f0107724_9411863.jpg前回に続き、依存症の話です。
このあいだ依存症について書き込んだこともあり、昨日はつかのま時間ができたので、「アディクションから学ぶ新しい関係 〜子どもとアルコール家族〜」というブックレット改訂に向けた校正をしていた。
これは一昨年の秋、金沢で開かれたアディクションセミナーでの講演録なのだが、かなり急場でまとめたので、発刊した後、誤字脱字誤りがみつかり、近日、改訂版を出す。

そこでも語っていることだけど、TEENSPOSTのプログラムには、子ども問題、思春期問題、家族問題の解決のなかで依存症回復の視点がたくさん活かされている。
「依存症」という病の病巣は知れば知るほど根が深く、特に家族では子どもという存在が一番とばっちりを食らう。
虐待の背景にも「依存症問題」は必ずと言っていいほど存在するし、そこに育つ子どもたちは、感情、自己信頼、表現力…さまざまなあるがままの力を奪われる。
なにが困るって、そういうありのままの自分を語らないと、内面の成長が止まってしまうのだ。

一方、この依存症という病は回復に向かうときには、それまでさまざまに傷つけ壊してきた関係を取り戻していく。
それは本人だけでなく、家族も、支援者も、一緒になって、平和なコミュニティを作り出していく。

そこで何より希望を与えてくれるのは、回復者の姿だ。
その人が依存症という病によって、自分や他者をあやめ、どんなに関係を断ち切ってきたとしても、ゆたかに生き直せるということを生き証人として伝えてくれるのだ。

TEENSPOSTスタジオ悠のプログラムには、そういう回復者がたくさん力を貸してくれている。
その中でも、もう5年以上にもわたって、毎月第一土曜日の午前中にスタジオ悠に足を運んでくれる回復者ルパンさんについて話したい。

ルパンさんは六年前のTEENSPOSTのイベントでメッセージをしてくれた帰りがけに、「どうか私を使ってください。役立ててください」と過分な言葉をくださった。
知る人ぞ知る横浜では回復歴最長の有名な酒害相談カウンセラーだ。
そのルパンさんの有り難い言葉を受けてスタートしたのが、12ステップセミナー「アンプラグド」だ。
ルパンさんの存在を知る人からは、「TEENSPOSTは、どうしてルパンさんに毎月きてもらえるのか?」と質問を受けることもよくある。

ルパンさんは、毎回、自分自身の歩いてきた道を誠実に語り伝えてくれる。
私たちの悩みや苦しみに、すべて自分自身の体験を通してレスポンスしてくれる。
参加者には、アルコールだけでなく、仕事依存、ネット依存、摂食障害、ひきこもり、その本人、その家族、友人、支援者…さまざまな人が耳を傾け、自分を語る「学び合いのコミュニティ」だ。

このGW初日、5/2(土)10:30〜、しがらみや束縛を解き、素の自分、ただの私、そう、アンプラグドな自分を取り戻しませんか。
ゆたかな空間をご一緒に。
ぜひお待ちしています。

終了後、お弁当を持ってスタジオ悠のすぐそばのせりがや公園の散策もいいし、新緑を眺めつつ、公園内の国際版画美術館の喫茶店もおすすめ。
そして、なによりも忘れちゃならない身近な自然とは、この“私自身”です。
写真は、新緑美しい自宅近くの河原。
f0107724_938368.jpg

by teenspost | 2009-04-28 09:51 | ♪スタジオ悠々日記

JR町田駅のホームで電車を待っていたら、イチローの大きなポスターが目に飛び込んできた。
よーく見たら、ビール会社の宣伝広告だった。
折しも、新入歓迎会などで急性アルコール中毒が問題となる4月である。
欧米諸国では、若者や子どものヒーローやスーパースターがアルコール飲料のCMに出ることはないし、規制されている訳だけど、あのイチローはどう思っているのかな、とふと思った。

アルコール問題に寛容といわれるこの国で、アルコール依存症について当たり前に語るのは、すごく大変だ。
なんやかんやと誤解と偏見と圧力がまとわりつく。
そもそも、そういうのって、寛容と言うのだろうか。

