花はどこへ行った?

f0107724_902840.jpg

「花はどこへ行った」(原題 Where have all the flowers gone?)は、作者のピート・シガーをはじめ、ジョーン・バエズやPPMや、最近では清志郎やミスチルも歌う世代を超えて受け継がれてきた歌だ。
 花はどこへ行った? 少女たちがつんだ。
 少女たちはどこへ行った? 若い男のもとへ。
 若い男たちはどこへ行った? 兵士になった。
 兵士はどこへ行った? 墓場へ。
 墓場はどこへ行った? 墓場は墓場となった。
…久々その歌詞を思い起す出来事があった。

ある日、ひまわりの花が根こそぎ切りとられていたのだ。
そう、このところ、このブログに写真をアップしてきたひまわりである。

川辺の橋のたもとのただ夏草がはびこるだけの空き地に、近所の心ある方が、フェンスに沿ってひまわりを植えてくださったのだ。
そのひまわりはすくすくと伸びて、お盆前から大輪の花を開き始めたところだった。

いったい、なにがあったの?

時折、報道されるチューリップ泥棒などと同じ類いの悪戯かと一瞬思ったが、一本残らず根こそぎ刈られたひまわりの傍のフェンスには、「この土地は東京都のものです。不法に侵入した場合は警察に通報します」という警告が掲示されていた。

背丈ほどの雑草が生える空き地に、花を植えるのが、不法侵入なのか?

穏やかならぬ事情が感じられるが、真相はわからない。

それにつけても、このところ、他人の言動に寛容じゃない空気がいたるところに立ち込めている。
相手の言動を悪意にしか取れないということは、それくらい、自分自身を容赦なくいじめ管理する自己処罰の嗜癖が満ちているということだ。
それは、自分だけが正しいところに立とうとする暴力の温床だ。

日本各地を旅していると、地球温暖化のせいだけではなく、なんだかこのところ、「人間関係のオゾン層破壊」とでもいうべきか、照り返しがキツくて、他者や「自分とは異質なもの」への寛容さがなくなっているようだ。

こんなときほど必要なものは、
相手に過度な責任を問わず、自分も過度に責任を負わない、
ままならないものを受け入れる自由。
思うようにならなくてもOKな自己信頼。

ちなみに、「花はどこへ行った?」の原詩、最後のフレーズは、
When will they ever learn?
いつになったら、人は学習するのか?
by teenspost | 2008-08-23 11:57 | ♪徒然Sawanism

「どうして、大人って行きたいところへ行けるの?」
4歳の男の子に質問された。

「それって、どういうことかな?」と聞き返してみたところ、
大人は電車やバスに乗ったり、降りたり、乗り換えたり、てくてく歩いたりして、目的地に辿り着けることがどうにも不思議で仕方ないらしい。

「そうかあ。。。大人もね、道に迷ったり、方向音痴っていって、自分の進む方向がわからなくなったりするんだよ。でもね、どこにいくのか、自分で決めることができるんだ。そして、どうしたらそこに行けるか、考えて、自分で選ぶのね。分からない時には調べたり、誰かに聴いたり、いろんなところへ行ってみたり、そうするとね、行きたいところへ行けるんだよ」と、答えた。

男の子は、まだ不思議そうだった。
その男の子がどこに行きたいと思っているのか、聴くのを忘れたなと、後になって思った。
今度、チャンスがあれば、聴いてみよう。
f0107724_902840.jpg

夏休み最後の8/30(土)Not Aloneセミナーを開きます。
毎年8月と言えば、Not Aloneフェスタの季節だったけど、今年は、AC回復者で内科医のマサをコーディネーターに、じっくりまったりと、「フェロー・トラベラー」という回復の旅仲間ともいうべき新しいピア同士のパートナーシップについて学び合います。
5月のTEENSPOSTセミナーに続き、できたてほかほかの翻訳テキストを用意しています。
遠隔地の方もぜひ、どうぞ。
定員30名。ただいま若干空席あります。くわしくはこちら
by teenspost | 2008-08-18 09:08 | ♪徒然Sawanism

静かなお盆

静かなお盆でございます。
f0107724_21244877.jpg
今はあまり聴かなくなったけれど、地方の旧盆では、そんな挨拶が交わされる。
町田市は東京都内にあるけれど、家々によっては、7月に行うところと、8月の旧盆に行うところがあって、ふた月に渡って盆飾りや送り火を見かけたりする。

同時に、町田市は代々ここに住んできた家族より、外から流れ着いてきたいわゆる「新住民」の家族が多く、8月の旧盆の時期は正月と同様に帰省の時期で、車も人出も少なくて、空も静かに澄み渡る。
心なしか、風の中に秋の匂いを感じ取る。

そうそう、先日、このブログに書いたクレープ屋さんのお姉さんから「店頭に置いておいたPRグッズが人気で、なくなったしまった」とリクエストの電話が入った。
まゆみさんがさっそく届けにいってくれたらしい。
有り難いことだ。

