アートはウィールス

PETA(フィリピン教育演劇協会)の4日間ワークショップには、北海道から,関西から、各地の医療・福祉・教育・自助グループ関係者が集り、パワフルなアートワークが連日繰り広げられた。
f0107724_817653.jpg

PETAは、1967年に設立されたNPOで、社会的な題材をテーマとしたオリジナル演劇の公演とともに、各地のコミュニティに入りこみ、常に弱者の側に立ち、それぞれの問題を歌や劇や造型表現によって掘り起こし、表現することでエンパワーする草の根活動をしてきた。
内戦やDV等の暴力に傷ついた子どもたち、日比混血児やストリートチルドレン、貧しい農村やスラムに暮らす人たち、そこでの支援者、を対象に国内外で数多くのワークショップを展開してきた。

今回フィリピンから招いたボンさんは、大所帯のNPOの企画運営リーダーとして屋台骨を支えると同時に、一級品のワークショップを提供する名コーディネーターの一人でもある。

からくり箱のように次々と展開していくワークの中では、誰もが心の壁をほどいて、自由に解き放たれていく。

あれさえあればこれができるのに、とか、あれがないからこれができない…という硬直したアタマではなく、限られた資源と時には絶望的な環境の中でも、個々の内にある資質をフルに引き出し、さらにそれを他者と共に分かち合い、つなぐことで、現実に向き合う勇気と理想をイメージし、非暴力を描き出していくアート。
それは、無力感と絶望から、変化への希望を紡ぎだしていく。

ボンさんはいう。
「アートは人と人とをつなげるウィールスのようなもの。
アートは世界へとつながるもの」
「希望に出会いたければ、生きろ」と。

この4日間で感じた空気が各地に持ち帰られて、さらに空気感染するといい。
それは、病や暴力を超えていく喜びのエンパワーメントだ。 
by teenspost | 2008-09-24 08:27 | ♪徒然Sawanism

雨の日の休日は…

f0107724_2104585.jpgこの秋の初連休は雨模様のところが多いようだ。
連休とか言うと、あっちもこっちも混んでいるのに、行楽地に出かけなければ楽しめないというのも、なんだか淋しいものがある。
特に「子どもサービス」とか言われて、人ごみ・人波の中を歩かされる子どもなんていうのは、実は「大人サービス」している以外のなにものでもないのである。

それくらいなら、子どもに「どうやったら、楽しめるの?」って大人が聞いてみればいいんじゃないかと思う。

足元に生えている花だって、いろんな楽しみ方があるものだ。
サルビアはガクをちゅーちゅー吸って蜜を味わったし、ホウセンカは真っ赤な花びらをつぶして、爪にのせて絆創膏で押さえて一晩眠ると、愛らしい朱色に爪が染まっていた。
朝起きたらどんな色になるのかと、眠っている間も楽しめたものだ。
翌朝、朱に染まった爪で、まんまるの砂ダンゴをつくり、木の葉や木の実とともにきれいに盛りつけするのも、時間を忘れて夢中になれる遊びだった。

f0107724_2135632.jpgそうそう、その砂ダンゴ遊びを思い起させるような、パンづくりの素をスーパーで見つけた。
パンづくりも発酵から始めて、いろんな生地をつくるのも楽しいけれど、もっともっと手軽に幼児が大人の手を借りずに粘土遊びのようにタネをつくれるのだ。
手軽さだけでなく、ポンデケージョのような食感とともになかなか味わえる代物。

さて、この週末から23日までフィリピン教育演劇協会のファシリテーターを招いて,東京ウォーターフロント夢の島で4日間のワークショップをやる。
全国から医療・福祉・教育・自助グループ関係者が集まる暴力予防支援者研修なのだが、人と人とが集って、無為の時間の中でモノを創りあげ、さりげない日常の中の喜びや楽しみを分ち合う。

何が起こるかわからない、何の意味があるのかもわからない、時間なんか忘れて楽しむとき、人は自分自身を限りなく慈しみ、自分自身とゆたかに対話しているはずだ。
それは、なによりの暴力予防につながるものだ
by teenspost | 2008-09-19 21:36 | ♪徒然Sawanism

十五夜のエイサー

f0107724_23153957.gif今年のフェスタまちだには、恒例の沖縄市から諸見里青年会のエイサーがやってきた。
1日目から、いきなり、きたきたきた。
一瞬で邪気が吹き飛び、浄化されるような迫力。
f0107724_2154080.jpg

2日目の今日は十五夜だ。
f0107724_21605.jpg

沖縄の知人のKさんが「諸見里青年会のエイサーが発するオーラは凄まじいもの」という前情報どおり、言葉もなく見とれてしまう。

毎年この時期、沖縄市から各地のエイサーを招聘している町田では、老若男女ファンもずいぶん増えたけれど、この踊り手たちが10代から20代前半の若者であり、それぞれのコミュニティの中から生まれてくる独自の伝承芸能であることをどのくらいの人が認識しているのかと思う。