この世には、お酒を適切に飲むことができずに自分自身や周囲を傷つけてしまう依存症という病がある。
日本では飲酒者の26人に1人といわれ、増加している。
ある学校の新歓コンパや同窓会を開けば、ひとクラスに1人か2人はいる、という勘定になる。
だからこそ、日本の酒造会社も社会的責任として、売るだけじゃなくて、アルコール問題の啓発に取り組みはじめている。

そんな中で、アルコール問題を持つ家族や友人について、似たようなフレーズを繰り返し耳にしてきた。

★うちの父はお酒が好きですが、飲むと性格がちょっと変わるくらいでしょうか
★祖父は依存症というほどでもないけれど、飲めば暴れ(or 心を閉じ)ます
★母がお酒を飲むのは、家族の問題で心を痛めてストレスが多いからだと思う
★静かに飲むだけなら誰にも迷惑かからないし、ただの説教好きは、アル中ではないでしょう
★だけど、あの人は仕事もまじめな、いい人なんですよ!

こんなにも本人の資質や意思の力や性格の問題として混同される病もないだろう。
とくに最後の「飲まなければ真面目ないい人」というのはもれなく付いてくるフレーズだ。

私はかつて「アレルギー性鼻炎」とか「花粉症」という言葉がない時代からその症状に苦しんでいたことがあって、「なぜ、私だけ春になると治らず長引く鼻風邪に苦しむのだろう」と思っていたことがある。
「花粉症」という言葉を得てからは、そう思い煩うことはなくなったし、対処もわかったし、最近ではこんなに沢山の人が同じ症状を持っていることに驚くこともなくなったほどだ。
だけど、「なんであの人は真面目ないい人なのに鼻水とくしゃみばかりするんだろう」と云われたらつらいだろうな。

その話を先日、あるギャンブル依存症回復者にしたら、その人も「そうなんです。なんで私は適度にギャンブルができずにひどい目に遭うダメな奴だろうと思っていました。それが病気だと知る前までは」と言った。

日本にアルコール依存症の回復プログラムを広めたミニー神父は自分自身もアルコール依存症の回復者だったが、「依存症の涙と言葉は信じるな」という名言を残している。
依存症とは感じるべき感情を感じなくなる「感情の病」であり、認めることなく、無自覚にウソをついたり、理由を並べたりする「否認」こそがその主な症状だ。

それが「病」のもたらす「症状」なのだとわかれば、性格や本人の資質の問題としてはとらえなくなるだろう。
さらに、それはそのままだと進行するけれど、回復が可能であることがわかれば、周囲はどれほど救われるだろう。
いやいや、誰よりも本人が救われるだろうに。

f0107724_2351326.jpg携帯サイトのクロちゃんシアターは、
こわいと感じないでいたら、こわい犬になり、
さびしいと感じないでいたら、さびしい犬になり、
はずかしいと感じないでいたら、はずかしい犬になってしまったクロちゃんが登場する。

アルコール問題を持つ人とそのまわりでは、感情の病の症状として「こわくて、さびしくて、はずかしいこと」が年中起きている。
傷と恥が深いほどに、本人も周囲も包み隠し、表面的イメージとのギャップは深まるばかりだけれど、それが表面化したときには、それが今回だけのことではないことを一番知っているのは本人なはずだ。
だからこそ回復へ向かうチャンスでもある。

エリック・クラプトンやらベティ・フォード(米国元大統領夫人)やら、アルコール依存症に苦しみ、そこから回復し、カミングアウトし、アルコール依存症の予防啓発のために社会貢献しているスターや政財界の著名人はたくさんいる。。。そんな日本になることは、地デジの普及より重要だと思う。

今年はまたティーン向けの暴力予防プログラムとリンクさせてアルコール問題啓発プログラムもやっていきたいなあ、と思う。
携帯サイトアルコーリズム保健所はこちら
by teenspost | 2009-04-25 00:11 | ♪徒然Sawanism

