寄り添い味方する人の力

午前中、NACメンバーのXちゃんからメールが届いた。
新しく働きはじめた職場で、本採用になると決まったとたん、寝耳に水で当初と違う雇用条件が示され、「働き続けたいけれど、その条件じゃ生活が出来ない。辞めるしかないのか」という内容だった。

この数年、若者たちの労働状況がおかしくなっていることをあちこちで痛感してきたが、これは明らかな違法行為である。

権利侵害というものはいつも、理不尽な扱いを受ける側が、それだけでもダメージなのに、いざそれを正当に主張しようとするとき、さまざまな圧力や不要な負い目によって押しつぶされそうになるものだ。

そのしんどさに耐えきれずに、泣き寝入りしたり、自分をなだめて胸の内にしまったりする人も少なくない。

だけど、そうすることで、自分自身の価値を自分で低めてしまう。

そのやり場のない傷みは、自分に向ける暴力となるかもしれない。
恨みや憎しみを自分自身に向け、さらに弱いものへと向けようとすれば,暴力の連鎖が生まれる。

思い起せば、私だって、さまざまな場面で、思いもかけず理不尽な出来事に遭遇したことがこれまでに幾度となくある。
そのたびに、投げ出したいほど、しんどい思いに打ちひしがれた。

でも、そんなとき、そういう私に寄り添ってくれた人、味方してくれた人々が傍にいた。
ある人は話をただ聴いてくれた。
ある人は新しい智慧を与えてくれた。
ある人は暗闇の中に希望を示してくれた。
ある人は寄り添うことで勇気をくれた。

私がかろうじて投げ出さず、当たり前のことを当たり前に主張することが出来たのは、そういう他人の存在があったからだ。
その他人の力を私が探し求め、そして、ありがたくいただいたからだ。

その結果がどうであったかというよりも、そういう他者の力を得て、理不尽な出来事や困難な現実に向き合うことで、私の自己信頼は確かに培われていったと思う。

Xちゃんのメールには、いくつかの情報とともに私の体験も含めて「他人の力を借りるように」と返信した。
f0107724_22133572.jpg

10/25(土)から2日間、横浜を会場にサンフランシスコから招いたポール・キベルさんの非暴力支援者研修が行われた。
ポールさんの暴力予防プログラムに心から私が共感したのは、権利侵害や暴力を受ける人に寄り添い味方するアライ(Ally)をつくるトレーニングが暴力予防の焦点となっていたからだ。

ポールさんは言う。
「暴力の対極にあるものは、手を差しのべることだ」と。

他者を求める手、他者に差し出す手、それぞれに。
by teenspost | 2008-10-27 22:32 | ♪徒然Sawanism

大改造ビフォ→アフター

はやいもので、ティーンズポストは17歳。
信じる空気の中で人と人との関係を紡ぐ場所づくりをはじめて、このスタジオ悠も12歳になりました。
まさにティーンズですね。
f0107724_1720752.jpg

◎●周年記念、とか、◎●設立記念イベントみたいなものは、性に合わないので一度もやったことがないのですが、心からこの居場所を慈しむイベントをやってみたいと、1年がかりで考えて、ついに実現することとなりました。
国立のプランターコテッジ(写真)主宰の現代美術家小池雅久さんを迎え、街中の美容室から、離島や山奥の廃校までさまざまな空間をアートによって、関係性をつむぐ空間へと再生してきたこれまでの作品、お仕事について、写真を見ながらお話をうかがい、12 年目を迎えたスタジオ悠の改装プランニングへとつなぐ参加型ワークショップを行います。

小池さんは言います。

■私たちの仕事は『場づくり』です。
 『場づくり』とは、モノやコトやヒトが必要とする関係性を、考えること。つくることです。

■現在の私たちの『場づくり』は、大きく2つに分けることができます。
1:住宅・店舗・庭など、姿や形のある『ものづくり』から始まる『場づくり』
2:展覧会・イベント・ワークショップの計画や企画・運営など、『ことづくり』から始まる『場づくり』

■活動のテーマと目標
1.「誰からもダメージを受けない、誰にもダメージを与えない、計画と実践」。その為には、『一緒に考え一緒につくること』がとても重要です。
2.私たちが生きる為に欠くことのできない 「創造性の追求と失われた創造性の回復」を目指します。『自分から気付く』『自分で考える』『自分の意思によって次への行動が始められるようになる』ことが可能になるはずです。


