奇跡などない

先週、公開中の映画フリーダム・ライターズを観た。
f0107724_233757100.jpg

米国西海岸で人種差別問題をきっかけにロス暴動が起きた1992年は、ティーンズポスト開設の年であるが、この物語はその2年後、1994年のカリフォルニア州ロングビーチの高校に着任したヒラリー・スワンク演じる新人教師エリン・グルーウェルと203教室の生徒たちとの実話を元にしている。

人種差別、貧困、暴力、薬物依存、家族問題…命がけの日常を送る14・15歳の生徒たちは、なにひとつ希望の持てない不安と恐れから、徒党を組み、憎しみに憎しみを返すことで自分を守ろうとし荒廃していく。
この現実を前に、諦めるだけで変化への希望を失った大人たちは、触らぬ神に祟りなしで向き合うことを回避していく。

だが、この新人教師は、銃と暴力の代わりに、差別と暴力という負の歴史に目を向け、「書く」という自由への闘い方を生徒に手渡し、そこから生徒たちは自分自身と世界を解き放っていく。

映画の中ではSPAワークショップでも使う米国の非暴力プログラムのアクティビティを行う授業場面も出てくる。
キング牧師の言葉をサンプリングした主題歌「A Dream」をはじめとするヒップポップや、生徒たちの書いた言葉でストーリーは綴られていく。

社会背景は異なっても、時代的にはティーンズポストがレターカウンセリングをはじめた時期と重なるため、私の中では一つひとつのシーンが深層の記憶とシンクロしていった。

実在するエリン先生(写真下 左端)は現在、「フリーダム・ライターズ基金」というNP0を運営し、教師のための教育プログラムやドロップアウトするティーンズの支援活動をしているのだが、「家族で学んだルールに対抗することを教えることが最も難しい」と語っている。

確かに、知らぬ間に家族で身に付けたルールに縛られていることを自覚することも難しければ、それに対抗できる考え方やコミュニケーションを学ぶことはとても難しい。

しかし、エリン先生はその難しいことに「書く」という表現を用いて挑んだ結果、
「生徒自身が学びとったことを家族に持ち帰り、親を再教育しはじめたのだ」という。
f0107724_1138497.jpg

世界中には、子どもという被抑圧者の立場に徹底的につき、子どもと向き合う関係性をつくり、子どもと学びあっている大人がまだまだたくさんいる。

そういう大人たちは決して結果を求めて安易な方法やお手軽なスキルを探したりはしない。

ただ、ただ、共に苦悩し,共に怒り、共に喜び、ともに歩むとき、思ってもいないことが起きるのだ。
それを人が「奇跡」と呼ぶだけだ。

Don't quit five minutes before the miracle happens.
The miracle will be repeated, one day at a time.
奇跡が起こるまで、五分でも放棄するな。
奇跡は、今日一日だけ、繰り返されるだろう。
(無名のアルコール依存症回復者の言葉より)

by teenspost | 2007-07-31 10:00 | ♪徒然Sawanism

f0107724_22455499.jpgおひさしぶり。3月以来の再登場!!
今日は、矢場とんのとんちゃんからバトンタッチして、ぼく、シャチボンがリポートするよ!
ボンホン♪
シャチボンはシャチホコの形をしたシュークリームだボンボン♪
新しい名古屋の名物だボーン♪

さて、前回の問題「ビーシ」ですが・・・(何のことかわからない人は、ひとつ前のログを読んでね)
全国的には「模造紙」といわれている紙のことだボンボン♪
紙のくせして、模造した紙なんてヘンだボーン♪

名古屋では文房具屋さんに入って、「B紙くださーい」と言わないといけないボンボン♪
B紙というからには、B版なのだろうという説があるが、実はB1より少し大きいサイズらしいボーン♪