タンポポの庭

昨日の1dayワークショップは、好天に恵まれ新緑のせりがや公園でのフィールドワークもあり、参加者一人一人がゆったり楽しみながら自分と向き合う時間を享受したようだ。
先週までの花見の喧騒が一段落した穏やかで静かな公園で、お弁当を開き、京都在住でサポート会員のリコさんが届けてくれた長岡京名物の朝掘タケノコの刺身を堪能した。
美味しいものはみんなで分かち合うと、より美味しい。

そういえば、先日、出勤途中の川辺から子どもたちの歓声が聴こえてきた。
川遊びをするには少し早いこの時期、近くの小学生が体操着姿で川に入っている。
f0107724_13475365.jpg
よく見ると、川のゴミを拾ってお掃除をしているじゃないか。
お花見の後は、心ない大人たちが残していったゴミで公園や山や川が汚れていたりするものだ。

その日の帰り道、その川はみちがえるようにきれいになっていた。

f0107724_13501762.jpg
この時期は桜だけでなく日ごと様々な花が開花する。
先週は桜吹雪が舞い降りていた我が家の庭には、このところ一面タンポポの絨毯が広がっている。

タンポポは小さな子どもたちが大好きな花。
綿毛を吹いては種を飛ばす。
すると、タンポポはどんどん増えていく。
だが、青々とした芝生の庭を維持したいという人には、悩める雑草のひとつになる。

タンポポの庭を見るたびにいつも思い出す話がある。

あるところに、芝生の庭を自慢にしている人がいた。
春になって、タンポポが茂り黄色い花を咲かせるようになった。

その人は、タンポポの花を見つけては、根こそぎ抜くが、抜いても抜いても、タンポポは生えてくる。

ある日、頭をかかえて、とある専門家に相談の手紙を書いてみた。
「どうしたらタンポポが生えないようになるでしょう? いい方法はないでしょうか?」

すると、しばらくして、返事が届いた。
「どんなに努力してもなくならないものならば、あなたは、そのタンポポのある庭を愛することを学んでみてはどうですか」と。


変わるものと変わられないもの、それぞれに見分けたい晩春から初夏へと移ろうとき。
by teenspost | 2009-04-19 14:08 | ♪徒然Sawanism

f0107724_20214918.jpg

ご覧の桜は、スタジオ悠のそばのせりがや公園の桜並木の写真だ。
桜吹雪の舞い始めた数日前、出勤途中で寄り道して撮った写真だから、今はもうまったく別の風景になっているはずだ。

その日、米国のヘイゼルデンという精神保健NPOから毎日届くメールに、「Readiness is a precondition for change.(用意とは、変化に向かう前提条件だ)」という言葉があった。

なるほどなあ。

この週末、私はのんびりと自宅で過ごしつつ、本屋やCD屋を歩いたり、その合間に、パソコンのメンテナンスをしていた。
実は、去年の大晦日に新しいMacを手に入れたのだが、その後、2冊の本作りや各地へのワークショップの旅が続き、それが一段落つくと、今度は一年の事業の決算と報告書類作りに追われていて、なかなかゆっくりと新Macに移行する準備の時間がなかったのだ。

正月明けには一新するぞー!!と心に誓っていたのにもかかわらず、変化への用意完了にはいたらなかったのである。

たぶん、この新Macが初めてのmyパソコンならば、いきなりどんどん毎日使っていたんだろう。
だが、これまでずっと使い続けてきたMacが現役であるし、まだまだ愛着もあり、急ぎの原稿執筆や長旅には、やはり慣れ親しんだものが安心だからと、各地のワークショップにもお伴し、沖縄の島々も一緒に旅し、ついつい用意に取り組む時期を逸し、気がつくと季節は変わっていた。

だが、この週末、ついにかなりのところまで、変化の用意が整った。

新しいものはもちろんそれなりの魅力があるから手に入れる訳だけど、それを有効に活かすには、それまで使っていたものとの関係を引き継いだり、つなげたりしなければならない。
しかも、新機ではすぐに移行できないアプリケーションがあったりと、なかなかややこしいのである。
さらには、自分のパソコン同士の関係だけじゃなく、仕事場のパソコンや他者とのパソコンとの関係もある。

