暮れの平安

f0107724_1728358.jpgスタジオ悠2010年最後の日の今日、早朝から年内に終わらせなければならない庶務を片付けながら、1/8の福袋ライブのチラシを配布しなければと印刷機を回しながら、ようやく着手できた年賀状の宛名書きをしながら、ラハシーが編集して届いたばかりの先日のクリスマスライブのDVDをチェックしていたら、なんとNACのメンバー3名がやってきて、エアコンの掃除をしてくれた。

忙しさにかまけてエアコンの掃除を怠ると,厳寒期に故障やエラーが出て、エアコンを停止してメンテしなきゃならなくなるだけに、今やってもらえるのはほんとうに有難い!

しかも、掃除中はエアコンを止めなきゃならないから、部屋が冷えすぎないようにと、さくさくっと仕事をしてくれて,さらに年賀状に切手まで貼ってくれた!
ちえさん、うさこさん、ありちゃん、ありがとう!!

f0107724_17283444.jpg
そんなこんなで、年明け1/8(土)の、お楽しみ福袋ライブの準備もなんとか完了。
なかなか抽選で当選しない町田中央公民館ホール(109ビル7F)が確保できたため、今回はゲストに石垣島出身の渡久山南葵(とくやまはいり)さんを招いて、島唄とゴスペルの共演で新春を祝うのだ!
島唄とゴスペルは、どちらも過酷な暮らしの中で名もなき人々が何百年も歌い継いだ魂の歌だ。

こりゃあ春から縁起がいいやとTingos!の身内で楽しむだけじゃなく、できれば地域の皆さんにもお知らせして、是非聴きにきていただきたい。

できたてのチラシを近所のスーパーに持っていくと、店は正月支度の客でごった返していた。
思い切ってレジでチラシの掲示をお願いすると、レジの女性が「最近チラシの数が多くなってきて店長の許可が要るんです」という。
今日は忙しいし無理かな。。。
レジの女性はレジ打つ手を止めてすぐに店長を呼び、店の奥で棚卸ししていた店長は飛んできてチラシに目を配り、「いいですよ」と許可が出たので、さっそく目立つところに貼らせてもらう。
後ろを振り返ると、レジの女性が「良かったですね」と笑顔を返してくれた。
こういうやりとりは、なんか嬉しくなるね♪

このチラシ持参か、受付で「合い言葉」を言うと参加費無料です!
詳しくはこちら

さて、こうして、無事、仕事納め〜♪
今年もみなさまお世話になりました〜♪

自宅の庭に背丈ほどだった「ときわ木」が、いつの間にか2階の窓まで届くようになったので、クリスマスから引き続き、お正月休みの間も、心温まるほのかなライトアップをしよう。
平安の有難さに感謝しつつ。
by teenspost | 2010-12-30 18:05 | ♪スタジオ悠々日記

Tingos!は7歳の生誕聖夜

f0107724_2291884.jpg今年も残すところ10日か。。。
歩いてきた道を振り返る。

去年の今頃のクログを読んでは…去年よりラクになっているなあとありがたく思った。
Tingos!クリスマスライブ当日の様子をしみじみと振り返る。

そう年の瀬と言えば、毎年恒例となったTingos!のクリスマスライブコンサートだ。
今年は12月22日(水)大倉山記念館ホールで夜7時から開演。

Tingos!は、2003年12月23日に産声を上げた。
あの日「歌でウツから抜けた!」と言ったメンバーの言葉は今や伝説。

あれから、7年。
毎月2回の練習を重ね,沢山のステージを踏み、歌もずいぶん進化した。

週末の土曜日は、直前リハーサルだったのだが、数名のメンバーが口々に「Tingosで仲間と歌っていることを遠く離れている家族に伝えたら、とても喜んでくれた」と嬉しそうに聴かせてくれた。
その言葉にピアノを弾きながら、胸が詰まった。
“信じる空気”は何よりの癒しだ。

メンバーが言葉により感情を注げるようにと、日本詩をつくった「Let it be」
♪闇のむこうに光が見えた〜恵みの言葉 Let it be
♪遠く離れてもいつかきっと合えるさ〜信じる言葉 Let it be
♪闇の中こそ光は輝く〜仲間は力  Let it be
一緒に歌いましょう。

f0107724_2293138.gif今度のライブは、7歳の誕生日を祝う聖なる夜でもある。

たくさんの愛と信頼がわかちあえますように。
あたたかく楽しいライブにしたい。

そして、来年は、音楽を愛する若者たちとコラボしていきたい。
by teenspost | 2010-12-19 22:43 | ♪スタジオ悠々日記

ライトニング アップ!

f0107724_21145651.jpg帰り道、玉川学園のクリスマスツリーを眺めにいった。
ライトアップされた大きなモミの木は、ミラーのような池にその姿を反転する。
その傍に佇んでいると、どちらが現実なのか、夢か現(うつつ)か幻か、不思議な感覚に陥る。

この時期、京都に寄るなら、必ず高台寺のライトアップされた紅葉と池を見に行くのだけれど、今年は玉川学園でその幻想を楽しんでいる。
なにかと気ぜわしい暮れのこの時期には、現実を忘れてしまうような錯覚が嬉しい。

来週は、そう大倉山記念館でTingos!のクリスマスライブコンサートだ。
12月22日(水)夜7時から。
昨年のイギリス館に続いて、今年の大倉山記念館も格調高い素晴らしいロケーション。
翌日は祭日なので、ぜひ、皆さんお出かけください。
Tingos!は、またまた進化しているので、プロには真似できない素敵な音楽を十分楽しんでいただけると思う。

f0107724_21152062.jpgさてさて、そんなこんなで、クリスマスに間に合うように、本日ほっかほっかの会報とニューズレターを発送したよ〜ん♪
会報は、なんと40号!!

