f0107724_22103529.jpg
今日、知人の家のリビングにあるテレビに不思議なテロップが流れているのを目にして驚いた。
そのテロップは番組の内容とはまったく関係なく、「はやく地デジに移行しなさい」「間際になると工事が多くなるので大変ですよ」…というニュアンスで、まあ、脅しというか、アナログTVからデジタルに買い替えられない人へのイジメのように、しつこく繰り返し流れている。知らなかったわ〜!!

これって、視聴者の感情をさんざん盛り上げておいて、いやらしいほどのタイミングでブチッっとCM画面に切り替わる最近のTVの造りにも通じるものがある。
メディアは人々のネガティブな耐性を鍛えるトレーニングをしているようだ。
なにが子どもの教育に悪いって、これはないっす。
だって、ネガティブな情緒を有無を言わさず吸い取られたら、自立できないじゃない。

メディアだけじゃない、教育や医療や福祉や、そしてNPOの社会活動だって、弱者の傷みを緩和することで人々のネガティブな情緒を吸い取り、社会構造のひずみや矛盾を処理し、その結果、抵抗する力や健康な怒りを奪うならば、依存を助長し自立を阻み、現状の社会システムのひずみを維持することに加担するだろう。

f0107724_2234373.jpgそれは、米国の暴力予防教育家のポール・キベルさんたちが「バッファゾーン《緩衝地帯》」と呼ぶものだ。
社会不公正まで壊さずに包み込むプチプチパッキングシートのようなもの。
支援者やコミュニティ活動が陥りやすい落とし穴である。

この秋、支援者対象のワークショップのために招聘するフィリピン教育演劇協会(PETA)から、「自分たちが日本に行ってやったことを、参加者がただ自分だけがいい経験しましたで終わらせるのではなく、それを現実の中でどう他者に伝え、どうコミュニティを回復していくか、そこが大事だ!」という問いかけをもらったが、ごもっともである。

自分だけが良くなって終わりなんてことはないし、自分だけが良くなることが目的でもないし、自分を解放することで、他者と世界と新たにつながる持続可能な関係づくり----それこそが、世界中どこだって、支援現場で忘れちゃならない生命線だ。

TEENSPOSTスタジオ悠には、遠方から大変な思いをして足を運んでくる人がいる。
やっとの思いで辿り着いてくる人がいる。

その人たちがプログラムを受けることで、ただ心地好くなって終わりなんじゃなくて、現実の中の矛盾や不公正に目を凝らし、そこからわき上がる様々な感情を、依存と孤立によらない非暴力の表現と柔軟な精神で向き合い、遊び心で楽しく巻き返すパワーを取り戻す----そんな新しいコミュニティづくりへとつなぎたい。

この秋は、そんなプログラムが目白押しだじょー。
by teenspost | 2010-09-30 22:13 | ♪徒然Sawanism

毎年秋はあちらこちらへと出張が続くのが恒例だが、今年はティーンに向けたテキストと翻訳本を制作するため、珍しく東京に腰を落ち着けている。
でも、ただいるだけじゃなくて、なんか面白いことしようと、企画したのがコレ・・・
10代20代のためのラクラク★コミュニケーション講座
f0107724_2191788.jpg


各地に出かけていって、高校、専門学校、大学生、ユースとコミュニケーションのワークショップをするのは、ほんとうに楽しい。
真っ白な真綿のように吸収しては、新しい花を咲かせ、心から正直な言葉やリアクションを返してくる。

なにが起きるかわからない中で、まるで用意されていたかのようにお互いの求めているものがふっと腑に落ちてきて、その場の関係の中にじんわりと広がっていく。
そういうインタラクティブなやりとりこそ、ワークショップの醍醐味だ。

ただ、よく考えると“灯台下暗し”で、ホームグラウンドのスタジオ悠でユース向けをやっていなかったじゃない!
・・・ということで、出前アサーティブ・トレーニングで一緒に仕事することの多い小沼たけしと一緒に、「Boys & Girls together 自立支援ネットワーク事業」の一環としてモデル事業をすることにした。

毎度、苦労して獲得する助成金だもの、届けるべきところへ大切に届けたい。

あとひとつき、いろんなところでPRをしていくつもりなので、ぜひ、皆さんの周りの10代20代に情報が届くように、力を貸してください。
首都圏だけでなく、遠方から参加しても、お得なプログラムですよ〜♪
詳しくはこちらから

061.gif余談:小沼たけしはただ今10月初旬の劇団土くれ公演「風薫る日に」に向けて、稽古の真っ最中らしいよ。
by teenspost | 2010-09-27 21:33 | ♪スタジオ悠々日記