いまネット辞書で検索したら、
もぞうし【模造紙】
化学パルプで抄造(しょうぞう)した上質の紙。表面は滑らかで光沢があり、印刷・筆記用紙や包装紙とする。元来は、明治初年に印刷局特製のミツマタを用いた局紙を欧州で亜硫酸パルプを用いて模造したもの


・・・とあるが、要は和紙に似せた洋紙ということらしい。

で、「B紙」で検索したら、「すべての辞書検索で該当する情報は見つかりませんでした」とのことだボンボン♪

きっと、名古屋語辞典じゃないと出ていないボーン♪

自分のしゃべっている日本語が当たり前だなんて思っちゃいけないボーン♪
特に、日常会話が機能不全な日本語【ねじれたり、閉じたり、思ってもいないこと喋っている】なら、アサーティブな日本語【シンプルな私メッセージ】のベンキョーでもしよみゃあ〜。

ちなみにシャチボンは、名古屋駅ビル地下一階の喫茶店「黐木(もちのき)」にいるボーン♪
姉妹品は「ボンミッソ」(八丁味噌ロールケーキ!?)だがね。
いっぺん遊びにいりゃぁせ!

アサーティブブログ第二回目アップしました。
by teenspost | 2007-07-24 22:59 | ♪渡り鳥の旅みやげ

名古屋場所とビーシ

f0107724_6213811.jpg大相撲名古屋場所が千秋楽を迎えた日、SPAワークショップ名古屋場所も盛り上がっていました!  どすこい、どすこい!!

以下、名古屋名物味噌カツの老舗「矢場とん」の人気キャラ「ぶーちゃん」(画像)がリポートするぶぅ〜

一日目のワークセミナー「しなやかに怒りと付き合う」の会場となった「つながれっと名古屋」交流ラウンジは沢山の方の熱気に包まれ熱かったぶぅ〜。
中盤、ウツ回復者のシゲさんが「ウツと怒り」をテーマにメッセージすると、会場の空気も和やかにほどけていくようだったぶぅ〜。

参加者の一人には10年前、17歳のときに初めて手紙を届けてくれたAちゃんが来ていて、
名乗られたサワン(八巻)は、「ああっ・・・・・!!」と、びっくり!!
お互い、初対面なんだけど、なんだか顔馴染みのような、初めて会った気がしないのが不思議だぶぅ〜。

最後に、サワンが「私たち、名古屋の“あみん”じゃなくて、東京から来た“とみん”でーす!」と駄洒落て、シゲさんとLet it be (2007日本語バージョン)をデュエットし、みんなの大合唱で一日目は幕を閉じたぶぅ〜。
なかなか歌詞に感情移入しないTINGOS!のために、来月のフェスタ用に急遽サワンが日本語詩にしたらしいが、名古屋でもトントン好評だったぶぅ〜。
ここ一番の取り組みだったぶぅ〜。

f0107724_2050319.gif二日目は、公募まもなく定員閉切りとなったというSPAワークショップだぶぅ〜。
このテーマへのニーズをひしひしと感じるぶぅ〜。

昨年開発したSPA(Safer Peaceful Action)ワークショップは、さまざまなテーマをとりあげ、そのテーマごとに、音楽、演劇、造形、創作詩…あらゆる表現を統合し、ナラティブセラピーで暴力という関係性の病を本質的に理解し、暴力にかわる対処と表現を他者とのつながりの中から創造していくものなんだぶぅ〜。
どえりゃあほど難しい言葉使っちゃったぶっ! どすこい。どすこい!

SPAワークショップの手応えは着実にパワーアップしているぶぅ〜。
信頼が信頼に触れ、勇気が勇気を励まし、気づきが気づきを呼び起こす…
それは、ワークショップからあふれ出る実りを、そこに参加する一人ひとりが、その場の力で磨いていく無尽蔵のエネルギーだぶぅ〜。

心から創りたいと願ってきたワークショップがいま実現できることに、感謝、感謝だぶぅ〜。

f0107724_992694.gif名古屋のみなさん、ほんとうにありがとうございました!!

