f0107724_1820297.jpg水曜の午後、相模原保健所の相談会を終えた後、羽田空港から最終便で九州の大分へと発った。

大分県教育委員会より、県内の小・中・高校の養護教諭約120名が2日間に渡って、相談活動に必要なセルフケアとアサーティブネスを学ぶという研修のご依頼を受けた。

保健室の先生たちは、怪我の手当や衛生指導をはじめ、子どもたちの命に関わる仕事をこなしつつ、子どもたちが教室では語れない悩みや家族問題の聴き手にもなっている。
事前のヒアリングを読ませてもらっても、養護教諭の日常の激務が伺われる。

さて、2日間という限られた貴重な時間の中で、なにができるだろう?
なにをどうプログラムし、コーディネートするか?
私にとっても大きなチャレンジだ。

大分とのご縁は、かれこれもう5年にさかのぼるのだが、3年前のクログに書き込んだ「一人から始まる力 in USA」に詳しい。
会場には、そのとき出会った懐かしいお顔もあり、最前列の端では、大分とのご縁のきっかけとなったIさんが見守る中、2日間の研修会は、参加者一人ひとりが、話して、聴いて、描いて、歌って、踊って、演じて…五感をフルに使ってみんな大活躍!
なごやかな温かい空気とともに無事終了した。

ところで、今回の参加者の中には、たった1人の男性がいた。
初日から最前列に座っていたKさんは、高校の定時制に勤務している。
大分県で初の男性の養護教諭だ。

養護教諭というと、法的制限もないのに、なぜか慣習的に女性が採用されてきた。
「子どもたちの心と体、日常の世話をするのは女性」というジェンダーバイヤスが採用する側にあるからだろう。

だが、ティーンの男の子たちは、これまでの「男らしさのボックス」にとらわれない新しい男性のモデルと、そういう男性からのケアとサポートを必要としている。

ティーンだけでなく、男性が7割をしめるひきこもりや自殺の背景にも、「男らしさのボックス」によって関係を分断され“居場所がない”という孤立の問題がある。
“心の壁に閉ざす孤立”から“他者とともに生きる自立”を回復するには、男らしさボックスを抜け出て、弱さを認め受けいれ、同性をケアし支えあおうとする男性同士による新しい関係性が必要なのだ。

ちょうどその日、東京のスタジオ悠では、2人の男性ピアカウンセラーが活躍しているはずである。
そんなことにも思いを馳せつつ、暴力の予防とジェンダーについて話をする。
そして、今回たまたま一冊だけ持参していた「ポールさんと学ぼう! 暴力から自由になる10ステップ」を名刺代わりにKさんさんにお渡しした。

f0107724_18204091.jpgKさんは、「つい男たちは男だけだと弱音を出せずに男気はってしまうんですよね」と苦笑いする。
新しい世代の男性の養護教諭が大分に生まれようとしている!
時代は変わるのだ。

旅に出て、見知らぬ人々のなかでワークショップをすることは、かなりの緊張と集中を要するため、身も心もへとへとになる。そうは全然見えないらしいんだけどね…(笑)
そうしてチャレンジした分、未来へ続く新しい出会いと希望が必ず用意されている。

来月はまた沖縄、北海道へと飛ぶ予定である。

写真上:JR大分駅前/写真下:湯布院の馬車
by teenspost | 2009-10-25 10:45 | ♪渡り鳥の旅みやげ

シコンノボタン

庭に紫紺野牡丹の花が咲き始めたのは、昨日の朝なのか、一昨日の晩なのか。
花が咲くときを誰も知らない。
f0107724_1130777.jpg

2006年の秋、サンフランシスコ郊外にある暴力予防教育家ポール・キベルさんの自宅を訪ねたときに、見事な満開で出迎えてくれたのが、この花だ。

それから、花屋に並ぶ紫紺野牡丹を見つけて、庭に植えている。
晩秋から霜が降りるわずかな期間にしか、この花がつかないこともあり、秋に入って日毎ふくらむつぼみを眺めつつ、いまかいまかと開花を心待ちにしていた。

姿形も愛らしいけれど、「紫紺」という色は、東南アジアのジャカランダの花の色にも似ている。

西海岸の気候と異なる東京では、ポールさんの庭にあったように、大きく枝葉を伸ばしてまるで「紫の桜」のように頭上で花開くまでには育たないけれど、この花が開くたびに、1年1年の歩みを振り返る。