静かなお盆の今週も、NACミーティングはいつもどおりあります。

盆の時期、この辺りじゃ家の角にきゅうりやナスでつくった 精霊馬が置かれているけど、沖縄ではサトウキビを立てかけると聞いたことがある。
盆踊り、阿波踊り、そして沖縄本島ではエイサー、石垣島へ行くとアンガマとか、各地で芸能も盛んな季節だ。
リズムと音楽と踊りと笑い…世界中どこでも、癒しの基本です。

そんなわけでもないが、週末土曜日には、京都の子育てステーションぽろろんから友人で音楽療法士の伊藤美恵ちゃんを招いて、西のミエ、東のサワンといわれる珍獣(?)漫談ショー付きミュージックセラピーがあります。
くわしくはこちら

静かなお盆に楽しく、いい汗をかきましょう!
by teenspost | 2008-08-11 21:17 | ♪徒然Sawanism

夏休みのティーンに向けたキャンペーン「木陰をつくろう!」では、たくさんのボランティアによる「ライ麦畑プロジェクト」が、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地で大活躍!

可愛いピンクのクロちゃんナースのPRパンフ(おみくじ+絆創膏付き)を、街のビデオ屋、CD屋、カラオケ、ゲーセン、クレープ屋、ファーストフード店、コンビニ、古本屋、ユースホテル…ありとあらゆるところにゲリラ的に出没しては、一軒一軒交渉し、片隅に置いてもらう作戦は大成功!
058.gif暑い中をほんとうにありがとうございました!

f0107724_21562793.jpg先日、その一人、マユミさんから写メが届きました。
「こんにちは。昨日、今日で2ケ所でグッズを置いていただきました!一つはビルの中にあるカラオケボックス、もう一つはクレープ屋さんです。クレープ屋さんのお姉さんはいろんなことを質問して、早速お店の壁に貼ってくれました。嬉しいものですね。」

ティーンの居場所となっている店舗で働く人たちは、みな日常的にティーンと関わっているせいか、すぐに関心を持ってくれて、とても協力的です。

また、さっそく手にしたティーンたちのリアクションも、「わー、可愛い」「シュール!」「誰が考えたの?」とか、かなりの評判!

さて、これからの夏休み、各地でまいた種が、トトロの大木の如く、ぐんぐん伸びて、各地で木陰を広げてくれることでしょう。

夏休み、楽しんでね!
困ったことがあれば、ライ麦畑の木陰で、いつでも待っているから。
by teenspost | 2008-08-06 22:09 | ♪徒然Sawanism

TEENSPOSTは先日、ドコモの市民活動助成から「ティーンのこころとからだを応援するネット保健室」プロジェクトへの支援が決定し、来年に向けて携帯サイトをリニューアルする。
f0107724_11311470.jpg
レターカウンセリング思春期相談室ティーンズポストを開設してはや17年。
書くということが自己解放・自己回復の大きなチカラになることには変わらないが、21世紀に入って、子どもから大人までがパーソナルな携帯電話を手にすることで、インターネットが生活の隅々に入ってきた。(写真は、高校生のオリジナル携帯手づくりアート)
メディアは常に変化する。
その中で、ティーンに向けた携帯サイトを制作してきたわけだが、
ここへきて、アクセス制限するフィルタリングや子どもの居場所やアクセス履歴を親がパソコン上で閲覧できるサービスやら、大人が作り出した世界が危険だからと、安全な世界をつくるために、大人が子どもの境界線に侵入するという皮肉な現象が起きてきた。

そもそも、大人自身がそんなえらそうなこと言えるほど理解しているのか?と思うほど、通信機器の発達は急速に進んできたわけである。

f0107724_11212616.jpg「12歳からのインターネット  ウェブとのつきあい方を学ぶ36の質問」という本を読んだ。
著者は1981年生まれということだが、このあたりの世代から発信された情報から学べることは恵みだ。

いかに大人が誤った知識や無知ゆえに、自分自身を信頼できず、その代償として子どもを信じずコントロールしているか、ということを事実としてきちんと伝えつつ、子ども若者に向けて「今の大人たちより成長して、豊かなコミュニケーションをつくろう!」と呼びかけるスタンスは、いまTEENSPOSTで制作中の非暴力プログラムの指導書とも重なる。

真実を知れば、人は成長するものだが、真実を知らない大人は子どもに真実を伝えられない。そのかわり、「寝た子を起こすな」と真実に目を背けさせて管理する。
かくして、ジェネレーションギャップは深まるばかり。

この構造は、暴力、差別、性教育も、家族問題も、すべて等しく繰り返されてきた。

この悪循環を喝破するのが、「リテラシー」という「読み解く力」だ。

新たな携帯サイト作成プロジェクトでは、ゆたかな関係づくりのためのメディアリテラシーとエモーショナルリテラシーを発信していきたい。

また、今日からは、女性のための非暴力SPAプログラムがはじまる。
2年目となる今年も、あっというまに参加者が集まった。
大人たちこそ、安全で豊かな関係をつくるために、ほんとうに必要な情報と真実を謙虚に学ばなければならない。

危険な世界は、知ることも語ることも許されない。
知ること、語ることから、安全な世界をイメージしよう。
by teenspost | 2008-08-02 11:33 | ♪徒然Sawanism