f0107724_14501296.png

今日は洞爺湖周辺の小学校を午前と午後2校。
どちらも小学校5年生で、エモーショナル・リテラシーとアサーティブを2校時ずつ。

自分の子ども時代を思い返すと、小学校五年生というのは、かなりもう大人だよなー、と思います。

大人は子ども扱いするけど、家族のこと社会のこと、リアルにみていたし、友達との関係やそれぞれの事情もそれぞれに理解していたように思います。

ただ、そうはなかなか見てもらえないのが、子どもの哀しさかな。

そういえば、子どもの哀しさを描いたらこの人しかいないという俳優マルセ太郎の言葉に「五歳のこどもの悩みも 五十歳のおとなの悩みも 重さは同じ」というのを思い出します。

f0107724_216329.jpg


洞爺湖は美しい女神が棲んでいて魅了されて溺れたら、二度と陸に上がれない、という妖しい伝説あるけれど、周辺や湖畔の小学校には何とも穏やかで平穏な気が流れています。

空気も食べ物も美味しいです。
f0107724_21023100.jpg

by teenspost | 2014-10-31 15:57 | ♪渡り鳥の旅みやげ

f0107724_1931790.jpg

汽車はひたすら海辺を走る。

東室蘭から伊達紋別へ

6年目になる伊達赤十字看護学校。

いきなりテーマソングから。ピアニストもギタリストもいるし、「看護師は良き俳優たれ」というT先生の言葉通り、みんな芝居づくりが大好き。

みよ! この団結力。

f0107724_1983135.jpg


あっというまに「アサーティブネスとアライ」をテーマにした9グループの芝居が完成。
名演続出!!
by teenspost | 2014-10-30 15:56 | ♪渡り鳥の旅みやげ

f0107724_18353822.jpg

イタンキ浜に面した北海道室蘭栄高校定時制で性教育の授業。
今回で2度目になるか。



日本の性教育に一番欠落しているものは「アサーティブネス」です。

今日の給食は、カツ丼! 
f0107724_18542611.jpg


高3生とのロール・プレイ、面白かった〜!!

先生たちの生徒を思う気持ちに胸が熱くなりました。
by teenspost | 2014-10-29 17:55 | ♪渡り鳥の旅みやげ

f0107724_20181453.jpg


スタジオ悠を「こころの港の宿屋」と例えたのは、たしかTEENSPOST開設10周年の2001年に発刊した「みんな子どもだった」という本の中でのこと。

家族と支援者のセルフケアとコミュニケーションの楽校「スタジオ悠」を開設したのは、1997年開設だから、ちょうど5年を過ぎて、2軒目の現在のビルに移転した頃か。

More
by teenspost | 2014-10-22 21:00 | ♪スタジオ悠々日記

f0107724_16243076.jpg


沖縄本島南部にある八重瀬町。

モノづくりの好きなオジイが誰に頼まれたのでもなくコツコツと制作し続けているスカイブルーのゆる〜い人形が2年ぶりに出迎えてくれた。

小学校の前や交通量の多い通りに立ち、町中のそこかしこで子ども達の安全を見守る、緩いけど揺るぎない存在感。
密かに「沖縄ブルーマン」と名付けたこの人形の裏には、「中村信彦」と名が彫られているのだが、この伝説の作者にいつか会ってみたいな。

More
by teenspost | 2014-10-11 14:56 | ♪渡り鳥の旅みやげ

f0107724_20304829.jpg

月刊「母子保健」9月号より転載

祖父母が孫の育児にかかわるとき、家族ならではの、また世代が異なるための、葛藤や悩みが生じることもあります。子育て・孫育てに潜む家族の問題にどう向き合うのか、家族カウンセラーの八卷香織さんが書きました。
-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-∵-∴-


世代をこえる子育てと家族関係づくり
TEENSPOSTの実践から



本文続き↓
by teenspost | 2014-10-03 10:36 | ♪徒然Sawanism