そういや、去年の今頃はチェリーセージの赤い花が満開で、PETAのワークショップを終えて、ポール・キベルさんの来日の準備をしていたったけ。

あれから1年。
チェリーセージの赤い花の隣で紫紺野牡丹の花が咲く。
花が咲くときを誰も知らないけれど。
by teenspost | 2009-10-18 11:45 | ♪渡り鳥の旅みやげ

Woman woman woman

台風一過の青空が広がる東京夢の島。
週末から連休に掛けての四日間、女たちによる女たちのための女たちの「女性と内なる子どもを癒すワークショップ」が開かれた。
f0107724_1452480.jpg

遠く北海道、関西からも集った参加者は、NACをはじめ女性のための自助グループを各地で運営してきた女性たちだ。

女性同士がお互いの痛みを分かち合い,支え合うこと。
それはあたりまえのことのようでいて、いざ、実践しようとするとき、さまざまな壁にぶつかる。
誰よりもわかり合いたい女性同士が、自身の内面に刷り込まれた「女は価値がない」というセクシズムや、「女はこうあるべき」というジェンダー役割にはばまれて、つながりあえない、助け合えないのだとしたら、それほど悲しいことはない。
それが家族の中では、祖母から母,母から娘へと代々受け継がれるのだとしたら、その不幸の連鎖を手放したい。

1日目のはじまりは、参加者全員で、女性たちが心から求める「Home」を描いた。
f0107724_15184395.jpg

今回のワークショップのファシリテーターとして来日したPETA(フィリピン教育演劇協会)の女性・子ども演劇プログラムディレクターであるマリチュー・カリーノさんは、DV・依存症・貧困に傷ついた子ども・女性やルソン島の少数民族の支援をしてきた。
マリチューさん自身、DVサバイバーで、思春期の3人の子どもと暮らしているシングルマザーだ。

f0107724_1525255.jpg
4日間のアクティビティは、からだ感の肯定、感情のさまざまな表現、演劇作り、ポエム、造形、絵画、歌、ダンス…女性同士の共同作業が繰り返し行われ、その中では、マリチューさんをはじめ参加者全員の体験がすべて社会資源として開花し、結実し、さらに女性たちの心の底に癒しと成長の種を落としていってくれたことと思う。

Woman is powerful!

来年の秋には、そう京都でやりたいなあ!


////////////////////

(今日のニュースから)100歳の豪女性、砲丸投げで世界新記録を樹立!
by teenspost | 2009-10-13 15:10 | ♪渡り鳥の旅みやげ

十五夜の秋祭り

10/3は十五夜。
河原にはススキとコスモスが、いい感じに秋風になびいている。
スタジオ悠の近くの70代のおじいちゃんが朝から1人で手作りして切り盛りしている和菓子屋さんには「月見団子」がならんでいる。

西洋には、満月の夜に人の心は狂うという言い伝えがあるが、月を愛で楽しむのはアジアの伝統。
今宵は、1年の収穫に感謝するお月見だ。

スタジオ悠では朝からプログラムが目白押し。
午前中は寿町のルパンさんの12ステップセミナー、午後はSPAプログラム、夕方からは、満月を眺めつつ歌うTingos!のゴスペル。

そんななか、携帯には沖縄の読谷村からメールが届く。
f0107724_8433754.jpg
行きたいけど今回は行くことができなかった音楽フェス、MONGOL800(モンパチ)が呼び掛けた「What a Wonderful World!!09」(略称・WWW)の実況中継を届けてくれるのは、沖縄の仲間、相談職のTさんとSさんだ。

モンパチ、サンボマスター、Dragon Ash、ジッタリンジン、リップスライム、与世山澄子…読谷の海を眺めるステージ。
遠く離れていても、その空気、匂い、音が伝わってくる。
沖縄を拠点に自立Rockし続けてきたモンパチの魂が全開しているな。

一方こちらはゴスペル歌って、帰路に着く途中、いつもは真っ暗な家の前の神社のあたりが一面光り輝いていて賑わっている。そうだ秋祭りだ。
境内にのぼると、芸歴45年の演歌歌手と同じく61年の司会者のショーがはじまっていた!!
「私たちには定年はありません」って、ステージで客を楽しませる芸人魂に圧倒される。
これまた凄い!!

町田の小野路に古くから伝わる地囃子の生演奏で「送り囃子」に見送られながら月を眺め、<このところ私事でいろいろ重なって嵐のような日々を過ごしていたものの、つかのま心がほどけて安らぐ夜だなあ>と、不思議なほど清々しい気持ちになった。

それからも沖縄の読谷村からの中継メールは朝の7時まで続いた。
What a Wonderful Worldな1日。
f0107724_8354251.jpg

by teenspost | 2009-10-04 08:45 | ♪徒然Sawanism