*********

さて、恒例となりました名古屋ネタ。
クイズ「あなたも名古屋通!」のコーナーです。

はい、問題。
ビーシ
名古屋のワークショップでは、「ビーシ」を使いました。

さて、それは何でしょう?
ヒントは、「B紙」です。

愛知県出身、愛知県在住の方は間違いなく正解を言えるクイズです。

…ということで、正解は明日以降にアップします。お楽しみに。ぶぅ〜。
by teenspost | 2007-07-23 08:39 | ♪渡り鳥の旅みやげ

f0107724_21395670.gif前回のブログを読んでいてくれたのか、いや、思わず送ってくれたのか、沖縄と新潟からメールが届いていた。

●沖縄
◎台風は、スゴかったねー。
一日半も停電して、更にエアコンが台風で壊れて、まだ直らず。
沖縄の「なま」の夏を体験させてもらっている、、、。
じとっとして、暑い、、、。
はやくエアコン直んないかなー。

●新潟
◎また地震だ〜!私はケガも無く生きてます。
今回は今の所、ライフラインが無事でホッとしてます。
余震次第なので今後は分かりませんが、私個人としては前回よりはマシだ〜。

f0107724_21365516.gif◎今日 地震が ありました。私のところは、揺れましたが、ほとんど被害は なく 普段の生活を 送ることができています。
ティーンズポストへ 行くときに 使っている高速バスは、柏崎の駅前で お客さまを 乗せて行くので、つい2日前に 通ったところが 大変なことに なっていて、テレビの映像を みて せつなく思っています。(→画像付き)

自然のチカラの前にあって、人間は無力な存在であるけれど、抗えないものを前にしたときこそ、人間の持つチカラが真に輝くのかもしれない。

遠く離れていても、We are not alone.
by teenspost | 2007-07-18 21:40 | ♪スタジオ悠々日記

週末から沖縄の大型台風の被害を案じていたら、新潟の地震のニュースに驚いた。

金曜の夜の未来家族に来てくれたMさんは、どうしたろう?
会報に寄稿してくれたYさんは、どうしたかな?
f0107724_18583029.gifEくんはよく営業で新潟に行くと言っていたが・・・
長野のあの人は・・・と、一人ひとりを思い浮かべた。

案じるだけで、何もできないということは切ないが、
ただただ、ここで無事を祈り、心よりお見舞い申し上げます。

そういえば、先日、このクログや会報でも紹介した東京湾漁師のNPO「盤州里海の会」から「カイヤドリウミグモが大繁殖してアサリが採れなくて困っている。なにか情報があれば知らせてほしい」というメールが入ったときも、さっぱり役に立つことがなくて、これまた切なかった。。。

今日またメールが入って、「ご心配おかけしました。おかげさまで貴重な資料が多く集まりました」とのこと。
ほっと一安心すると共に、こうやって、いろんなところに自らの窮状を情報発信し、ヘルプを求める東京湾漁師の心意気に敬服する。
と同時に、そうやって情報を分かち合う人がいたことを知って、心が和む。

「十何年前のここの漁場はアサリ漁を行っていると足の裏では多くのカレイを踏む感触があり、鋤簾にはガザミ・イシガニ・車えびなどアサリとともに多く入りました。そんな海を取り戻すのが重要だと痛感しています。」という。

そう、ほんとうに私たちはいろんな生命と共にあるから、豊かなのだ。
自分にできないことがあるからこそ生き生かされ、
その上で、自分にできることがあるから生き生かされている。
by teenspost | 2007-07-17 19:03 | ♪スタジオ悠々日記