1990年代初頭、ティーンズポストの立ち上げ期に行政関係に支援を求めて働きかけていた頃、
「10-20代の若者たちを支援するのですか…勤労青年ならば支援(金)は出せるけれど…それ以外は必要ないでしょう」という答えが返ってきて、驚いたことがある。

「10-20代の若者たちというのは親がかりで恵まれているのだから、あとは学校で必要なサービスを受ければいい」という発想なわけだが、その親がかりというのも、「三度のご飯」「住居」「学費」…といったところ。
さらに高じて「成人式・結婚式の費用」なんてエスカレートすると、それはもう若者のためじゃなくて親の世間体のためだったりする。

2000年に入ると、ひきこもり・ニートが思春期問題として浮かび上がり,若者たちのワーキングプワーや就職難が社会問題になってきて、最近では,「就労準備教育」「就労支援」に公的予算があてられてきている。

もちろん、それも大事なことなんだけど、ほんとにそれだけでOK?
いまだその年代への「支援」のイメージは貧困だ。

今、その世代を通り過ぎてきた人たちに問いたい。
10-20代の頃、(特に19歳の頃)、あなたが一番求めていたものはなんだったろうか?

9月25日(土)の男の子エンパワ講座最終回のゲスト、石川大我さんは2002年から「ピア・フレンズ」という活動をしてきた。

f0107724_18472989.gif「10代・20代ゲイのための友だちを作る場がまだまだ少ない。」
「昼間に気軽に行ける出会いイベントがほしい」
「仲間とつながりたいけれど、初めの一歩が踏み出せない」・・・。
 そんな10代・20代ゲイの声を受けてうまれた友だちづくりイベントが「ピアフレンズ」です。
 「ピア」とは、友だち・仲間・彼氏という意味。キミにきっと合う友だち探しを「ピアフレ」が強力にバックアップします!!

「人と人のつながりが産み出すパワー」を信じて多くの「人」と「人」をつなぐ場づくりをこれからも積極的にやってゆきたい。 >>>>ウェブサイトより


石川さん自身が、10代・20代と「仲間を求めつつ」誰にも言えず悩んできた体験があったからこそ今日の活動につながっていったことだろう。
マイノリティ(少数者)であったからこそ、真摯にそこに向き合ってこれたといえるかもしれない。

仲間づくり、居場所づくりは、思春期にはじまり思春期に終わるものではなく、思春期から一生を通じて、人が生きていく営みの核心にあるものだ。
仲間という他者との出会いが、人を自立させる。
そのことの意味を知っている人は、豊かであり,幸福である。

////////////////////
Vol.3「ゲイユースの友だちづくりの 実践から見た男の生き難さ」
2010年9月25日(sat)13:30〜
石川大我(NPO法人ピアフレンズ 代表理事)

今回は,広い会議室を用意できましたので、当日参加でも大丈夫です。
ぜひ、おいでください。
くわしくはこちらへ

by teenspost | 2010-09-23 18:56 | ♪スタジオ悠々日記

今日は1日、内なる子どもを癒し、自分自身との非暴力の関係を紡ぎだすレトリート・ワークショップ
retreatには「精神修行や黙想のために閉じこもること」という意味があるけれど、人里離れた大自然の懐や秘境の地でなくても、我ら俗人は、その気になればいつでもレトリートができる。

f0107724_22452614.jpg今日はスタジオ悠と、そのお膝元の「せりがや公園」とこのお家が舞台です。
誰の家ですか?って。
ここは、せりがや公園沿いの「ひだまり荘」という趣きある昭和建築の古民家で、隠れ家にふさわしい。
こちらの一室でいつも昼食をとり、そのあと、1人ひとり詩を描いたり、瞑想したり、縁側で昼寝したり…。

「こじれない人間関係のレッスン」のクロちゃんのイラストに心惹かれ、ウェブページでこのワークショップを知り、今回初めて町田にやってきたというMさんも、安全で安心な空気の中にはすぐ溶け込んでいた。

そうして癒しを得た内なる子どもは、賢くて,好奇心と感受性が豊かで、創造的だ。
だから、だれもが修行者、哲学者、詩人、造形作家…そして、自分の専門家になる。

このところ年に数回、恒例となったスタジオ悠&せりがや公園レトリートワークショップは、いつもパワフルな気づきが用意されていて、ファシリテートしていても、ほんとうに面白い。

