f0107724_201910.jpg

伊達赤十字病院での支援者研修とあわせて、お隣の看護専門学校へ出前するようになったのは3年前。

「看護職は一流の俳優であれ」という信条を持つ看護学校教師T先生の理解もあり、毎回、歌って踊って演じて、楽しく学ぶワークショップとなる。

3回目となる今日は、全3学年が一堂に会し、アサーティブなコミュニケーションをテーマに12の劇が生まれた。

隣では,昨日の支援者研修の準備を担ってくれたナースのゆんちゃんが、一緒にパーカッション叩きながら歌ったり、学生の名演技を見つめている。

ゆんちゃんがこの学校に通っていた35年前には、男子生徒はいなかったし、全寮制だったし、授業もなくいきなり現場での実習に飛び込まされたという。

ましてや、セルアケアやメンタルヘルスの知識等なく、厳しい現場を前に自分をケアするどころか、教員から叱責され、やむなく退学していく友だちが多かったのだそうだ。

「今は、こんなにのびのび仲間と一緒にセルフケアやアサーティブを学べるなんて・・・」とゆんちゃんは感涙にむせる。

9年前に初めてアサーティブを知ったというゆんちゃんが、自分の世代では叶わなかった、後輩たちの様子を心から喜び感激できるのは、ゆんちゃん自身が成長しセルフケアしてきた何よりの証拠だ。

f0107724_2015952.jpg

ここの学生たちは、みな真剣に課題に取り組み、仲間と話し合い、折り合い、協力する、という精神の大人性を持っている。
だからこそ、それぞれの持ち味を発揮した芝居を創りだしていけるのだ。

さらには、昨日までの2days研修で創りはじめた「伊達赤十字オリジナルソング」が、学生たちの言葉を加えて、今日みごとに完成した!

♪Date(ダテ) レッド クロス
 Date(ダテ) もっと クロス

 海 ほのぼの
 空 あたたかい

 なんとかなるさ Yes!
 なんでもOK! OK!


ギター、ピアノ、パーカッション、カズーに学生たちのコール&レスポンスが、看護学校に響き渡り、ハロウィーンの衣装をまとうT先生とゆんちゃんと学生たちのダンスは続いた。

ステキなハロウィンパーティー。
trick or Treat!
自分をかまってあげなきゃね!

そうして、伊達紋別に別れを告げた私は、月夜の海の上をすべるように、鈍行の1輛電車で、東室蘭に到着。
by teenspost | 2011-10-31 20:32 | ♪渡り鳥の旅みやげ

対人支援の仲間の力

f0107724_2056967.jpg

医療・福祉・教育現場の支援者のため心の手あて研修、いつもの会場となる伊達赤十字病院の最上階には、点滴台を活用したナースの手づくりのウェルカム・オブジェが出迎える。

海をながめて分かち合い、空を見上げて創造し、夕焼けに癒され、三日月に見守られて願いを書く。

依存症のことでいうと、回復率は25%だから、それをどう向上していくか、とよく言われるけど、対人支援職だって同じように、続けていくには様々な困難がある。

そこを支え合う研修会を続けてこれたのは、仲間たちの力。

最終日はいつも女も男も、涙、涙、熱くて温かい涙。

ありがとう。

一緒にやっていこう。

そして、また、来年。

f0107724_2056951.jpg

by teenspost | 2011-10-30 20:56 | ♪渡り鳥の旅みやげ

北の仲間に会いにいく

f0107724_16271217.jpg

千歳空港から北海道の湘南と呼ばれる海岸線を紅葉眺めて走ってます。

明日は今年で九回目の伊達赤十字病院2daysワークショップ。

今回は、看護学校、高校も訪れる。

イメージがふくらんで、飛行機とともに飛ばしてきた。(エアドゥの紙コップかわいいな)

いまアイヌ文化の聖地を過ぎたところ。
by teenspost | 2011-10-28 16:27 | ♪渡り鳥の旅みやげ