このところ、町田駅周辺は大型店舗が閉店に継ぐ閉店で落ち着かない。
切羽詰まった不況というよりも、どこか余裕の風を吹かせての突然のリセットが腑に落ちない。

つい最近じゃ、スタジオ悠利用者が愛用していた小さな手づくり弁当屋まで「コストが合わないからしばらく中止します」という。
食品を始め日常生活用品を手に入れる店がある日突然閉まっていたり、製造中止というのは、一方的にライフラインを絶たれるような心もとなさが漂う。

「ある日突然リセット」という無責任さが気になるし、そもそもそういう閉め方が出来る事自体、日常的にコミュニティとのつながりを創ろうとしていないという証だろう。

昨日は宇都宮のとちぎ男女共同参画セミナーで「絆を深めるミュニケーションとは」という今日的テーマをいただき、絆を断ち切る社会状況と、その元にある自分自身との関係についてお話しさせてもらった。

幅広い年齢層の方が参加していて、終了後、一人の女性が、もう十年前に出版した「ひとりでできる こころの手あて」の初版を差し出して、「いつか会えるものなんですね」と言って、サインを求められた。
ワークシートにびっしり文字が書き込まれていて、こんなにも使ってもらったことに、思わず本を抱きしめて感謝した。

宇都宮駅周辺でも、このところ大型店舗が相次いで閉店していて、「新幹線が走れば、みんな都心へ買い物に行くからね」とタクシードライバーが嘆いていたが、帰り道には、地元に根付きつつ、地道に誠実に逸品を提供し、全国的に名を馳せている餃子屋と洋菓子屋に立ち寄り、お土産を買った。

私たちの生活というものは、もっともっと地道な日常の営みの繰り返しや人と人とのつながりのなかでこそ支えられているはずなのだ。


そうそう、前回書き込んだCMについて、知人の女性からメールが届いた。

「いやー、私が広告代理店をやめたときの事がまざまざと思い出されました。
こういうCMを毎日作ってて、寝覚め悪かったですよーー。
世の中に嘘をつき続けて生きている感じでした」と。

その女性はいま各地で途切れてしまった絆やつながりを回復する仕事をしている。

しみじみ絆を創るということは、自分自身との誠実な関係からはじまる地道な作業の連続なのだと思う。

今日から、アサーティブブログをスタートしました!
地道な日常の営みの繰り返しや人と人とのつながりを一緒に創りたいと願う人、ぜひこの指とまれ!
f0107724_14365540.jpg

by teenspost | 2007-07-15 13:55 | ♪徒然Sawanism

明日の未来家族

♪明日という字は  明るい日と書くのね〜
♪未来という字は  未だ来ないと書くのね〜

いよいよ、明日の晩よりナイトケア未来家族2007がスタートです。詳細はこちら

思い返せば、1997年の梅雨に町田ボランティアセンター主催「こじれない人間関係入門」というタイトルの連続講座を金曜夜に開いたところ、40代50代60代の3人の男性参加者が、ある晩、旧スタジオ悠にやってきて、「これからも語れる場を引き続きやってほしい」という。

それじゃあと、ナイトケアをはじめたのが7月の第二金曜夜のこと。
「いままで一生懸命やってきたのに、なんで私はこんなに生き難いの〜」と嘆く若者たちのまえで、おじさんたちも、うんうん、わかるわかる…と頷き、年齢性別をこえて、素の私を語る言葉を得て、分かち合うグループワークが生まれたのでした。

それは、スタジオ悠が誕生してまもない日のこと。
これからどうなっていくのだろうと暗中模索だった時に、現在のスタジオ悠に続く道が開かれていった忘れられない出来事です。

そして、明日12年目に突入です。
f0107724_983224.jpg

そういや、みなさん、スタジオ悠で最近話題のCMをご存知ですか?

