音楽というサバイバル魂

心に穴があいてしまいそうにつらい出来事が続くとき、いろんな歌が自分を応援してくれる。

無力感に陥って、なにもかも信じられなくて、閉じてしまうそうな自分に、どっこい生きていく力を与えてくれるのは、音楽だ。

TEENSPOSTの会報の編集をしてくれているヒッピーから動画付きのメールが届いた。
被災地に思いを込めてつくった「祈り」という曲。
キーボードの前にスティービー・ワンダーのように鎮座しているのがヒッピーで、ヴォーカルはパートナーのエマちゃん。

2人とも、障がい者の自立生活運動創成期からのリーダーであり、町田で家族をつくり、ポピーズという可愛い名前のバンドを続け、古巣の町田ヒューマンネットワークから独立して、NPO法人がんこネットを運営している。

15年ぶりにオリジナル曲を作ったというヒッピーは、震災以降、会報にも書いていた「じゃねんずとのパーカッションワークショップ」やら音楽活動に心を注いでいるらしい。

そう、そして、歌うピアサポートTingos!も祈りを込めて歌う「We Shall Overcome」(7/2“福島の子どもたちを応援する”七夕ライブの録音)


私たちはいつか克服する
私たちはいつか安全に暮らす
私たちはいつか自由になる
そう信じている 心の底から信じている
私たちはひとりぼっちじゃない 
今日 ひとりぼっちじゃない


行きどころのない感情が言葉にならずに胸にいっぱいにあるときは…歌を歌おう。

060.gif突然ですが、今週末7/23(土)10:00〜12:00
まちだ中央公民館ホール(JR町田駅前109ビル7階)で
「サプライズlive」してます!071.gif
あのピアノとあのジャンベで、なにかがはじまる???070.gif
by teenspost | 2011-07-20 21:56 | ♪徒然Sawanism

信頼と希望の大海原へ

f0107724_9204312.jpg

昨日は「心のケア震災ボランティア育成講座」修了者のためのフォローアップ第1回。

4/9に緊急に開講されて以来これまでに5回の講座が開催され、その100名余りの受講生の中から、さらに学びを深めたい方達が、首都圏だけでなく、はるばる栃木からも20名が足を運んでくださった。

この3ヶ月の間には、すでに4回、5回と被災地に足を運んできた方もいて、その体験談がシェアされた。

それぞれが様々なネットワークとつながり、被災地と丁寧に関係を創ろうとし、ボランティアを通じて多くの目に見えないものを得て、そして、その分の様々な葛藤や苦悩にも直面していた。

メディアの中からは連日のように不信と欺瞞と不誠実の洪水が溢れ出てくるけれど、私の目の前には、1人ひとりのボランティアのかけがえのない体験談が信頼と希望の大海原となって広がり、場の力を満たしてくれた一日だった。

それはきっとこれから被災地に向かう人にも大きな勇気づけとなったことだろう。

その信頼と希望の大海原がこれからも絶えることなく人々の痛みを包み込んでいくように、これまでのTEENSPOSTが得てきたものをフルに生かし、引き続きできる限りのバックアップをしていきたい。

震災から4ヶ月、夏は本番。
by teenspost | 2011-07-10 09:43 | ♪被災と心のケア

かりゆしの夜

今夜は毎年恒例となったTINGOS!の七夕ライブ。
そう、七夕祭りの夜である。

今年はゲストに薬物依存症回復施設横浜ダルクがエイサー(琉球太鼓)を引き連れて登場。
ギターとベースと大太鼓で、オリジナル曲と石垣島出身バンドBeginの名曲「かりゆしの夜」「島人ぬ宝」を披露してくれた。
f0107724_22463535.jpg

15年くらい前から沖縄にあるダルクが回復プログラムにエイサーを取り入れて回復率を高めたことは有名な話だが、全国各地のダルクはそれぞれのエイサーを仲間から仲間へと継承している。

今日も魂の底から響き渡る太鼓と見事な演舞に客席は魅了された。

先日、上映会をした「祝の島」には4年に一度の祭りを一年かけて準備し、幼子からお年寄りまで奉納の舞「神楽」を楽しむ島人たちの様子が映し出されていたけれど、祭りと伝統芸能はそのコミュニティの霊的成長を力づける。

人はひとりでは生きていけない、すべてはつながりあって調和しているという精神の成熟があれば、どんな困難も乗り越えていけるだろう。

四月から始まった震災ボランティア育成講座の中でも、被災地のコミュニティ復興のために祭りを支援したいという声がよくあがる。

実際、このところ被災地では本格的な夏を前に、復興を祈る祭りやその準備が、被災者とボランティアの恊働で活気づいているようだ。

そう、祭りの原型は生命への感謝と祈りだ。自然と人々の調和を祝福する、かりゆし、である。

会場には、思いがけずに久しぶりに出会う人、ステージにも久々に上がる人がいて、Tingos!も気がつけば、5回目の七夕祭りの夜を楽しんだ。
f0107724_22553630.jpg

by teenspost | 2011-07-02 22:52 | ♪TINGOS! 歌便り