ここから来年二月完成を目指して、スタジオ悠では利用者が力を合わせて、居場所づくりのプロセスを歩みます。(写真下は国立市の住宅街の古民家を改造して作られたフリースペース「プランターコテッジ」内部)
そう、空間づくりの非暴力ワークショップです。
f0107724_17201915.jpg

TEENSPOST開設17年記念
スタジオ悠オープン12年目★特別企画★
スタジオ悠 大改造ワークショップ
彫刻家 国立プランターコテッジ主宰 小池雅久さんを迎えて
わたしたちの居場所づくりアート★ワークショップ
11月12日(水) 10:30〜16:30
サポート会員・NAC会員 参加費 500円
小池さんのウェブサイトはこちら
by teenspost | 2008-10-20 17:26 | ♪スタジオ悠々日記

今日、手を放す

非暴力プログラムの指導書を本日無事入稿した。
原著者のポールさんはもうじき来日。
11/25-26の横浜での支援者研修を皮切りに、
11/1はゲイコミュニティで、
11/2-3は沖縄首里でのワークショップが待っている。
お問合せ・申込みは講座申込みフォームより
f0107724_23504676.jpg

/////「あとがき」より//////
この原書に初めて出会ったのは、2003年の秋、場所は米国ミネソタ州にある依存症回復施設「ヘイゼルデン」であった。
その前年にも、WAM(独立行政法人福祉医療機構)助成「アルコール家族の子どもケアプログラム事業」の一環として、同施設にてスタッフ研修をしているのだが、その翌年、さらに子どもの暴力問題の本質的解決に向けて新たな道を探すべく再訪したその帰り際に、一人のアフリカ系思春期カウンセラー、デリックさんから「これはいい本だよ」と勧められたのがこの「Making the Peace」だった。

デリックさんは薬物依存症の回復者カウンセラーで、全米の高校をまわって高校生たちに依存症の予防啓発プログラムを行っているのだが、ダンスを踊りながら、からだ全体で歌うように語りかける熱いレクチャーは、10代のハートに届く情感あふれるパフォーマンスだった。
そんな明るく元気一杯なデリックさんだが、自分自身の10代の絶望と孤独の日々を語るときだけは、声のトーンが深い哀しみで満ちあふれ、しかも、決してそれを忘れはしないという信念を貫くかのように、包み隠そうとはしなかった。

帰国した私は、トランクからその本を取り出し、夢中で読みはじめた。その本は、リアルな現実に向き合うことで暴力の本質を明らかにし、深い哀しみと絶望から信頼と希望を生みだし、非暴力という勇気を与えてくれる画期的な内容だった。
また、本書「イントロダクション」にも示されている若者と大人の新しい関係づくりは、TEENSPOSTのミッションとしっかり重なり合うものであった。

これは、ぜったいに、日本の若者たちが待っている情報だ、と確信した私は、少しずつ翻訳するそばから、高校生、大学生、暴力予防支援者の研修に取り入れ、確かな手応えを得ていった。

2006年度、WAM助成「子どもと大人のための非暴力プログラム啓発事業」で、東南アジア、米国、各地のNPOの実践を視察するチャンスを得た私は、米国サンフランシスコ郊外の著者ポール・キベルさんの自宅で、日本の医療・福祉・教育関係者七名で研修を受けることとなった。

紫紺野牡丹が咲きこぼれる築百年の自宅でのワークショップでは、自然体であたたくて居心地のよいリビングに通され、アジア系とアフリカ系の二人の女性のサポートが加わり、ポール・キベルさんは、ワークショップの合間にもキッチンのオーブンで香ばしいブルーベリーマフィンを焼いて私たちにふるまってくれた。「最近、一番下の子どもが家を離れて、近くには孫が住んでいるんだ」と語る、書いていることと言っていることとやっていることが一致しているピアスの似合う男性だった。

その模様は、報告書「非暴力のつながりをつくる(TEENSPOST=刊)」に詳しいが、その事業は沢山の方の協力を得て実を結び、2008年の春には、WAMより「アルコール家族の子どもケアプログラム事業」に続き二度目の「優良事業」として選出され、さらに、今回の「ティーンのための非暴力ピアプログラム事業」への支援も決定し、それはまるで開設から17年目の春に特定非営利活動法人となったばかりのTEENSPOSTに、バースデープレゼントが届いたような嬉しさだった。