和漢箋-ロート製薬

息子は帰宅するなり「ねぇ、お母さんこれも洗っといて」とジャージを母の顔に投げつける、
夫は「静かにしてくれよ」と寝転んで背を向けてTVを観ている、
そんな状況で心の中のいじめっ子のナレーションが女性にささやく。
「なぜかちょっとしたことでイライラ…。そして落ち込む…。」

こうして、知らぬ間に怒りをのみこんで自分を責めてきた女性は少なくない。

そこに、このCMです。
女性が発した言葉は、「えー?!」「これって、更年期?!」「もぅ〜まったく〜」・・・だけなのに、
「なかなか人にはわかってもらえない。漢方の力で内側から改善。上手に付き合っていきませんか?」とささやくナレーション。

視聴者が自分を責めるほど、思うドツボに落とす手法。
去年、ブログに書き込んだ「お姉さんはずるい」烏龍茶CMに匹敵するおぞましさじゃ、あ゛ーーー!

この口封じの構造的暴力への対処が、感じるべき怒りを抑えるクスリやニコニコ笑って何でもないフリするアディクションしかないんじゃ、哀しすぎます。虚しすぎます。

遅ればせだっていいから、怒ろう! 
時間差あってもいいから、嘆こう!
怒りも嘆きも表現できる安全な場所で、
語る言葉を得て、セルフケアとアサーティブネスしようよ!

写真は今年も9月にワークショップ開く北海道伊達赤十字病院屋上から見た夜景
by teenspost | 2007-07-12 09:14 | ♪スタジオ悠々日記

Like a motherless child

7月7日は「女性のための非暴力SPAプログラム」がスタートし、夜は「七夕ライブ」というエキサイティングな1日だった。

「女性のための非暴力SPAプログラム」は、自分自身や自分の祖先の女性たちを語ることから自分探しがはじまる。
あなたの祖先の女性たちの生育環境とは? 言語・宗教とは? 文化的背景とは?…

そういや七夕伝説の織姫の母のように、父権制のなかでは女性の存在は希薄だ。
存在感があるとしても、時に聖母か、あるいは、ダーティワークを担う鬼のような酷い存在であったりするだけで、そのリアルな姿は見えない。

いずれにせよ、自分を語らず、誰かの出先機関のような母親や祖母は知っていても、家族の中で女性が自分自身のセクシュアリティや人生を語り継ぐ場面は少ない。
学校で学ぶ歴史だって男性がなにをしたかという話ばかりだし、多くの人は、女性性を尊重したり女性の文化的継承に誇りを持つ機会のないまま育つのだ。

♪   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

ふと黒人霊歌"Sometimes I feel like a motherless child"を思い起す。

Sometimes I feel like a motherless child  時には母のない子のように
A long way from home 家から遠く離れて
Sometimes I feel like almost gone 時にはもう戻れない気がする


邦題「時には母のない子のように」(その昔、カルメンマキが歌ったのは寺山修司作詞の同名異曲)は、奴隷制度によって自分の母国語や文化から隔離されて、文化的継承を断ち切られた黒人たちが、その哀しみの中からいつか報われる日がくることを祈る歌だ。

♪   ♪   ♪   ♪   ♪   ♪

さて、その夜の「七夕ライブ」では、ビートルズの歌を多く使った。
ビートルズのポール・マッカートニーとジョン・レノンが出会ったのは、いまからちょうど半世紀前の1957年7月6日。
場所は教会で行われたジョンのバンドのコンサート会場。
ポールは15歳、ジョンは17歳。ふたり共、母のいない子どもだった。
f0107724_803632.jpg

「母のない子のような」子どもままでは生き難いけれど、「母のいない子」はその喪失の分だけ、他人に出会い、創造的で自由だったりもする。



追記
昨日、愛用のメガネを亡くしてしまい、一日中探したが見つからない。
夜になって、もう一度自室を探しまくったら、買ってから一度聴いたっきりどこかに紛失してしまい探すことも諦めていたCDを見つけた。
そして一晩あけたら、メガネもあっさり見つかった。
…そんなものかもしれない。
by teenspost | 2007-07-09 08:50 | ♪徒然Sawanism

f0107724_20431413.jpgハーイ、エブリバディ!
スタジオ悠のピアサポート・ブートキャンプへようこそ!