「Change!」と呪文を唱えると、ある日、パッと一瞬にして変化できたらいいのにと思いつつ、そうはいかないのである。

だが、そのややこしさのおかげで、本を読んだり、ネットで調べたり、知人の意見を聴いたり、ああでもないこうでもないと試行錯誤したことで今回新たに知り得た知識がかなりあった。

私にとってMacは、オフィシャルモードでも、プライベートモードでも、仕事に遊びに学びに今や欠かせない大切な存在で、それはもう一台の機械という存在を超えている。

しみじみと、人との関係だけでなく、すべての関係において、変化するためには、「用意」が必要であり、その「用意」に時間と情を注いでこそ、変化は成り立つのだと思った。

私には今、変えていきたいものがワクワクするほどたくさんある。

冒頭のヘイゼルデンからのメールは、次のように結ばれていた。

Today, I am ready for positive change.
I will be responsive to inner nudges that move me in that direction.
(今日、私たちはポジティブな変化のために用意する。
私は自分をポジティブな方向へと動かす内面の(肘をつつく)声に敏感になろう。)


今週末には、桜の季節から一転、若葉薫るせりがや公園でのフィルドワークも含めて「大人だってこどもの日」ワークショップがある。PC版くわしくはこちらへ
by teenspost | 2009-04-12 21:11 | ♪徒然Sawanism

桜の満開とばっちりグッドタイミングだったこの週末は、お天気も穏やかでまさにお花見日和。

家の傍を流れる川沿いの散歩道は、いつになく沢山の人で賑わっている。

いつもの散歩以上に、今日は往復2時間以上歩いてみた。

途中、犬を連れて歩く夫婦。記念写真を撮る若者同士。肩車して子どもに桜を見せる父親。
こんな芳しい桜の下を歩いていたら、誰もが心優しくなれるだろう、と思いきや、一緒に歩く子どもをしつこく叱責する親や、青いビニールの敷物の上で酒飲んで大騒ぎするグループや、何だか大きなものを打ち上げてしまった軍隊とか、まあ、いろいろな現実に遭遇するのである。

そんな中で、ひとりで楽しそうに川面で遊ぶイカすカモがいて、しばらく飽きもせず眺めていた。
f0107724_2029349.jpg

さて、来々週火曜4/14から、「家族ステーション」という新しいプログラムがスタートする。
名前が似ているので、「これまでの家族プログラムと同じ」と思っている方が多いので、ちょっと説明したい。

ご存知のようにスタジオ悠の利用者の多くは家族問題をきっかけにやってくる人がほとんどなんだけど、最初は誰でも「あの人(子)さえ変われば、家族は安泰だ」と思ってやってくる。
でも、たいていは、かなり努力しても相手は変わらず、精魂尽き果てたときに、「相手が変われば幸せになれる、ということは、相手が変わらなきゃ不幸せのままじゃない!!」と、はたと気づく。

そう、「男は女が変わらないと信じて結婚し、女は男が変わると信じて結婚し、そして二人は裏切られる」というバーナード・ショウの名言のように。

まあ、そこまで来るのに、十年とか、なかには数十年かかったという人もいる。
それは個々人のネガティブな耐性の度合いにもよるけれど、何年かかろうとそこに気づけることは恵みである。

これまでの「家族プログラム」は1995年にスタートして以来、そこまでをお手伝いすることが一つのゴールだったんだけど、新しいプログラムでは、そこから先のゴール設定と行動プランにフォーカスする。

「自分を幸せにするためには相手が変わらなければならない」と常に信じて「相手にできること」ばかりを考え続けてきた人というのは、いざ、「相手が変わらなくても自分は幸せになれるのよ」と言われても、信じられないし、そもそも「自分にできることは何なのか?」という思考に慣れていないものだから、なかなか自分自身の行動プランが浮かばない。
そうなると、「相手にできること」を考えるパターンからなかなか抜け出せない。