ニューズレターはいつもよりコンパクトな会報と同じA5サイズにし、カラーページで写真満載!!

そして、この週末18日(土)には、ボーイズ&ガールズ自立支援者研修の連続講座、最終回。
テーマは「ひとり、2人、みんなで暮らす、老いる…よろず相談 標準家族を超えて結縁家族へ」

講師の永易さんは、現在制作中の十代向けテキストの編集者でもあり、私の本の多くを編集している方。

その名編集者・ライターが40歳すぎて一念発起。
より生活に密着した具体的なサポートがマイノリティに必要であることを痛感し、ファイナンシャル・プランナー資格をとり、行政書士を目指し、より現実的な仲間の支援を目指す。

法律や社会制度が生活を守ってくれるわけではないのは、マイノリティだけでなく、女性や若者たちも同様。
彼の提唱する「家族法人」という概念は、とっても面白い!

前半1時間ほどを、法的保護の中にある「標準家族」ではない新しいオルタナティブなつながりの家族=「家族法人」 について話してもらい、後半を参加者から2人のケースにフォーカスし、これからのライフプランニングについてアドバイスしてもらう予定。

機能不全は「感情」と「勘定」が弱点なのだが、誰も教えてくれなかったお金、経済、社会保障についてしっかり学ぶことは自立の鍵。
詳しくはこちら
by teenspost | 2010-12-14 21:45 | ♪徒然Sawanism

慣れてはならない

f0107724_818204.jpg昨日、石垣島から関西空港につき、今日はサポート会員まきこさんが美術を教えている門真市の中学へ。

関西は毎年きてるけど、大阪を移動するのは久しぶり。
全国的に分かりにくいJRの行先表示は、網の目のような路線でさらにややこしく。
関西はエスカレーターは右側に並ぶし、しらぬまに身体に染み付いた普段の常識は通用しない。

「いまある世界に慣れてはならない」…キングの非暴力の言葉が思い浮かぶ。

やっとたどり着いた大阪の中学校。
二年生の様子をみているうちに、自分の中学校時代の出来事をいろいろ思い出しては話していた。

車中からたくさんの川を眺め、イヤーフォンから流れてきた ♪a change is gonna comeの歌詞が妙に胸に染みる。 ↓

More
by teenspost | 2010-12-10 17:07

石垣島の今日の朝刊

f0107724_23819100.jpg

昨日の名倉小学校中学校のワークショップの記事が地元、八重山毎日新聞と八重山日報に。
ケーブルTVでも放映されていたらしい。

また、このたび発刊された石垣市のDV予防啓発冊子「大切なあなたに」には、これまで石垣島の学校でやってきた非暴力プログラムに参加した十代の感想が多数掲載され、ティーンの声によって非暴力メッセージが編まれている。

こういうかたちで十代の声が社会に届くのは日本初と思う。
by teenspost | 2010-12-08 23:08

f0107724_8225715.jpg

2年ぶり、八島小学校六年生のワークショップ。

中学校へ進学する子どもたちに「自分も他人も尊重できるコミュニケーション」を手みやげに送りたいという願いをこめて先生がたが心をこめて作ったアサーティブのペープサートは同校のキャラクター「とんとんみー」がモデル。

なに?それ?

飛び魚(ミナミトビハゼ)よ~ん

それを使って、子どもたちが額を寄せて相談しあいながら、いきなり見事なロールプレイを演じはじめた。
さすが芸能の神様が棲む島。

さあ、漁港のそばの小学校から、しなやかアサーティブに飛びはねていってほしい。
by teenspost | 2010-12-08 16:07

f0107724_8261080.jpg幼稚園から小学校、中学校が同じ敷地内にある名倉。
これまでも小規模校でのワークショップは数々あれど、小学5〜6年+中学3学年という組合せは初体験。
しかも37人の可愛い子どもたち。

石垣市からいただいたテーマは、『人権啓発講演会ティーンのための人間関係ワークセミナー』

そう、国際人権週間ですからね。

あっという間の90分が終わったら、子どもたちも先生も、『わかりやすかった。楽しかった』って。

それがモットー。
それでいいのだ。
by teenspost | 2010-12-07 16:30

三時間十分の南の島

f0107724_82862.jpg羽田空港から三時間十分。直行便で国内線最長距離の石垣空港。

明日から石垣市児童家庭課の仕事で非暴力プログラムをもって小学校、中学校をめぐる。

石垣市はティーンズポストのサボート会員の分布率が最も高い有難い土地である。

お帰りなさい、と言葉をもらう。
あ〜このゆるい空気。
by teenspost | 2010-12-06 22:54