽やかにしたたかにしなやかに、やふぁらがんじゅう(柔らかで頑丈)に今日一日を生きようなっ!

めげそーになったら、クロちゃんのアニメやクロちゃん劇場でも観てちょーだい!

PCでアクセスの人は、右のピンクのネームカード「Funky-Kuro」をクリックするとリアルクロも現れますよ!
by teenspost | 2007-01-11 16:43 | ♪徒然Sawanism

大人って?

1月6日のイベントには、沢山の方に来ていただき、ありがとうございました。
また、温かい共感のメッセージを沢山いただきました。

「今日一日のあのパワー・エネルギーは何から出て、これから継続して何をするのだろうと、圧倒された一日でした。ありがとう。おつかれさま」という感想もありました。

もちろん、それは子どもの哀しみと、そこに耳を澄ますことで生まれるアサーティブな怒りのパワーです。
しなやかにしたたかに新しい次代づくりへと向かっていく希望です。

子どもと大人が“暴力”の本質を情緒的・知的に理解することから、新しい関係性を創り上げていく暴力予防SPAプログラムは、非暴力による非暴力の創造です。

ロビーでは「子ども時代に大人から言われたくなかった言葉」を書き込むボードが用意され、沢山の方がペンをとって参加して下さいました。
そこに書き込まれた言葉は・・・

*やればできる
*大人になればわかる
*ほんと子どもなんだから
*子どものくせに 、子どもはいいの
*あんたにかまっているヒマはない
*そんなんで社会に通用しないぞ
*音痴
*勉強しなさい
*キモい人
*あんたはひねくれものだ!
*おまえをつくって失敗した
*女(男)の子だったら良かったのに。
*本当にあんたはかわいくないね


ひとつひとつが、大人になってからも忘れられない言葉なのでしょう。
同じような言葉を言われたことがありますか?
今あらためて読むと、どんな感じがしますか?

♪人が何を言おうと、私たちは美しいと歌う1980年生まれ26歳のクリスチーナ・アギレラの「beautiful」という曲を当日会場で流し、大きな反響がありました。
父からの暴力に傷ついた子ども時代の家族の傷みや性差別の矛盾、ジェンダーを歌うことで、社会的弱者に共感のメッセージを送る彼女のHP(http://www.christinaaguilera.com/)からは、「beautiful」が映像付きで聴けます。

PVはこちらから
パソコンからのみ4曲観ることができます。(3番目が「Beautiful」)
by teenspost | 2007-01-09 17:31 | ♪スタジオ悠々日記

新春福袋SPA 平和の湯

今日一日が安心と安全ななかで生きられたなら
私は何を変えるだろう
何を感じ、何をするだろう。
どこに行くのだろう

今このときが安心と安全ななかで生きられたなら
私はきっと本当の私をあらわすことができる

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

新春を飾る映画「home」2003年、「白百合クラブ東京へ行く」2004年、「ライファーズ」2005年、「デック 子どもたちは海を見る」2006年…に続く今年のティーンズポスト新春福袋は、みんなで創り上げるSPA(Safer Peaceful Action=安全で平和な行動)プログラムです。

そういや、新春はどこも温泉が混雑しているとか。

そんなときこそ、1月6日(土)のSPAにどうぞ!
ゆったりのんびり安心の湯に浸かっていってくださいな。

当日のボランティアも募集中!!
朝9:00より心のお湯をたたえてお待ちしております。
初TINGOS!リハーサルは、10:00からですぜい。揃いのTシャツお忘れなく! 

なに? 久方ぶりで行き難いって、
水くせいなあ。。ぐたぐた言わずに、
富士山眺めつつ、ひとっ風呂浴びてっておくんなせい。ザバァァァ〜 ほーら、温まるよぉ〜詳細はこちら
f0107724_22141484.jpg

by teenspost | 2007-01-04 22:07 | ♪スタジオ悠々日記

ワイルドで行こう!

がしょー あけおめ ことよろ 2007
f0107724_165572.jpg

♪BGMは、SteppenwolfのBORN TO BE WILDで! ←クリックするとSteppenwolfのHPへ飛びます。そこで、audio/video samplesの「Born to be wild」をクリック! Steppenwolfはドイツの小説家、ヘルマン・ヘッセ「荒野の狼」にちなんだバンド名。“Born to Be Wild / ワイルドで行こう!”はハード・ロック史上不朽の名曲 。audio/video samplesからは「Corina corina」のライブ映像も観れるよ。しみじみ…
by teenspost | 2007-01-01 11:51 | ♪徒然Sawanism