手を使って、足を使って

家の前の桜のつぼみが一輪、二輪と開き始まったと思ったら、早朝にしばらく牡丹雪が舞ったという今日、春らしく髪を切ってもらおうと家を出た。
目指すは、私が子ども時代を過ごした街だ。
日差しはやわらかいけれど、風は冷たい。花冷えだな。

いつもの美容室の片隅には足踏みオルガンがある。
アンティーク好きの店主がヤフオクで入手したそうな。
f0107724_2013358.jpg
鍵盤ハーモニカは吹くことで音を出すわけだけど、この足踏みオルガンは両足のペダルを左右交互に踏み続けることの空気圧で音を出す。

数曲弾いてみたけれど、両足を踏み続けるために、まるで通販の健康器具ルームランナーのように、けっこう腹筋に応える、かなりの運動量である。
私の小学校時代は、どの教室にもこの足踏みオルガンというものがあったっけ。
それが次第に電気ピアノ、電子キーボードへと代わり、CDから流れるカラオケで子どもたちが歌を歌っているのを見た時には、ひどく哀しかった。

84歳になる私の父は自己流で器用にピアノを弾くのだが、小学校時代の放課後にこの足踏みオルガンを弾くのが楽しみで知らぬ間に弾けるようになっていたという。
昭和初期の子どもたちにとっては、この足踏みオルガンがあるというだけで、学校は貴重な文化に触れられる魅力的場所だったのだろう。

そういや、その父よりさらに年配だった小学校1年のときの担任の下田先生はいつも足踏みオルガンを弾きながらイタリア民謡とか歌っていたっけな。
その当時五十代半ばの男の先生だったけど、足踏みペダルをブカブカ軋ませて、いつも心をこめて弾き楽しそうに歌っていた。

生の楽器というのは、どんなものでもその人の息づかいや情が伝わる。
鍵盤を指で押さえればすぐ音が出るわけじゃなくて、こんなに足を動かして、踏みしめて、オルガン弾いていたんだなあ、と思うと感慨深い。


このところTEENSPOSTでは、春休み思春期キャンペーングッズを全国各地に送って、PRの協力をお願いしている。
思えば、立ち上げ期の頃には、スタッフ、ボランティアが一通一通せっせと自筆の手紙を書いて、年中、PRのお願いをしていた。

今回もたくさんのボランティアの手によって完成した4000セットの特製グッズに、時間が許すかぎり一筆添えさせてもらっているが、先週から年度末の事務が山積みの私に代わって、ピアサポーターのまきちゃんが手書きの手づくりカードを添えている。
f0107724_20215922.jpg
10代が求めているのに届かない情報は沢山ある。
でも、それはほとんど、届けようとしない大人の責任だ。

心を届けるには、手を使って、足も使って。
どうか、届いた先の皆さんがティーンの手に届けてくださいますように。
by teenspost | 2009-03-26 20:32 | ♪徒然Sawanism

f0107724_18151518.jpg

このところ、WAM助成「ティーンのための非暴力ピアプログラム」事業の報告書を執筆していた。

TEENSPOSTでは、これまでにも様々な助成事業を行うたびに、その報告書を“読み物”として、さらに沢山の人々の手に届くよう、心をこめて制作してきた。
今回もまた、有り難いことに、そういう一冊が生まれる。

指導書「メーキング・ザ・ピース」、ティーン向け啓発本「ポールさんと学ぼう! 暴力から自由になる10ステップ」に続いて、編集は永易至文さんで、デザイナーの新藤岳史さんがステキなカバーを創ってくれた。
今年1年のステキな思い出がぎっしり詰まったジャケットを羽織って、この新しい本は、どんなに遠く離れていても同じ志を持つ仲間がいることの信頼と勇気を携えつつ、ウキウキ、ワクワク、ドキドキ、春風の中を歩き、新たな地を耕して非暴力の種をまき、平和の樹の根を張り巡らせていくだろう。