あるNACメンバーは言う。
「こういったとらえ方が子どの時代からの訓練の結果であれば、今から時間を掛けても訓練で変わっていくものだと信じたい」と。

そうです! そうなんです!! まずは根拠などなくても自分を信じましょう。

変化というものは、行動が創りだすものだから、変化するには。自分にできるプランを考えて実行し、チェックし、見直し、また、プランして実行するということが必要だ。
しかも、それをひとりぼっちじゃなくて、人と一緒にやっていく。毎月、ステップ・バイ・ステップでね。これはかなりパワフル。効果的。

さらにね、ビギナーだけでなく、回復の途についてしばらくになる人も、家族が回復していくということは、回復しているからこそ生じる「問題」というものがその都度出てくる。

そう、機能不全家族とは問題があるから機能不全なのではなく、問題への対処が機能不全なのだから、「問題」への対処の仕方一つでは、「問題」が回復へのスプリングボードになるのだ。

ということで、新しい「家族ステーション」は、乗り換えるか、降りるか、乗り続けるか、それは一人ひとりちがったとしても、「相手を変えなくても幸せになれる方法」を人と一緒に考え、行動化するステーションだ。
まもなく、発車でーす!!
くわしくはこちらPC版へ
by teenspost | 2009-04-05 21:03 | ♪スタジオ悠々日記

1年間の空白を破り、あのウーピーが、ピグダーエンタテインメントより艶歌でデビュー
独占突撃インタビューに成功  ライバルはジェロ!?


昨年の4月1日に映画「不都合な陳述」製作発表で地球温暖化に伴う人間関係寒冷化に警鐘を鳴らして以来、謎の失踪を遂げていたあのウーピー・サワンが4月1日未明、歌舞伎町の新宿コマ劇場前に姿を現した。

●あのー、もしかしてウーピーさんですか? どこにいらしたんですか?

故郷サワニズム共和国デ自給自足生活シテタヨ。マイニチ海ヲ眺メナガラ、歌ノ修行シテタヨ。昨日、成田ニツイテ、“ドンキ”“マツキヨ”、ショッピング。新宿コマ劇場ナクナッテ…歌舞伎町ニモ開発ノ波オシヨセテルネ。

●ファンクの星ウーピーさんが演歌を歌うなんて世界中のファンを絶望させませんか?

ジャンル、関係ナイネ。歌ハ心。魂。チナミニ演歌ジャナクテ、艶歌ダカラ。世ノ中ドコモカシコモ、“艶”ガナイノヨ。ヒップホップデ歌イマス。071.gif

●ジェロとは、どういうご関係ですか?

・・・・ノーコメント、ネ070.gif

●これからのスケジュールは?

4月4日pm6:00〜町田109ビル7階ホール「お花見ライブ」アルヨ。サワニズム共和国平和大使トシテ全国ドサ回り公演。ソシテ、紅白歌合戦。Tingos! + One Day Portオールスターズ一緒、…カモネ。

●では、ウーピーさん、歌の準備お願いします。
花は桜か、女はサワン。ミッション一筋この身をかけて、荒波、逆風なんのその。咲かせてみせましょ、あなたの花を。これぞ女のああ花道。では、歌っていただきましょう。待望のデビュー曲「おんな浮き世の渡り鳥」
f0107724_8211144.jpg

♪チャンチーチャチャンチャチャチャチャチャンチャン
天城越えたら姉妹船〜
あなた替わりはないですか〜
なにがあっても めげないわ〜ああんあん
女ですもの 宿命(さだめ)と信じ〜
(語り)いいのよ あたし このままで
あーー津軽海峡 あーー離島桟橋
飛びます 飛びます おんな浮き世の渡り鳥〜〜〜~~~ィ


ただいま全国のCDショップにて好評発売中!


004.gifエイプリル・フールに誕生した「クログ」開設4年目に突入!! ご愛顧に感謝!!
by teenspost | 2009-04-01 08:30 | ♪徒然Sawanism