どんなに頑張ったって、大人には出せない響きと躍動。
若さという混沌。若さという脆弱。
若さという矜持、若さという品位。
紛れもない正真正銘の思春期のエナジーを体中に浴びて、西の空に満月を眺めた。

沖縄の諸島部では、強力な台風が吹き荒れて、石垣島では観測史上最大の豪雨となっているらしい。
これから、沖縄本島・九州・四国へと動くとか。
どうか無事でありますように。
by teenspost | 2008-09-14 21:32 | ♪徒然Sawanism

カルタでカタルシス

物心ついたときから、やらなきゃなんないことが山積みになるほど、おもしろおかしいことが浮かんでくる質であった。
それが、一見なんの役にも立たないような,無意味なことであればあるほど、情熱が込められ、やらなきゃなんないこととのバランスをとっているような感もある。

今月末までとっぷり、翻訳テキスト制作に取り組まねばならないのだが、それはそれで面白い作業でありつつ、同時並行でいろいろと手を広げている。

そうなってくると、もう無意味なことをして遊びたくてうずうずしてくる。
f0107724_22512884.jpg

で、犬棒かるたのパロディ等をつくりはじめては喜んでいる。

そもそもは、NACのメンバーが回復のアファメーションを制作しているのを横目で眺めていたところ、あまりに生真面目で、どこぞの教義みたいではないか。
「深刻」は身体にも心にもよくないので、笑い飛ばせるような言葉を考えないか?

そう提案するうちに…

 意思の上にも3年寝太郎
 論より行動ステップ3
 花よりゴン太くん、できるかな?
・・・
 強がりは依存症の始まり
 否認かくして、尻かくさず
否認に口なし、、でもいいか。

…なんて具合に遊び始めてしまったわけなんだね。

さて、連休前にニューズレターと悠カレンダーが完成します。
今回は最新の印刷機で出しますから、ちょっとちがう。お楽しみ。

連休明けには全国発送です。
火曜・水曜はその山場。
ボランティア大募集でーす!

カルタ言葉でも作りつつ。
by teenspost | 2008-09-11 23:11 | ♪スタジオ悠々日記

あなたと秋と音楽と

昨夜のTIngos!お月見ライブは、月夜の晩に太鼓で踊るがテーマでした!
主役は、この方・・・
f0107724_1550614.jpg

ジャンベ・ラハシー君です。

ジャンベ・ラハシー君はアフリカの生まれ。
今年日本に渡ってきましたが、持ち主のラハシーは、このジャンベ君を手にしたとたん、しばらく発熱し寝込んでしまったとか。
一説には、ヤギの皮を使っていることによるヤギの祟りではないか・・・なんて噂も飛び交いました。

ジャンベ・ラハシー君は、ほんとにいい音、いい響きを出してくれます。
ひきこもりも、依存症者も、心地よく踊り出します。

「今晩はよく眠れそう」という声も聴こえました。

東南アジアの伝統医療では太鼓がよく用いられます。

人と人とのつながりが切れると様々な病を患うけれど、人の輪の中に入れて、可笑しい芝居で大笑いし、太鼓のリズムにのって踊っていると、正気や元気を取り戻せると…WHOからも健康維持や再発予防のプライマリケアとして注目が集まるだけのことはあります。

切ったりハッたり検査漬けになったりでは、どうにもならないこともあるんです。

さて、秋といえば、アイルランド音楽家守安功さんからメールが届きました。

///////////////////////////////

今度、アイルランドからフィドルの名手、アントン・マガワンさんをお招きし、ツアーを行います。
アントンさんの家は、「ケーリー・ハウス」と呼ばれる、人々が集い、ダンスや音楽を楽しむ、アイルランドの古い伝統を今に残す場所として国中によく知られています。

演奏のみならず、さまざまな貴重な証言や、楽しいお話も交えて、ひと時、心からくつろいでいただければと思っています。

/////立川 ロバハウス///////
Tel 042-536-7266
http://www.roba-house.com/live.html#06
9月20日(土) 1PM 〜 4PM 〜
9月21日(日) 11AM〜 2:30PM〜

2日間で4回公演
前売り 4000円 当日 4500円

特別ゲスト アントン・マガワン

会場のロバハウスは、妖精の館のような、とても不思議な空間。
4回公演それぞれの回の、お客様の顔ぶれと反応に合わせて、
曲目を変え、1回かぎりのかけがえのない時間を、
みなさんと共有したいと思います。

/////西荻窪サンジャック///////
http://pomkn.cocolog-nifty.com/kikaku/2008/07/paddy_bridget_f43c.html
sjnisiogi@gmail.com

9月18日(木) 6:30PM 開場 7:30PM 開演
ゲスト アントン・マガワン (英語名 トニー・スミス / フィドル)

11月6日(木) 6:30PM 開場 7:30PM 開演
ゲスト ショーン・ライアン(ホイッスル、歌)

チャージ 4000円+ワンドリンク

by teenspost | 2008-09-07 16:13 | ♪徒然Sawanism