今日一日でいろんな創作活動を通じて、一人ひとりが自分を理解し,解釈し、意味付けし、気づきが生まれ、あっというまにユニークな作家たちによる「自分の看板」が完成した。
f0107724_22454081.jpg

by teenspost | 2010-09-18 23:07 | ♪スタジオ悠々日記

この土日、町田は恒例のエイサー祭で賑わっていた。
初めて沖縄市から園田青年会がやってきたときから、はや10年は過ぎ、年々、参加団体も増え、今年は中心街5カ所で2日間エイサーが繰り広げられ、どこも観客は黒山の人だかりの大盛況。
そりゃあねー、一度魅せられたら最後、吸い寄せられちゃいますワ。
今年は、池原(いちばる)青年会の登場だ。
f0107724_200526.jpg

なんなんだろう、この沖縄からやってくる十代後半から二十代前半の若者たちの音というのは。
頭からつま先から魂から毛穴まで全存在に染み渡る。

世界各地で癒しの儀式や除霊に太鼓は使われるけれど、邪気とか病気とか、思いがけなく侵入してくるのに振り払うことがままならないものに対しても、思春期の若者たちが叩きだす太鼓の響きというのは、崇高な怒りの表現とでもいったらいいのか、“霊力”という大いなる力をもっている。

2日間の響きが止んだ街には、長く続いた猛暑も吹き飛ばされたのか、急に秋の気配が漂っていた。

祭りの片付けがはじまる片隅の糸満ファーマーズの出店で、「ニガナ」「ウリズン」といった沖縄野菜を買い求めているとき、ふと脇に目をやれば、沖縄の基地問題の資料がしっかりと並べられている。

その時、どこかで指笛が鳴ったような気がして、あの「唐船ドーイ」の太鼓のリズムが若者たちのかけ声とともに、体の芯から再び鳴り響いてきた。いつまでも、いつまでも。


by teenspost | 2010-09-16 20:47 | ♪徒然Sawanism

f0107724_21185443.jpg
福井県立三国高校へ非暴力プログラムを出前する旅に出た。
一年前にリクエストくださった養護教諭のK先生は、2004年夏に新大阪で開かれた養護教諭のための全国研修会で、「養護教諭のための心の手当て」というテーマで話した私の講演を聴いてくれたのが最初のご縁。
そこで披露させてもらった「ファジーのきもち」に甚く心動かされ、地元に戻るやその直前に福井を襲った豪雨災害によって心傷ついた子どもたちの元へ「ファジーのきもち」を紙芝居にして読み聴かせのボランティア活動をされたという。

その後、K先生はこの春退職されのだが、4月から引き継いだS先生も、なんと福井水害の折りに一緒に「ファジーのきもち」を子どもたちに届けた一人だという。
校内でたった一人しかいない養護教諭は、多くの生徒の心と身体の健康を守るという大変な日常であるにもかかわらず、ただただ頭が下がる。

f0107724_942274.jpg6年も前に蒔いた種が、こうして、たくさんの人の心から心へと伝わり、手から手へとつながっていったことは、この仕事をしてきた者として心が踊るような喜びだ。

そんな経緯もあり、今回、三国高校では700名の生徒さんたちに、心を込めて「ファジーのきもち」を読ませてもらった。

旧制高校から続くこの伝統校は、私自身の高校時代を彷彿とさせる自由な雰囲気が漂い、信頼感あふれるゆるい空気の中で、自然体の生徒の表情が印象的だった。
その場でいきなりお願いしたロールプレイに演劇部の男子生徒が快く立ち上がり、名演技をしてくれた。
終わりの挨拶をしてくれた保健委員長はプログラムの間中はパソコンの操作を手伝ってくれ、終わりには壇上に昇りつつも、マイクは通さず、私の遥か頭上から優しい笑顔で、心の言葉を聴かせてくれた。

三国高校は広大な田園地帯と透き通る美しい北陸の海と湯質豊富な芦原温泉に恵まれ、生徒の家族は農業や漁業を営む家も多いとか。
自然と共存する環境は、生徒の心の成長や表現力にも大きく寄与していることだろう。

終了後、S先生は今回初めての福井訪問となる私を、学校から車で10分ほどの景勝地「東尋坊」へと案内してくれた。
行ったことはなくても誰もが一度はTVで目にしている「東尋坊」。
メディアがつくるドラマの影響もあって、「自殺の名所」なんて呼ばれ方もしている。
本来はゆたかな自然の中で高齢者が多く暮らし、子どもの夜間緊急相談システムの取り組みで日本一の福祉県福井だが、北部の景勝地が「自殺の名所」、南部の美しい若狭湾が「原発銀座」と呼ばれる現実は地元の問題ではない。
「東尋坊」では自殺を予防するNPO活動も盛んで、「ドリャーおじさん」という目の前で断崖からダイビングして死なないことを証明して這い上がってくる果敢な名物ボランティアもいるらしい。

そういえば、今日は世界自殺予防デー、WHOの自殺予防週間がはじまった。
三国高校では「自分に向ける暴力」の話と、その本質的予防のための心の健康と人間関係づくりを中心にお話しさせてもらった。