そんな足掛け6年の歳月を経て、この春から、日本版の制作がはじまった。
・・・・(中略)・・・・

英語を日本語にするという作業をこえて、それぞれの文化の違いとその本質にある共通点をあぶりだしながら、すぐに日本で実践できる言葉を編むという作業は、予想以上に時間と根気のいるものであり、今こうして入稿に向かう瞬間も、まだまだ手元に置きたい思いもあるが、いったんここで手を放し、これを全国各地の協力者・支援者、そして、次代を創る若い人たちへお預けしようと思う。
そうして、これからは、みなさんとこの本を読み解き、実践し、分ち合っていきたい。

この本を携えて、また新しい旅がはじまる。

2008年 神無月     八巻 香織
by teenspost | 2008-10-15 23:58 | ♪徒然Sawanism

ひかりもの

今日、仕事場のポストに一冊の本が届いていた。
出がけに、ちらとポストを覗いたら、私あてに本が一冊届いているらしきことはわかったんだけど、約束の時間ギリギリの状況であったので、ビルの玄関を飛び出した。

だが、しばらく歩いているうちに後ろ髪が引かれる。
誰からだろう? 何の本だろう? どうしようか?、どんどん歩みが遅くなり、ほとんど止まり、こんな場合なのに、しっかり佇んで考えているうちに、《考えているくらいなら戻ろう》と、いま来た道をまた戻って、ビルの一階のポストから書籍小包をつかみ取った。

《あー、こういうときに、絶対に自分の好奇心と直感の方が、意思の力より勝ってしまうんだよな、昔から…》と思いつつ、時折、携帯で時刻を確かめつつ、ひたすら、駅へと走った。

なんとか予定の電車に飛び乗ると、汗も拭わず、その包みを開けた。

f0107724_23482631.jpgひこ・田中さんの新刊だ。

一気に読んだ。
バッグの中には読まなきゃならない原稿があるんだけど、こうなると、読みたいものをおさえるなんて、やっぱし、できない、私には。

「関西が背景であること」「主人公が中学生であること」「話のどこかに“ひかりもの”という言葉が出てくること」という共通の御題を元にして関西在住の作家5名が短編を書き下ろしたという一冊。
Twinkle—ひかりもの (teens’ best selections 17) ポプラ社=刊

ひこさんの小説は、いつも一気に読む。
残りページを気にしつつ、「ああ、もう終らないで」と思いつつ、作品の世界にするりとすべりこんで、読み通してしまう。

真っ先にひこさんの短編を読み終えた私は、とりあえず、しばらく最優先の仕事をすることにする。
by teenspost | 2008-10-10 00:10 | ♪徒然Sawanism

チェリーセージの赤い花

f0107724_850981.jpg

PETA(フィリピン教育演劇協会)のワークショップから一週間が過ぎ、ただいま非暴力ワークショップの指導書づくりが山場で、昨日も編集者との打合わせ以外は、自宅で缶詰で作業していた。

ミネソタの依存症回復施設ヘイゼルデンでアフリカ系の思春期カウンセラーからすすめられた、ユダヤ系の暴力予防教育家ポール・キベルさんの著書を、アジア系女性の私が初めて手にしてから、はや6年。

素晴らしい本だからと、読む傍から現場で紹介してきたけれど、それを翻訳して、さらに日本の状況に見合うように編んで、指導書として完成していく作業は、注いでも注ぎきれないほど情熱が要るものだ。

ポールさんの来日までになんとか間に合わせたい。

その作業を、先日のPETAのワークの余韻の中ですすめていけることは有り難い。

PETAのファシリテーター、ポンさんは、ワークショップの最後に屹立として語った。
「私は政治家が汚職ばかりの貧しい第三世界から来て、日本にあげられるものなどなにもない」と。
そして、たくさんの愛情と開かれた自由の空気を参加者とともに創り上げた。

全国各地から集まった参加者たちは、それをしっかりと胸に抱きとめて、学校、病院、相談機関と各自の現場に戻った。

ふと、フレイレの言葉を思い起す。
「権力を用いて抑圧する抑圧者が、その権力の中に被抑圧者や自分自身を解放する力を見つけ出すことは不可能だ。被抑圧者の弱さから生まれるパワーだけが、両者を解放するにたる強さとなる」

今の私のメンタリティと最も重なるゲストを2人招ける、この秋。
庭には、チェリーセージの赤い花が満開だ。
by teenspost | 2008-10-01 08:57 | ♪徒然Sawanism