さあ、みんなで力をあわせて、コミュニケーションの筋肉をつけて、体重よりも情緒をシェイプアップするんだ!

そこで自分イジメしてぐるぐる廻ってる、キミ。
アップ、ダウン、アップ、ダウン!

f0107724_23225750.gifおやおや、そこのお嬢さん、また後ろに戻っちゃったのかい?
ヘイ、回復は戻ることもあるんだぜ!
ネバーギブアーーーーーップ!

カウント! カウント! カウント!
ワン、ツー、スリー、フォー…12ステップ!

グーッド、ジョーーーブ!!

このプログラムで、きみも機能的な生き方を笑いながらゲットできるぜ!!

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  

・・・・というノリで、毎日さまざまな人が足を運び、その中で事務局業務、プログラム運営、ピアサポート提供をしているスタジオ悠に、遂に、待望のピアサポーター3人組がデビューいたしました。ジャーン!!
f0107724_20382848.jpg
これからNot Alone Festaなど、夏のイベントも続くなかで、日替り交替で、スタジオ悠を居心地いい空間にしようと、それぞれパワフルで個性的な助っ人です。
左から、まきちゃん、さっちゃん、やえこ。
by teenspost | 2007-07-03 20:48

境界線って、なあに?

昔、子どもの頃、友だちが家族旅行へ行ったり、友だちが田舎から送られてきた初物のサクランボを食べたり、…うらやましい話を耳にしては、家に帰るや、「◯◯ちゃんち、いいなあ…」と母に話すと、母は言った。
「およそはおよそ。おうちはおうち。」

あれは、幼い私にとって、ひとつの境界線のお勉強だったように思う。
まだ、すべての家にテレビも電話もそろっていない時代だった。

だけど、だんだんみんなが同じものを所有するようになると、
「みんな持っているんじゃ、うちだけないのはかわいそう」とか、
「じゃあ、うちも買おうか。今度のボーナスで」なんて話になっていったのかな。

タイの山岳地帯の村でも、電気が通ってテレビが入るようになると、大人も子どもも画面に映し出されるモノが欲しくなって、隣の家と比べるようになるらしい。
すると、娘を売ったり、犯罪も増えるという。

「およそはおよそ。おうちはおうち。」
「私は私。他人は他人。」


という「境界線」の感覚は、他者と共に生き、自立していく時に欠かせない。
やがて大人になって他人との深い関係を継続して育むときに欠かせない。

身体的、情緒的、知的、経済的…と境界線には様々なものがあり、それが壊れると傷つけあったり、こじれたり、暴力・虐待につながる。
子どもの健康な境界線は、境界線を持たない大人によって無意識のうちに損なわれるのだ。

いま、自立の問題や家族問題を読み解くキーワードが「境界線」だ。

にもかかわらず、こんなに情報が満ちあふれているのに、この大切な情報がまったくといっていいほど、伝えられていない。

2005年10月に沖縄那覇のおきなわ女性財団「てぃるる」で、DV問題の支援者研修を行った時の講演録がとても好評で、今回、さらに広く沢山の方に読んでいただこうと、新たに加筆し、ティーンズポストのボランティアに手伝ってもらい、一冊のブックレットを刊行した。
f0107724_1581718.jpg
これ以上、家族が傷つけあうことはない。
人と人とがここちよく安心して暮らしていくために、ぜひ、読んでください。

八巻香織 講演録シリーズ Vol.2 
境界線って、なあに?
  〜私からはじめる暴力予防〜

他者と自分を分ける境界線ってなんだろう?
境界線が損なわれるのは、どんなとき?
境界線がわかる決定版ブックレット!
500円 HPからもご注文いただけます。

by teenspost | 2007-07-02 09:37 | ♪スタジオ悠々日記