夕暮れ間近か、東尋坊からサンセットビーチに移動し、S先生と海を見ながら、おしゃべりした。
S先生は穏やかな語り口で、しかるべきときにはきっちり境界線を引いて適度な距離を作れる方とお見受けした。
「この仕事を続けて行くために自分に誓った3つのことがあるんです。1. ケガした生徒がいたらすぐにグラウンドに走って行けること 2.修学旅行に引率できること 3. 生徒を可愛いと思えること…これができなくなった時は私は仕事を辞める」と言った。
そう、そう、ケアする仕事とは、心と身体と、そして情が資源なのよん。

夕陽が沈む時を待つ浜辺には、なぜかD大学とR大学の応援団が太鼓の音と大合唱を響かせている。
ここは大学生の合宿の名所でもあるらしい。
浜辺の右端と左端で練習していた2校だが、「実はお互い大学同士すごく仲が良いんですよ」とさっきまで硬派の伝統的応援練習を展開していたD大のOBがニコニコしながら話してくれた。
R大学の方は、ブラスバンドも加わり、女子部員が半数以上の男女共同参画型(?)ステージのようである。

夕陽をバックに肩を組みサークルを描いて歌う応援団に「ボーイズ&ガールズ トゥゲザー事業」を応援してもらったような気分。
うん、こういうドラマならいいね。さんきゅっ!
f0107724_21191040.jpg

by teenspost | 2010-09-10 21:42 | ♪渡り鳥の旅みやげ

f0107724_21505591.jpgルパンさんの12ステップセミナー&ミーティング「アンプラグド」が、今週末の9月4日(土)で最終回となる。
言葉に書き尽くせないほど万感胸に迫るものがあるが、ここに記しておきたいと思う。

思えば8年前の夏のフェスタにゲストで来ていただいた折り、帰り際にエレベーターホールでご挨拶した際に、思いがけず「僕を役立ててください」と過分な言葉をいただいた。
ルパンさんとは、それ以前にも、横浜の寿町に伺って依存症のサポートについて助言していただいていたのだが、何せ横浜で最長のソーバー(回復)暦を持つ、AAで知る人のいないルパンさんという存在は、私には畏れ多い存在だった。

それに依存症業界に限らないけれど、ある種の同族が集うコミュニティというのは、正直言って、外部の人間に壁を作ったり,閉鎖的であることが少なくない。

でも、ルパンさんはちがった。

ある日、思い切って「スタジオ悠で是非ステップセミナーを開きたいので、メッセージを運んでいただきたい」とお願いをした。
今思い出しても、冷や汗が出るが、それくらい切羽詰まっていたことも事実だ。

スタジオ悠で初めてステップスタディーが開かれた日のことは忘れられない。
それまでも米国のヘイゼルデンで研修を受ける中で回復者が語る体験談とそこから紡ぎ出される12ステップ哲学には何度も圧倒されてきたが、ルパンさんの口から発せられた言葉の一つひとつは、体験に裏付けられた揺るぎない日本語の12ステップ哲学そのものであった。

いつだってAAや依存症の回復施設に行けばステップスタディーはやっているかもしれない。
でも、もっと身近に、多くの人に12ステップ哲学が浸透していくことの意味は大きい。
事実、ルパンさんのメッセージを耳にすることで、AAにつながっていったメンバーもいた。
ルパンさんは、そのボトムアップをしてくれたのだ。

「依存症の涙と言葉は信じない」というミニー神父の名言があるけれど、回復者の言葉の力はなにものにもまさる。
さらに、ルパンさんは回復というものがなんなのか行動で示してくれた。

毎月第一土曜日には、必ず手みやげを持ってきてくれるのだが、茶菓子、鉢花…ちょっとしたことなんだけど、仲間を思う細やかなそれでいてさりげない心遣いがいつも感じられた。
あるときは、歌うピアサポートTINGOS!のクリスマス会で、メンバーと並び、歌本を片手に一緒に歌う姿もあった。

涙も言葉も偽って心も閉ざすのが依存症という病の症状だとしても、回復することで、心から他者の中に入って心を開き、他者と共にただ存在することができるんだ。
それを可能にするのが12ステッププログラムなんだ。

f0107724_1454453.jpgルパンさんに伝えたい気持ちを少しでも言葉にしたいと思って書き始めたが、ルパンさんがこの場に運んでくれたことへの、この有難い気持ちをとても言葉にできない、というのが正直なところ。
そして、今は、ほんとにさびしい。

TO THINE OWN SELF BE TRUE
汝自身に 真実であれ
by teenspost | 2010-09-02 22:01 | ♪スタジオ悠々日記