f0107724_2144211.jpg

明日から九月か。
一日ちがいでも、8月から9月というと、夏から秋へと季節のカレンダーが変わる。

311からもうじき半年になろうとしている今も、全国各地に避難している家族、被災地に居留まる家族、自宅に戻れずにいる家族、離ればなれになっている家族…そこで暮らすティーンズは数知れない。

さらには、被災地から離れた場所でも、日本中の老若男女が、悲しみ,怒り、悔しさ,寂しさ…震災ストレスの中で行き場のない気持ちを沢山抱いている。

「ふつふつと煮えたぎる思いを書いた手紙は、すばらしく安全なバルブだ」
AA(アルコール依存症者の自助グループ)の創始者ビルは言っている。
「ただし、どこかすぐそばに、くずかごを用意することだ」とも。


怒りや感情表現を怖れる人の多くは、「感情は相手に伝えるもの」と思い込んでいる。
そうなると、伝えることが怖くて、感情をないものにしようとする。
のみこんでは、人間関係を壊したり、感情の病におちいる。

だが、怒りや哀しみは、相手に伝えるよりも前に、どんなときでも、五臓六腑のように“自分自身の大切なからだ”の一部として対処しなければならない。
そうして、自分が認め、受け入れてはじめて、感情は伝えることができるし、相手と誠実な関係を紡げるのだ。

その感情と安全に付合う方法として、手紙を書くということがどんなに有効であるか。
“感情の病”と呼ばれる依存症に苦しんできた回復者の前述の言葉は真実だ。


TEENSPOSTは、残念ながら放射能を除染する専門技術も知識もない。
けれど、人間関係やコミュニケーションの機能不全を除染し、次代に垂れ流さないための“安全なバルブ”を伝えていきたい。

この秋、一年ぶりに「レターカウンセリング講座」を開く。

現在、被災地、避難地の十代向けに“郵送料受取人払”(切手を貼らなくてもOK)の郵便書簡を制作中だ。
A4のフライヤーで、三つ折りすると封書になり、内側にメッセージを書けるし、中に便箋を入れることもできる。

それに、冊子「ポールさんと学ぼう 暴力から自由になる10ステップ」や虹色のビーズでつくったハートのチャームをつけてもいいなあ。

この夏休みもボランティアたちと思いをふくらませつつ、みんなで知恵をあわせつつ、手足を貸してもらいつつ、 秋のプロジェクトへの準備は着々とすすんでいる。

どうかみなさん力を貸してください!!
by teenspost | 2011-08-31 22:12 | ♪被災と心のケア

今日も,一日猛暑だなー、とうんざりしていたら、出勤途中に雨がざーっと降ってきて、おまけに強風に雷、あっというまに暑気は吹き飛ばされ、乾き切った大地は潤い、涼しい夜を迎えた。
f0107724_22411661.jpg

数日前、しばらく連絡のなかった沖縄石垣島の養護教諭と電話で話していたら、「このところ、パタパタして忙しくて…」と言う。
そういや、同じ石垣島の仲間の保健師もメールで「このところパタパタしてご連絡遅れました」と書いていたな。

バタバタではない、パタパタ・・・という音の響きがやさしい。

宮古島には「生き生き、新鮮」を表す擬態語として「パニパニ」という言葉があって、すっかり気に入ってプログラムの名前にしてしまったくらいだけれど、これも「ニパニ」→リパリ→リパリ…と変化するにつれ、余裕と潤いがなくなってくる。

思い切り「カ」と言われたら腹立つけれど、「カ」と言われたらなんか許せるな。

行と行のちがいは大きい。

そんなわけで、明日の夜は、スタジオ悠でビアガーデンではなく、ピアガーデンを開くことにした。
BeerではなくPeerです。Peer Gardenね。

詳細とお申込は>>>こちらから♪
by teenspost | 2011-08-19 23:11 | ♪スタジオ悠々日記

今日、長崎県立図書館からお電話をいただいた。

それは、このところ、全国の主要図書館に発送してる「Making the peace リアルとトルースの物語」「Boys & Girls Together」とともに「思春期相談夏休みキャンペーン心の手あてグッズ(おみくじ付き)」が届いたことのご連絡だった。
f0107724_14443844.jpg

今日は66回目の長崎原爆忌だ。

原爆犠牲者慰霊平和祈念式典では、市長が、「被爆国の私たちが、どうして再び放射線の恐怖におびえることになったのか。人間の制御力を過信していなかったか」と問いかけ、将来的な目標として「より安全なエネルギーを基盤にする社会への転換」を呼びかけたとネットのニュースは伝えた。>>>長崎新聞


長崎の図書館からの女性の声は「この本を貸し出し用にしてもよろしいですか」という、ご丁重なお問い合わせだった。

「どうか、一人でも多くの十代、若者たちに読んでいただけるよう、ご協力お願いします」

そう心からお願いした後、
長崎に届いたMaking the peaceの脱暴力の種を、長崎のリアルとトルースたちに育ててもらえますようにと、祈りを込めて受話器を置いた。

暴力の樹を倒すより、Peaceの樹を植えよう!
by teenspost | 2011-08-09 15:02 | ♪スタジオ悠々日記

夏になると、歌いたくなる歌、聴きたくなる歌がいくつかある。

そのひとつが、Seewindというハワイ出身のグループの「He loves you」という曲。
あー、カレコレ、ウン年前に、20歳になるかならない頃に聴いた歌。



f0107724_23162644.jpgまあね、当時はね、「He loves you」といえば、もちろん「カレ」でしょう、って、誰だよ?
初めはそう思って聴いていたんだけど、ある日、この「He」は「神様」なんだってことを知ったんだわ。

ハワイもね、沖縄のように、人には人、花には花、木には木、それぞれの神様が宿っていると思うスピリチュアリティをもつ島々だからね。


愛に満ちた子どもたちの笑い声に
耳を澄ませて
私たちを成長させてくれる

どんなに待ち続けようと
どんなに困難でも
神様はいつもここにいる
見捨てはしない

自分に響く愛のメロディーを歌おう

心を開いて
神様の声に耳を傾けて
いつだってあなたには神様の愛がある
神様はいつもあなたを愛している


ハワイの潮風がそよいでくるようなこの曲は、その後、いろんな人にカバーされているけれど、去年、30年ぶりに再結成してセルフカバーを出した。



音楽って、ほんとに年を経た分、スピリットとともに豊かになるね。

この間奏からスキャットで入ってくるおっちゃんは、アル・ジャロウという元カウンセラーのジャズ・シンガー。
もう70歳すぎてるはずよ。

ということで、いつもクログを読んでくださる皆様へ。
Have a nice summer!
by teenspost | 2011-08-01 23:21 | ♪徒然Sawanism