Safer Peaceful Action
非暴力ピアプログラム


第1部 非暴力SPAプログラムを創る

・3人の理事、ミッションを語る 

・海外NPOの実践に学ぶ ボン・ピロンズ、アーニー・クロマ (フィリピン教育演劇協会)

・海外NPOの実践に学ぶ ポール・キヴェル(オークランド・メンズ・プロジェクト)

・ポール本づくり楽屋噺 永易至文(編集者)

第2部 非暴力SPAプログラムを伝える

・出会いつながるブログ「クログ」の記事と写真でつづる一年

  
第3部 非暴力SPAプログラムを運ぶ

・What's going on 全国出前リポート〜支援者、学校、地域コミュニティ


独立行政法人福祉医療機構・平成20年度子育て支援基金助成
「ティーンのための非暴力ピアプログラム事業」報告集
TEENSPOST編

by teenspost | 2009-03-21 18:29 | ♪徒然Sawanism

サクラ色ニュースレター

f0107724_12153353.jpg

スタジオ悠から春を告げるお便りができました。

ニューズレターの発送は、今週末から、来週と人手が必要です。
ぜひ、手を貸してください。
12日(木)午後から夕方まで
13日(金)午後から夕方まで
14日(土)午前から夕方まで(ミーティングの合間)
16日(月)からは、思春期PRグッズ、暴力予防啓発本の配本もはじまりまーす。

春は新しい生命が芽吹いていく時です。♪ ' * + .・' * + . .・

変わる先のイメージがないと立ちすくむけど、希望のイメージがあれば、誰でも変化していけます。

さっそく、12日(木)午後7時から 新しいNACミーティングがはじまります。
発達の問題や、繰り返すパターン、コミュニケーションの失敗等、安心して語ることで、自分を認め受け入れ、新たな対処を見つけていく当事者研究ミーティングが、ピアサポーターのマキちゃんとナンシーの熱い願いからスタートします。
by teenspost | 2009-03-12 12:15 | ♪スタジオ悠々日記

沖縄から戻ってきたら、スタジオ悠の改装プロジェクトは、かなりすすんでいた。
f0107724_20401117.jpg

あとは、天井の和紙の照明器具周りの木製カバー。
窓用カーテンは、カーテンであることに変わりないが、カーテンっぽく?になりすぎないよう、今あるレールとフックを利用して、自然木を吊し、それをカーテンレールにするプラン。
ベンチには、ステキなクッションを創ろう。

さらに工房で制作中のテーブルが二台はいる。

小池さんからメールが入り、先日、一橋大学の中で伐採された木があり、その木の自然な曲がり方が良いので、制作途中だった机の脚はこれに変えようと思うとのこと。

この春小学校に上がる娘さんと二人で大学から運び出したそうだ。
そのときの二人の姿が思い浮かぶ。
なんて豊かな父と娘だろう。

国立は相談窓口の私書箱を置いていたこともあるけれど、武蔵野の自然を抱いた街並が好きだった。
忌野清志郎の歌に出てくる「大学通り」は、あの国立駅舎の取り壊しと共に、変質してしまっているのかと思うと寂しいけど、樹を育てずに、人が育つはずもない。
一橋大学で育った樹は、TEENSPOSTで活かさせていただこうと思う。

そんなこと考えていたら、沖縄の読谷村からメールが入った。

f0107724_2103622.gif今日は3月4日。沖縄ではサンシンの日です。
朝からラジオでは1時間毎の時報とともに「かぎやで風」が流れています。
読谷村は三線音楽の祖と言われている「赤犬子(あかいんこ)」の出生の地とされていて、いろんな催しが行われています。
県内はもちろん、神戸、大阪、神奈川、愛知などの県外やハワイ、ブラジル、フランスでも催しがあるみたいです。

そうそう、音楽は世界共通語だ。
さて、今週土曜7日は、「TINGOS!弥生LIVE」が、玉川学園文化センターホールで6時スタート。

今回は米国、ブラジル、アジアのビデオも上演の予定。
by teenspost | 2009-03-04 21:04 | ♪スタジオ悠々日記