f0107724_2122276.jpg階段をドッドッドッドと駆け上がってくる音がする。
やってきたのは、隣家に住む小学校一年生の男の子。
「たいへん、たいへん!」息を弾ませて、いったい何事?
いきなり男の子は口を大きくあーんと開けてみせた。

「ほあほあ、は、は、ふけはんはよ…」
えっ、なに?歯が抜けたって!!
生まれて初めて乳歯が抜けた跡からは、すでに小さな永久歯がのぞいている。
「ねっ!! 今日、授業中に、抜けたんだよ!」
ついこのあいだまで保育園に通っていた子が「ジュギョーチュー」なんて言葉を発すると、ドキドキしちゃうな。

この数週間ぐらぐらして、いつ抜けるかと思っていた前歯は、授業中にぽろっと抜けて、思わず「抜けた!」と叫んだら、隣の子が「わー、抜けた!抜けた!」と一緒に喜んでくれて、さらには近くの席の友だちが血が出ているのを見かねて、ランドセルからテッシュをとり出して渡してくれたんだと。
ふーん、そりゃあ、たいへんだわ!

初めて歯が抜けるときの不安、そして、抜けた時の感動。
その一瞬一瞬の様子が息づかいとともにわくわくと伝わってきた。

「でもね、先生はムシだったんだ」と、サビシそうに言う。
エー!? そのとき先生はなにも言わなかったの?

なんでも、先生はイコウソチ(移行措置)で大変なんだとか。

学力低下やゆとり教育への批判を受けて、2011年から学習指導要領が改訂され、授業時間も学習内容も増えるため、その変わり目の移行期間にひずみがどっと出て、学校現場は大変なのだという。

だけどさー、子どもの感動から情緒のやりとりが広がれば、子どもたちの関係性と学びのイメージがぐーんとゆたかになるはずなのに。

ふと、愛娘の歯の抜けた口をアップにした忌野清志郎のCDジャケット(写真)を思い出していた。
by teenspost | 2010-05-24 21:35 | ♪徒然Sawanism

NPO法人ピアフレンズの石川大我さんより、先日「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」のお知らせをいただいた。
f0107724_7555033.jpg

以下、HPより抜粋>>>>>>
1990年5月17日は、WHOが「精神疾患リスト」から同性愛を削除した日。
世界50以上の国々でセクシュアルマイノリティに対する偏見・差別に反対するアクションが実施されている中、今年の日本では、この日を含む1週間を「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」と定め、様々なイベントが企画されている。

詳しくはウェブサイトへ

セクシュアルマイノリティ(同性愛者や性同一性障がい)は、人口の3~5%いると考えられているが、その多くが中学・高校という思春期に、からだの性とこころの性が一致しないことや、自分の性的指向について戸惑い、悩む。

しかもセクシュアルマイノリティに対する偏見や差別がある環境では、相談することもできず独りで悩み続けるしかない。
周囲への違和感と孤独感を強めるうちに、自尊感情を損ねたり、抑うつ状態にもなるだろう。
社会的な偏見と無理解によって、被抑圧者が「二次障害」を抱えるのは、それ自体が構造的暴力である。

この「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」のチラシが、各地の教育委員会を通じて各中学・高校へ送付されているなか、関西のある高校では、高校生が学校の校長先生に直接説明をし、全20クラスの教室に「セクアシュアルマイノリティを正しく理解する週間」のポスターが掲示されたという。
f0107724_10115836.jpg
いつの時代も小さな変革から広げていくのはティーンなのだ。

ところで、よしながふみのコミック「きのう何食べた?」を読んだ?

都内某所2LDKに男二人暮らしで住むゲイカップル筧史朗(弁護士)43歳と矢吹賢二(美容師)41歳の、1ヵ月の食費2万5千円の「食ライフ」をめぐる物語。
日常のさりげない情緒のやりとりの機微と愛あふれる食卓の風景が心和ませてくれる秀作。
by teenspost | 2010-05-17 07:44 | ♪徒然Sawanism

f0107724_9113458.jpg新緑輝く季節になりました!
えっ、でも、心はブルー、身体が重い…なんていう声もけっこう耳にします。

そう、ついこのあいだまで激しい寒暖差の日々が続き、がんばって切り抜けて、ほっと一息ついたとたん、ちょっと“ものたりない感じ”というのは、誰にでもあるものです。

こういう時期に、ふだんココロとカラダを縛っているバリヤーをほどいて、力を抜いてみると、新しい自分に出会えるもの。

へー、意外とね、こういうところあるんだね…という自分を見つけましょう。

初夏のスタジオ悠からは新緑のごとく新しいプログラムが生まれます。

058.gif5月15日(土)pm13:00〜 レターカウンセリング講座
久々の記述表現自己回復プログラムでセルフケアを学びます。
こればかりは、体験して実感していただくしかないけど、目からウロコです。

058.gif5月22日(土)pm14:00〜アレクサンダーテクニーク
自分にとってのラクな身体の使い方を学ぶことで、日常のちょっとした動作が変化し、考え方や心の持ちようも変化します。

058.gif5月29日(土)pm13:30〜TPセミナー「ココロもカラダもバリアフリー」
会報の「しあわせ学」でお馴染みの樋口恵子×近藤秀夫のお二人に加え、なんと、ゲストに建築家の吉田沙栄子さんをお招きして、「暴力で関係を壊し孤立させる住環境と、非暴力によって関係を創る住環境」という、たいへん興味深いテーマでお話しいただく予定。
そして、なにより元祖ピアカウンセラー樋口恵子さんとのトークで、目には見えないけど何より大事な“意識のバリアー”をほどいていきましょう。
by teenspost | 2010-05-14 09:28 | ♪スタジオ悠々日記

水を得た魚

f0107724_8441212.jpg那覇入りした昨日から沖縄は梅雨入りした。
例年より一週間くらい早い。
本来、梅雨と言うよりは熱帯の雨期という感じの沖縄の梅雨は、雨がざーっと降っては、カラッとお日様が顔を出すのだけど、ずーっと、しとしと降り続く内地の長雨のようだ。

今回で三回目となる具志頭中学(本島南部)の新一年生対象のコミュニケーション講座。
男女ほぼ同数の今年の新一年生の表情は梅雨の晴れ間のようにさわやかだ。

ロールプレイで使ったアサーティブのペープサートは、なんと同校の先生のお手製。
事前に「つくっていただけますか?」と、お願いしていたところ…
f0107724_8442849.jpg

お土産に持ち帰りたいほど、素晴らしい仕上がりだ。
なによりも、あたたかいね。

f0107724_8551797.jpgはじまりの挨拶をしてくれたA君とこのペープサートを使って、いろんな場面ごとにとロールプレイすると、その様子を見つめる一年生たちから正直でアサーティブな反応が返ってくる。

そうなると私は、水を得た魚のよう。
魂が泳いでいく。すいすい~♪

今年度も独立行政法人福祉医療機構「先駆的・独創的活動支援事業」より「ボーイズ & ガールズ トゥゲザー 自立支援ネットワーク事業」(略 B&Gプロジェクト)への助成が内定し、次代を担う少年少女が自分も他者も殺めることなく“他者と共に生きる自立”を果たせるよう、多文化共生社会を育むための非暴力モデル事業を首都圏、北海道、関西、沖縄で開催する。
by teenspost | 2010-05-07 20:04 | ♪渡り鳥の旅みやげ